ホーム > 産業・しごと > 土木建築・基盤整備 > 京都府の建築と指導 > 京都府被災宅地危険度判定士養成講習会の開催について(令和元年10月30日)

ここから本文です。

京都府被災宅地危険度判定士養成講習会の開催について(令和元年10月30日)

 

被災宅地危険度判定養成講習会

大規模な地震、降雨等の災害により、宅地が大規模かつ広範囲に被災した場合に、被災宅地の危険度を迅速かつ的確に判定する「被災宅地危険度判定士」を養成するため、令和元年度京都府被災宅地危険度判定士養成講習会を開催します。

申し込み方法、受講要件等の詳細につきましては、被災宅地危険度判定のページをご覧ください。

 

会場及び日時

日時:令和元年10月30日(水曜日)午後1時30分から午後3時50分まで(受付:午後1時)

会場:キャンパスプラザ京都第3講義室(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

定員:100名(先着順)

申込み期限

令和元年10月18日(金曜日)

その他

受講料は無料です。

受講要件は、京都府内に居住又は在勤し、判定士に登録するための一定の要件に該当する方

 

お問い合わせ

建設交通部建築指導課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-451-1991

kenchiku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?