ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 家庭支援課 > 平成31年度京都府「ひきこもり状態にある者のための社会参加支援事業補助金」の2次募集について

ここから本文です。

平成31年度京都府「ひきこもり状態にある者のための社会参加支援事業補助金」の2次募集について

平成31年度京都府「ひきこもり状態にある者のための社会参加支援事業補助金」の2次募集について

京都府では、平成29年度に脱ひきこもり支援センターを設置し、ひきこもり状態にある方の社会参加支援に取り組んでいるところです。その一環として、ひきこもり状態の方の社会参加を促すため、社会参加支援事業を行う民間団体に対して、補助金を交付しています。
この度、次のとおり2次募集を行います。

※補助金の詳細については、「交付要綱」(リンク1)及び「京都府『ひきこもり状態にある者のための社会参加支援事業補助金』の手引き」(リンク2)をご覧ください。

1 募集期間

令和元年9月3日(火曜日)~令和元年10月15日(火曜日)(※申請窓口に必着)

2 補助事業の内容

(1)補助対象事業
ひきこもり状態の方の社会参加を支援するもので、原則として京都府内在住のひきこもり状態の方が参加する事業
【事業の例】

  • 家族以外の方や支援者等との交流や外出を支援する事業
  • スポーツ、レクリエーション等への参加機会の提供
  • 絵画等の創作活動や発表の機会の提供
  • 作品を販売するフリーマーケット等のイベントの開催
  • 一般教養やパソコン操作技能等の習得支援
  • 就労・就学に資するグループ作業への参加機会の提供

(2)補助対象団体
ひきこもりからの社会復帰支援を促進する事業を実施する団体で、1年以上の支援実績がある団体。
※2人以上で構成され、会則、役員などが定められていること。法人格の有無、営利団体、非営利団体の別を問わない。

(3)補助率 3分の2以内

(4)補助上限 1団体 1,000千円(千円未満の端数切り捨て)
ただし、当該補助金以外に収入があり、収入の合計が支出の合計を超過する場合は、超過しない額(収入と支出の合計額が一致する額)を上限とする。

(5)補助対象経費
補助対象事業の実施に要する次の経費

  • 補助事業実施のために雇用した職員の賃金等の人件費
  • 講師等の謝金
  • 講師等招へい旅費(公共交通機関利用の実費相当額)
  • 事業実施のために必要な文具類等やテキスト・パンフレットなどの消耗品費
  • 会場・設備使用料(部分的な使用の場合は、面積・日数・時間案分が必要)
  • 参加者募集のチラシ等作成経費(デザイン・印刷費)や広告費
  • 講師との連絡調整や参加者募集のための郵送料や銀行等の振込手数料
  • ボランティア等保険料 
  • その他の経費(特に必要と思われるものに限る) など

【対象外経費】

  • 団体の運営に係る経常的な経費、人件費
    電話代、光熱水費、ガソリン代などは、経常的な経費と明確に区分できる場合を除き対象になりません。面積や日数、時間などで案分することはできません。
  • 抽選会の景品や参加賞、参加者の会場までの交通費など個人給付的な経費
  • 食糧費(講師用・会議用のお茶・水類を除く)
  • 会場用地等土地の取得に係る費用及び補償費 など

3 補助対象事業実施期間

実施期間は原則として「交付決定日から令和2年3月31日」までとなります。
やむを得ない事由により交付決定前に事業に着手する場合は事前着手届を提出してください。
ただし、補助金の交付を確約するものではありません。
なお、令和2年3月31日までに完了しない事業や、申請日の前に完了している事業は対象とはなりません。

4 交付申請

以下の様式を作成し期日内に郵送又は持参により、京都府健康福祉部家庭支援課まで提出してください。なお、申請は、1申請者につき、1事業とします。
※交付申請書等については、このホームページからダウンロードいただくか、京都府健康福祉部家庭支援課にご連絡の上、お取り寄せください。

交付申請書(様式1) (リンク3)(WORD:29KB)

≪添付書類≫
事業計画書(参考様式) (リンク4)(EXCEL:51KB)
記載例 (リンク5)(EXCEL:57KB)
事業収支予算書(参考様式) (リンク6)(EXCEL:39KB)
記載例 (リンク7)(EXCEL:47KB)
事前着手届  (リンク8)(WORD:37KB)
団体の会則・定款・役員名簿等の写し
口座振替依頼書 (リンク9)(WORD:39KB)

5 事業計画の変更

事業内容を変更(軽微な変更を除く)する場合や、中止又は廃止する場合は手続きが必要となりますので、事前に御相談の上、必要書類を郵送又は持参により提出してください。※対象事業費が増額となった場合でも、補助額の増額は認められません。

変更承認申請書(様式2) (リンク10)(WORD:30KB)

6 実績報告

事業終了後30日以内又は令和2年4月10日(金曜日)のいずれか早い日までに、以下の書類を郵送又は持参により提出して下さい。期日までに実績報告書が提出されない場合 は、交付決定を取り消す場合があります。

実績報告書(様式3)  (リンク11)(WORD:29KB)

≪添付書類≫
事業実施報告書(書式はおって示します) 
事業収支決算書(書式はおって示します)
参考資料
記録写真、事業について掲載された新聞記事、
補助対象となる広報用印刷物等の成果物等

補助事業完了後に申告により補助金に係る消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額が確定した場合は以下の書類を速やかに提出して下さい。
消費税及び地方消費税の額の確定に伴う報告書(様式4) (リンク12)(WORD:31KB)

申請窓口・お問い合わせ先
京都府健康福祉部家庭支援課 非行少年・ひきこもり対策担当
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
075-414-4306

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kateishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?