ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞

ここから本文です。

京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞

第13回「京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞」

インターネット投票受付中!

受付期間:平成27年10月23日(金曜日)から11月5日(木曜日)まで

投票はこちらから!

<募集は終了しました>

家族に送るラブレター
手紙(メール)が深める家族の絆

少子化や核家族化の進行などにより、家族関係が希薄化している今日。
家族に対する素直な気持ちを手紙によって伝えてください。
手紙を通して、たくさんの家族の輪がつながりますように。

募集内容

親子、兄弟姉妹、祖父母と孫、夫婦など同居、別居を問わず家族間で交わされた往復の手紙、e-メールを募集

(それぞれ概ね50文字以内)

テーマ

『家族』

応募資格

どなたでも

募集期間

平成27年7月1日(水曜日)から9月30日(水曜日)まで(当日消印有効)

応募方法

手紙を出した人と返事を出した人(または手紙をもらった人)の関係、それぞれの氏名・性別・年齢、連絡先(応募者のどちらか一方)の住所、電話番号を明記し、専用応募はがき(募集チラシに掲載)・封書等の郵送、FAX、インターネット(応募フォーム・e-メール)でご応募ください。

※往復の手紙を2通セットでご応募ください。
※手紙は原本でも、はがき等に写しかえたものをご応募いただいても構いません。
※手紙を出した人と返事を出した人、両者合意の上でご応募ください。
※ご応募いただいた手紙にまつわるエピソード等を簡単にお書きください。
※応募作品の著作権は主催者に帰属することとし、作品は返却しません。
※他のコンテスト等へ未発表のものに限ります。

 応募専用フォームはこちら(外部リンク)

審査

応募された作品については、インターネット投票を経て、審査委員により最終審査されます。

※インターネット投票の際には、「手紙」、「手紙にまつわるエピソード等」及び「手紙を出した人と返事を出した人の関係」を公開することがあります。

表彰

発表
平成27年12月から平成28年1月頃

入賞された方には直接通知するほか、ホームページ等で発表します。

  • 家族ふれあい大賞京都府知事賞:2点『賞状』『伝統工芸品』
  • 家族ふれあい大賞京都府教育長賞:2点『賞状』『伝統工芸品』
  • 家族むすびあい賞京都新聞賞:1点『賞状・盾』『伝統工芸品』
  • 家族むすびあい賞朝日新聞社賞:1点『賞状・盾』『伝統工芸品』
  • 家族むすびあい賞毎日新聞社賞:1点『賞状・盾』『伝統工芸品』
  • 家族むすびあい賞読売新聞社賞:1点『賞状・盾』『伝統工芸品』
  • 家族むすびあい賞産経新聞社賞:1点『賞状・盾』『伝統工芸品』
  • 家族むすびあい賞日本経済新聞社京都支社賞:1点『賞状・盾』『伝統工芸品』
  • ぽかぽかあったか家族賞:数点『賞状』『伝統工芸品』
  • ピカピカ家族賞:数点『賞状』『伝統工芸品』
  • 兄妹(きょうだい)っていいな賞:数点『賞状』『伝統工芸品』
  • 入選:若干『賞状』『記念品』
  • 家族ふれあい学校賞:若干『賞状』

    ※入選作品は、府ホームページ等での掲載を予定しています。
    ※作品インターネット投票を実施します。
    あなたが素晴らしいと思う作品に投票してください。
    ※受賞者と知事が「家族」について大いに語り合う懇談会を予定しています。
    その他に、作品集、ホームページなどみなさんに家族のふれあいや絆の大切さを発信します。

主催

京都府・京都府教育委員会

後援

総務省、厚生労働省、京都市、京都市教育委員会、京都府市町村教育委員会連合会、日本郵便株式会社、京都新聞、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、読売新聞京都総局、産経新聞社京都総局、日本経済新聞社京都支社、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都

応募及び問い合わせ

 京都府健康福祉部少子化対策課

「京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞」募集係

お問い合わせ

健康福祉部少子化対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4602

ファックス:075-414-4586

shoshika@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?