ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都府環境政策課の業務 > 京都環境ポスターコンクール・インターネット展覧会 The Kyoto Environmental Poster Contest Internet Exhibition

ここから本文です。

京都環境ポスターコンクール・インターネット展覧会 The Kyoto Environmental Poster Contest Internet Exhibition

 京都府では、地球温暖化防止京都会議(COP3)開催10周年を記念し、京滋地区私立芸術系5大学とタイアップして「京都環境ポスターコンクール」を実施し、最優秀作品及び優秀作品計30作品を作品集として発刊しました。
 これらの作品を「インターネット展覧会」としてホームページ上で公開し、環境先進地・京都から、若者の地球温暖化防止メッセージをビジュアルに発信します。
Kyoto Prefecture, in cooperation with five private art universities from around the Kyoto and Shiga areas, have created the Kyoto Environmental Poster Contest to commemorate the tenth anniversary of the pivotal COP3 Convention on global climate change. From all of the entries, thirty pieces including the best prize poster have been chosen to make up a collection to be published.
We are showing these pieces on the website as “Internet Exhibition” in an effort to send students’ visual message against global warming from Kyoto Prefecture playing a leading role in environmental measures.

京都環境ポスターコンクール作品集 表紙(PDF:142KB)

京都環境ポスターコンクール作品集 知事メッセージ(PDF:448KB)

作品一覧

最優秀作品(京都府知事賞)

 
 成安造形大学 黒瀬 彩さん 
 Seian University of Art and Design  Aya Kurose

 地球温暖化の影響は、日本に住んでいる私たちにも感じられるようになってきている。この後戻りできない現状を、地球をダイナマイトに見立てることで表現した。
Even we who are living in Japan feel the effects of global warming. This irreversible situation is expressed in an image of dynamite portraying the earth.

優秀作品

 
 京都精華大学 岡 真知子さん 
 Kyoto Seika University  Machiko Oka

 自動車やエアコンなどの普及で地球温暖化が深刻化している現在。温暖化の影響で動物たちの居場所はなくなりつつあります。
 私たちに何ができるのか。地球の深刻な状況をもっと多くの人々に自覚してもらいたく、制作しました。
 地球の行く末を握っているのは私たち人間です。
Today’s world of escalating global warming by things such as cars and air-conditioners.
The habitats of animals are disappearing because of the influence of global warming.
What can we do?
I made this piece because I wanted to raise awareness of the dire conditions the world faces.
The fate of the world rests in our hands.

 
 京都精華大学 内田 未知子さん 
 Kyoto Seika University  Michiko Uchida

 地球温暖化の進行を『輪』と称して、連なっていく様子を分かりやすく漫画の手法を用いて表現した。
 外国風にしたのは、温暖化問題は全世界共通の問題であることを伝えるため。
I used manga as a means of expressing the “spiral” of global warming in an easy to understand series of images.
I did it in a foreign style to show that global warming is a problem the whole world must face together.


 京都精華大学 松村 亜紀さん
 Kyoto Seika University  Aki Matsumura 

 ポスターは分かりやすさが第1なので、できるだけ分かりやすく、かつポップに仕上げてみました。できうるだけ、質感の違いがでていればいいな、とは思います。
Because being easy to understand is the most important thing about a poster, I triedto make my poster with as much “pop” as I could.
I say the more the textures differ, the better.

 
 京都精華大学 詫間 由佳子さん
 Kyoto Seika University  Yukako Takuma

 「北極の氷がとける!」、「オゾンホールが!!」等と言われて、はたして本当に地球環境について考えだす人がどれだけいるだろうか…?
 私はダイレクトに“暑くなること=困る”ということを表現してみた。
 暑いのが好きな人にはイメージできないと思うけど。
“The North Pole ice is melting!”
“There is a hole in the ozone!”
When they hear things like this, I wonder how many people have global warming come up in their minds…
I tried to express as directly as I could, “Warming = Trouble”
But I don’t think people who like the heat will get it!

 
 京都精華大学 末吉 華子さん 
 Kyoto Seika University  Hanako Sueyoshi 

 温暖化による気温上昇で氷は溶け、ゆくゆくは白熊達の居場所が無くなります。
白熊は何も悪くないのに。
Polar bears are steadily losing their habitat because of global warming melting their ice.
It’s not like the polar bears did anything wrong.

 
 京都嵯峨芸術大学短期大学部 井上 茉美さん 
 Kyoto Saga University of Arts(Faculty of Junior college)  Mami Inoue 

 地球とコップの中の氷から”地球×溶ける”をイメージしました。
 地球温暖化をいろんな人へ分かりやすく伝えたかったので、実際にはありえないことを大胆に表現しました。
I got the image for “the globe + melting” from the ice in between the earth and the cup.
Because I wanted to express global warming to a variety of people in an easy to understand manner, I boldly expressed something that could never happen in reality.

 
 京都嵯峨芸術大学 小原 梨佳さん 
 Kyoto Saga University of Arts  Rika Ohara 

 「Let’s off」
 誰の家にでもあるスイッチ。ポチッ!とオンをオフにするだけの「簡単エコ」だったら始めやすいし、続きやすい。
 知ってほしい。自分も「地球温暖化」を防ぐひとりだってこと。決してエコは面倒くさい事では無いこと…。
“Let’s Off”
It’s a switch in everyone’s house. By just turning “on” to “off,” with a click we can do “simple ecology” that is easy to start and easy to continue. I want everyone to know that we are all part of stopping global warming. It’s not such a pain after all…
So, let’s off!

 
 京都嵯峨芸術大学 村上 真梨さん
 Kyoto Saga University of Arts  Mari Murakami 

 好き勝手につくられた国。
 あふれそうなボリュームで、いつ壊れてもおかしくないようなアンバランスさを環境に置き換えて表現している。
 また、その国があるからこそ生きていけるものもいるという皮肉さをこめた。
A country built on mindless self-indulgence.
I tried to express the replacement of natural environment with a country that could easily break under the weight of its own enormous unbalance.
I also added the irony of the fact that it is because of the natural environment that things can go on living in these countries.

 
 京都造形芸術大学 佐藤 恵里さん 
 Kyoto University of Art and Design  Eri Sato 

 地球温暖化については、今では誰もが知っている事案だと思うのですが、対策として何をすればいいかなんて分かってるけど何となくめんどうくさくてなかなかやれないものです。 でも、分かってるんならアトは実行あるのみ、というメッセージです。
I think everyone these days understands the magnitude of global warming, but even though we know the measures we need to take in order to combat it, we are too lazy to do them.
However, my message is that once we understand this, it’s just a matter of executing those measures.

 
 京都造形芸術大学 有髙 恵里さん 
 Kyoto University of Art and Design  Eri Aritaka 

 地球温暖化という大きな問題が、決して他人事でなく身近な問題であるということ、またその防止には一人ひとりの心がけが重要であるということを啓発する。
I want to illuminate the fact that global warming is not someone else’s problem; it affects each of us, and therefore stopping it should be important to every one of us.

 
 京都造形芸術大学 河田 弥子さん 
 Kyoto University of Art and Design  Mitsuko Kawata 

 2007年、地球温暖化を実感させられる猛暑となったが、この暑さを一時的なものと楽観視せず、もっと深刻に危機感をもって向き合っていかねばならない問題であることを、ビーチボールの地球が人々に訴えている。
I was awoken to global warming during the 2007 heat wave. We cannot hope that such temperature changes will be temporary, but must turn to face the problem with a sense of urgency. The beach ball world makes this appeal to the people.

 
 京都造形芸術大学 長田 恵吾さん 
 Kyoto University of Art and Design  Keigo Nagata 

 温暖化が原因でホッキョクグマが絶滅した世界を想像してみた。
 温暖化が多くの動物を絶滅の危機に追い込んでいることにショックを受け、その事実を知ってほしいと思った。
I tried to imagine a world where global warming has made polar bears extinct.
I wanted to convey the shock and realization that we are approaching a crisis that could cause the extinctionof many species.


 京都造形芸術大学 笹井 恵理さん 
 Kyoto University of Art and Design  Eri Sasai 

 私たちは地球でできていて、地球もまた私たちの手で良い方にも悪い方にも変わっていく。
 このポスターの紙も、元をたどれば地球。
 私たちが地球の大事なパズルピースを持って生きていることを意識してもらいたい。
We were all made of the earth, and we have the power in our hands to change the earth, for better or worse. Even this poster has its origins in the earth. I want people to realize that we humans hold an important piece of the puzzle to the survival of the earth.

 

 


 京都造形芸術大学 坂下 友里恵さん 
 Kyoto University of Art and Design  Yurie Sakashita 

 進む温暖化に追いつこうとしない人間に必要なのは、データでも、身近に感じられない現実でもない。地球と自分自身の関係をよく理解することだ。
 「地球の中の私」、「私の中の地球」、この関係性を心に刻んでほしい。
 大きな地球の未来は、その中に存在する小さな私たち1人ひとりの中にたくされている。
責任感と存在意識をゆさぶりたい。
What is essential to those people who aren’t trying to combat global warming is not showing them data and cold objective facts, but rather making them understand the relationship between themselves and the earth.
“The me that is inside the earth” and “The earth that is inside of me”
I want these relationships to be etched onto their hearts.
The future of this huge world is entrusted to each of us little people that inhabit it.
I want to shake up our sense of responsibility and place in the world.

 

 


 京都造形芸術大学 岡田 将充さん 
 Kyoto University of Art and Design  Masamitsu Okada 

 このポスターでは、直接地球温暖化と言われても、あまりリアルに実感できない弱い部分を、抜け毛がどんどん進行していくという、リアルに感じる危機感で、温暖化に対する意識を高めようと考えました。よく見ると、男性の毛の部分が、日本地図みたいに見えるよう、工夫をしました。
When you talk directly about the danger of global warming, many people don’t realize it’s truly real in the same sense, as say, they recognize the danger of going bald. I wanted to raise the level of consciousness about global warming to the same level as the danger of baldness. If you look closely, I managed to make the man’s hair into something like a map of Japan.

 

 


 大阪成蹊大学 北川 雅博さん 
 Osaka Seikei University  Masahiro Kitagawa 

 CO2 をSTOPしようと云う訴求を2ストレートの緑のバックの中に文字のみ配列デザインしたものです。
I designed this poster with letters on a green background to plainly say, “Stop CO2”.

 

 


 大阪成蹊大学 前田 文平さん 
 Osaka Seikei University  Bunpei Maeda 

 地球の温度上昇を分かりやすくビジュアルで訴求したものです。
This was an appeal against rising temperatures using easy to understand visuals.

 

 


  大阪成蹊大学 宮 由佳さん 
 Osaka Seikei University  Yuka Miya 

 今ならまだ間に合う
 「青い地球」がなくなる前に… そんなメッセージを訴求したものです。
This was an appeal to act now while there is still time to save the “blue earth”.

 

 


 大阪成蹊大学 須内 とも実さん 
 Osaka Seikei University  Tomomi Suuchi 

 地球の温暖化を温度計に例えて温度上昇の危機感を訴求しました。
This was to convey a sense of the crisis of temperature increase by using a temperature gauge as an analogy of global warming.

 

 


 大阪成蹊大学 平山 有希さん 
 Osaka Seikei University  Aki Hirayama 

 一片の氷の上にいる白クマのイラストでいま我々の足元を真剣にみつめないと地球がこわれていく、そんなイメージを訴求したものです。
This was an appeal to take a serious look at the current situation we face through an image of polar bears on an iceberg. Otherwise, without action, the earth could eventually break down.

 

 


 大阪成蹊大学 福島 洋史さん 
 Osaka Seikei University  Hiroshi Fukushima 

 CO2 増大にともない、いま地球がこわれていくイメージを訴求したものです。
I tried to express the notion that the earth is breaking down as CO2 gas emissions increase.

 

 


 大阪成蹊大学 武藤 由希子さん 
 Osaka Seikei University  Yukiko Muto 

 この星の緑を失ってからではダメなのです。
 そんな思いをデザイン。
 消えていく緑。
 温度上昇のイメージを表現しました。
I made this image of the temperature increase to show a loss of greenery, and send us a message that once this planet’s greenery is lost, it will be too late.

 

 


 成安造形大学 岸野 良香さん 
 Seian University of Art andDesign  Yoshika Kishino 

 私たちが生きていけるのは、地球があるからです。その地球が温暖化という現象により、あたたまってきています。
 そうなると、どうなるのか。
 私はその疑問となる部分を、地球があたたまり、溶けていく様子と、それによって生物たちが落ちていくことで表しました。
 このポスターを見て、地球温暖化に対して、危機感をあたえるのが、この作品のねらいです。
Our lives depend on the earth, which is getting warmer through the so-called global warming phenomenon. What will happen to us? This concern is expressed in images of warming and melting of the earth and the resultant destruction of habitats. This poster aims to convey to people a sense of the crisis of global warming.

 

 


 成安造形大学 善藤 絵里子さん 
 Seian University of Art and Design  Eriko Yoshifuji 

 地球は、地球温暖化の影響で水不足になり、地球の砂漠化は今も進み続けています。この問題は私たちが進まないよう努力しなければ止まることがなく、後戻りすることもできなくなってしまうのです。
The earth is suffering a water shortage due to global warming while the earth’s desertification continues. This process will never end and reverse unless we make efforts to prevent it from advancing further.

 

 


 成安造形大学 小路 史さん 
 Seian University of Art and Design  Fumi Syoji 

 地球温暖化の影響で地球環境や私たち自身が崩れていっていることはほとんどの人に知られています。
 温暖化を防ぐため、今、その時・その場で私たちは、何をすることができるのでしょうか。
It is widely known that global environment and our lives are falling apart due to the effect of global warming. What can we do now, or at anytime or anyplace to prevent global warming?

 

 


 成安造形大学 鈴木 大義さん 
 Seian University of Art and Design  Hiroyoshi Suzuki 

 生き物の心は、本来は丸いものです。見た目は丸い球体の地球ですが、人間の相次ぐ環境破壊によって、地球の心はゆがみ、多くの災害をひきおこしています。
 温暖化の熱によって変形する地球を七輪の上で焼かれているモチで表現し、地球の変化に気づいていない人間に問いかけています。
The minds of living things are naturally round. The mind of the round earth is being twisted, causing many disasters due to a series of environmental destructions created by humans. The earth, deformed by the heat of global warming, is expressed in an image of a rice cake being burned on a charcoal stove to give a warning to people who have not been aware of the change in the earth.

 

 


 成安造形大学 深見 浩嗣さん 
 Seian University of Art and Design  Hirotsugu Fukami 

 地球温暖化の影響ということで、人間は知らないうちに自分たちの立場を危うくしているのだということを、地球の上に立っている人が段々と燃えていき、やがては地球から落ちていく、あるいは地球から落とされたというイメージに繋げて作りました。
Humans are endangering our own position through the effect of global warming. This message is expressed in an image of people standing on the earth burning and falling from the earth.

 

 


 成安造形大学 疋田 拓さん
 Seian University of Art and Design  Taku Hikita 

 人が暮らしている地域では温暖化の影響は微々たるものですが、北極や南極では他の地域の倍以上の早さで温度が上昇しているそうです。その為、極地ででた影響は後に他の地域でも起こると考えられています。極地で起こっていることを警告として人に知らせることを目的に制作しました。
Areas where we humans are living have not been affected by global warming so much. However, in the areas such as the north and south poles, temperatures are rising at twice or more the pace of other regions. Because of this, it is thought that the same effect will later occur in places besides the poles. I made this piece in order to inform people that what is happening at the poles is a warning.

 

 


 成安造形大学 細川 夏樹さん 
 Seian University of Art and Design  Natsuki Hosokawa 

 年々、真夏のジリジリとした暑さはひどくなる一方だが、コンビニや電車や建物の中に入るとクーラーのおかげで涼しくいられます。
 この外の暑さと中の涼しさには気味が悪くなるほど差があり、まるで別世界です。
 このままいくと人の生活はどうなるのだろうか。
 狼に怯える3匹の子豚のように外に出られなくなるのではないか、という心配を絵本の中の1ページのように表現しました。
While every year it keeps getting hotter, whenever you enter a building, train, or store, it’s nice a cool. There is a grim difference between the outside heat and inside cool. It’s like two separate worlds.
If we continue like this, I wonder what will come of us.
Like the three little pigs, we will no longer able to go outside. I expressed this concern in the form of a page from a picture book.

 

京都環境ポスターコンクールの概要

[主催]

京滋地区私立芸術系5大学(京都精華大学・京都嵯峨芸術大学・京都造形芸術大学・大阪成蹊大学(以上京都府)、成安造形大学(滋賀県))、京都府

[募集期間]

平成19年6月1日~平成19年8月31日

[応募作品数]

165作品

[選考作品数]

最優秀作品(京都府知事賞)1作品  優秀作品29作品

[問い合わせ先]

京都府文化環境部環境政策課 
電話:075-414-4704
FAX:075-414-4710
kankyo@pref.kyoto.lg.jp

 

 
 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境総務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4703

ファックス:075-414-4705

kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?