ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 商工労働観光部 観光政策課 > 「御食国・和食の祭典in淡路島」の開催について

ここから本文です。

「御食国・和食の祭典in淡路島」の開催について

 古代、皇室や朝廷に納めていた「御食国(淡路・若狭・志摩)」の食材の魅力と、それらの食材を使って京都を中心に発展してきた「和食」文化の魅力について、学び、味わい、体験できるイベント「御食国・和食の祭典in淡路島」を平成29年11月18日(土曜)・19日(日曜)に開催します。開催期間中は、兵庫、福井、三重そして京都が連携し、和食のフードコートや物販、日本酒の試飲・販売、各地の和食の達人によるトークイベントなどを実施。御食国の食材と多彩な食文化を存分にお楽しみいただける催しとなっておりますので、ぜひご来場ください。

 日時・場所

  日時 : 平成29年11月18日(土曜)・19(日曜) 11時00分 - 16時30分

  場所 : 兵庫県洲本市文化体育館(兵庫県洲本市塩屋1-1-17) 

  イベント内容

(1)御食国を学ぶ-御食国サミット- (11月19日 12時45分 - 16時00分)

    基調講演①「関西の和食の魅力」 村田むらた 吉弘よしひろ 氏((株)菊乃井代表取締役社長) 

    基調講演②「御食国の歴史」 田辺たなべ 眞人まこと 氏(園田学園女子大学名誉教授)

    パネルディスカッション 「現代に繋がる御食国(仮題)」

        パネリスト(4府県から各1名)  京都府:村田 吉弘 氏  兵庫県:前田 若男 氏(福良漁業協同組合 組合長)

                              三重県:村林 氏(三重県立相可高校 教諭)  福井県:未定

        コーディネーター  田辺 眞人 氏

(2)御食国を味わう-和食のフードコート- (11月18日・19日 11時00分-16時30分)

   御食国の3県と京都から、選りすぐりの食材を使った多彩な食をフードコートで提供。京都からも、有名料亭の味を味わうブースや、京都の豊かな食材を使ったブースなどを出店。都としての京都だけでなく、食材の宝庫としての京都の魅力も楽しんでいただけます。 

(3)御食国を体験する-御食国・和食文化の体験コーナー- (11月18日・19日 11時00分-16時30分)

   出汁の味わい体験/和食文化に関わりの深い日本酒等の試飲・販売/抹茶教室 など

(4)各地域の特産品などを使った「御食国弁当」

   御食国の3県と京都の旬の食材や特産品などを使用した「御食国弁当」を数量限定で販売。   

参加方法

  入場無料・事前申込不要(飲食物の購入や和食文化体験の参加などへは別途料金が必要です)

主催

 御食国・和食の祭典in淡路島 実行委員会(京都府、兵庫県、福井県、三重県、洲本市、南 あわじ市、淡路市、(一社)淡路島観光協会で構成)

お問い合わせ

商工労働観光部観光政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4854

ファックス:075-414-4870

kanko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?