ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 環境教育・環境学習トップページ

ここから本文です。

環境教育・環境学習トップページ

 今日の環境問題は、一企業や産業に起因する従来の公害問題とは異なり、利便性を追求するライフスタイルの変化に伴う大量生産、大量消費、大量廃棄による廃棄物量の増大や地球温暖化問題など、私たち一人ひとりの生活に起因するところが大きいのが特徴です。
 このような今日の環境問題を解決していくためには、私たち一人ひとりが環境問題を正しく認識し、環境にやさしい生活を実践していくことが大切であり、そのための環境教育・環境学習の重要性が増しています。
 京都府では環境問題について普及・啓発の推進や環境教育・学習機会の提供など、さまざまな取組を行っています。

新着情報

   ・【子ども&親子向け】 大学連携環境学習プログラム
     「京都の森へ行ってみよう!」参加者募集終了!
   
開催日:9月18日(日)、9月19日(月・祝) ※定員に達したため受付を終了させていただきます。

  ・「大学連携環境学習プログラム実施業務」 企画提案募集の案する質問・回答

 ・【修了】「大学連携環境学習プログラム実施業務」 企画提案を募集中 ~平成27年8/10(月)必着
   子どもを対象に、大学の専門的な知見や環境NPO等の豊富な経験を活かし、
   “遊び”を通して子どもの興味を引き出す「環境学習プログラム」の提案を公募 〈委託事業〉

 ・「京の環境を考えるポスターコンクール」の作品募集中 ~平成27年9/10(木)必着

  ・【終了】平成26年度大学連携環境学習プログラム「京都で世界を旅しよう!」の参加者を募集しています。

 ・【終了】平成26年度大学連携環境学習プログラム「京都の森へ行ってみよう!」の参加者を募集しています。

 ・平成26年12月15日 「第15回 環境美化教育優良校等表彰」 京都聖母学院小学校が受賞。

 ・平成25年10月14日 「海の京都」を舞台にエコを考える-「エコ合宿」を実施しました。

環境教育の促進について

 「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(外部リンク)平成15年法律第130号。以下「法」という)及び「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則」(平成24年文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省 省令第2号。以下「省令」という。)に基づき、「体験の機会の場」の知事認定制度及び協働取組の申請方法等が定められました。

1.「体験の機会の場」の知事認定

 ・趣旨、目的 
  自然体験活動その他の体験活動を通じて環境の保全についての理解と関心を深めることの重要性を鑑み、自然体験活動の場その他の多数の者を対象とするのにふさわしい環境保全の意欲の増進に係る土地又は建物を提供する場合、「体験の機会の場」として知事の認定を受けることができます。

 ・認定を受けることができる者 
 (1)法第20条第1項に規定する土地又は建物の所有者又は使用及び収益を目的とする権利(注1)を有する者(国民、民間団体等に限る)
 (注1)臨時設備その他一時使用のため設定されたことが明らかなものを除きます。
 (2)(1)の土地又は建物の全てが京都府内(京都市除く)に所在していること
 ※他府県とまたがる場合は、大臣認定となります。
 ※京都市内に土地又は建物が全て含まれる場合は、京都市長の認定となります。
 (3)省令第8条第1項6号の規定に基づき、認定の申請に係る体験の機会の場において、3年以上の事業実績がある者。

 ・申請の手続き方法

 手続き方法など詳細は、コチラをご覧ください。
 ※なお、申請をお考えの方は、一度、下記問い合わせ先にご連絡ください。

 ・問い合わせ先、申請書等の提出先
 京都府 環境部 環境総務課
 郵便番号602-8570
 京都市上京区下立売新町西入薮ノ内町
 電話:075-414-4731 FAX:075-414-4705
 E-mail:kankyo@pref.kyoto.lg.jp

 ・認定した「体験の機会の場」のご紹介
  平成26年8月1日現在、認定はありません。

2.協働取組の申請方法

 ・環境保全に係る協定の締結

 法第21条の4の規定に基づき、国民、民間団体等は、国又は地方公共団体と、協働取組を推進するための役割分担を定めた協定の締結をすることができます。
 なお、協働取組の相手方が国・都道府県・市町村で窓口が異なりますので、ご相談ください。

 ・国民、民間団体等による協定の届出

 法第21条の5の規定に基づき、京都府内において国民、民間団体等が協働取組の推進に関し協定(※)を締結した場合には、当該国民、民間団体等は、京都府知事に対し、当該協定を届けることができます。
 なお、詳細については、一度、ご連絡ください。
※環境の保全上の効果を有するものであり、かつ、法令に違反していない場合となります。
※対象区域が2府県以上にまたがる場合は、国に届け、京都市内の場合は、京都市に届けます。

 参考リンク

 ・環境省(外部リンク)
 ・京都市役所(外部リンク)

京の環境を考えるポスターコンクール

  環境問題について学び考えてもらうため、府内に在住・在学している小・中学生を対象に「京の環境を考えるポスターコンクール」を実施しています。

お問い合わせ

環境部環境総務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?