ホーム > 京都府レッドデータブック2015

京都府レッドデータブック2015

文字の大きさ

トップページ地形・地質・自然現象地質 > 深草の大阪層群

地質

ふかくさのおおさかそうぐん

深草の大阪層群

京都府カテゴリー

消滅寸前

2002年版 消滅寸前 2002年版を参照する
京都市伏見区

掲載項目の解説をみる

分類

堆積物

細分

河湖内湾成層

時代区分

新生代第四紀更新世

地域

京都市伏見区

選定理由

京都盆地の大阪層群で最初に研究され、京都盆地の形成史解明に多くの情報を提供した。

分布

大阪層群は近畿各地に分布するが、稲荷山と大岩山との間の丘陵は大阪層群下部から中部の地層がまとまって分布している。

特徴(特異性)

深草の丘陵の地質は、鳥居(1948)によって北は蹴上から南は宇治川までの東山洪積層として報告された。下から上へ堂ヶ原層、谷口層、中ノ茶屋層、桃山礫層と重なっていて、谷口層の塩吹粘土層からの海生貝化石と各層からの植物化石を示した。彼は中村ほか(1936)の西山山麓丘陵の洪積層を含め、中ノ茶屋層以下の下部層を山城層群と呼んだ。その後、更新統の研究が進み、海成粘土層と火山灰層との組み合わせで近畿の丘陵をつくっている更新統の詳しい対比が可能となった(大阪層群研究グループ 1951、市原ほか 1955、市原 1960)。深草の大阪層群は千里山丘陵で明らかになった8層の海成粘土層(Ma 1~8)の中、Ma 3~6の4層が識別された。Ma 1は淡水成粘土層だったが、その上のピンクタフが発見され、Ma 3に挟まれているアズキタフが上から4層目の海成粘土層の上部に発見された。それにより、これまで記載された貝や植物化石の層準(深草のメタセコイヤの項参照)が明らかになるとともに新たな化石産地も見つけた(深草団体研究会、1962)。

田井(1963)はその層序に基づいて粘土層を採集して花粉生層序を示した。近年の堆積学的研究は、海成粘土層間の砂、泥を主とした層は広い湖でなく網状河川の堆積物である(桜井 1993)という。鳥居(1948)の桃山礫層を深草団体研究会(1962)は鞍ヶ谷累層と桃山礫層とに分けた。鞍ヶ谷累層は傾斜不整合の項で述べたMa 8の上の不整合より、上の満池谷層(大阪層群最上部層)に相当するものと理解できる。しかし、深草団研(1962)の桃山礫層はなお明快には理解できていない。 以後、地団研京都支部(1965)の巡検案内書などにより、深草は大阪層群の見学の場となった。Ma 3あるいはMa 4から、飯村(1994)は見事な魚の化石を見つけた。堀井(1987、1988)は立命館中・高校の新校地の工事にともない、地層を観察して記録し、多くの化石を採集した。その中にはMa 5から採集されたシャコの捕脚指節がある。

現状

粘土採掘場はごく少なくなり、住宅地や工場も多く、露頭条件は非常に悪くなった。

保存に対する脅威

なお開発は進むと考えられる。

地質文献一覧

執筆者 石田志朗

京都市伏見区深草の大阪層群

京都市伏見区深草の大阪層群(消滅寸前)。1967年 石田志朗撮影

トップページ地形・地質・自然現象地質 > 深草の大阪層群

京都府レッドデータブックに掲載されている野生生物や地形・地質、生態系などに関する情報がありましたら、情報提供フォームからお寄せください。

情報提供フォーム

お問い合わせ先:京都府環境部自然環境保全課
TEL:075-414-4706 FAX:075-414-4705
E-Mail:shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ページの先頭に戻る