ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ環境・自然・動植物京とあーすレッドデータブック

階層ナビゲーション
 ボタン野生生物種を見る   ボタン地形・地質・自然現象を見る   ボタン自然生態系を見る   ボタン 検索 

 トップページ > 野生生物種 > 鳥類 > オオマシコ
オオマシコ Carpodacus roseus

+ 基礎データ +

項目の解説.....
分類群 鳥類
目名 スズメ目
科名 アトリ科
オオマシコ画像



+ カテゴリー +

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)
京都府カテゴリー 準絶滅危惧種
環境省カテゴリー なし


+ 詳細 +

項目の解説.....
選定理由 冬鳥として府内で越冬する。越冬個体数は少ないが、近年減少はしていない。
形態 全長18cm。尾は比較的短い。オスの頭部は濃い桃紅色で額から前頭と喉は銀色、背は桃紅色で黒い縦斑と白い羽縁がある。胸と腹は桃紅色。メスの下面は橙赤色を帯びたバフ色で、黒くて細い縦斑がある。
分布 極東北部で繁殖し、冬鳥として本州以北へ渡来するが、個体数は少ない。府内でも少数が冬期に数ヶ所で観察されている。
◎府内の分布区域
中部地域、南部地域。
生態的特性 森林限界付近の林などで繁殖し、冬期は山地の林や林縁に生息する。冬にはイネ科、タデ科、マツなどの種子を採食する。
生息地の現状 府内では、冬に落葉広葉樹林の林縁や道端に数羽〜10羽の群れで出現する。オスの幼鳥とメスが多く、赤みの濃いオスの成鳥は稀にしか見られない。

文献:京都府(1993) 高野(1982) 真木ほか(2000) 日高(監)(1997) 
執筆者:須川 恒・和田 岳
    トップページ > 野生生物種 > 鳥類 > オオマシコ

ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.