ここから本文です。

京のブランド産品「万願寺甘とう」出荷開始!

報道発表日:令和元年5月15日

農林水産部流通・ブランド戦略課

 夏の京のブランド産品を代表する「万願寺甘とう」の出荷が始まります。

 今年は5月20日(月)にJA京都にのくに舞鶴万願寺甘とう検品所にて出発式が行われ、5月21日(火)に京都市中央卸売市場にて初せりが行われます。出荷最盛期には大阪、東京、福岡市場等にも出荷されますので、皆様ぜひご賞味ください。

 万願寺袋

 万願寺甘とうについて

 万願寺甘とうは、大正末期頃に京都府舞鶴市万願寺地区で栽培され始めたもので、地名「万願寺」から名付けられました。長さ15cm前後にもなる大型のとうがらしで、甘味と独特の風味があり、肉厚で食べ応えのある柔らかな果肉が特徴です。平成元年に「京のブランド産品」に認定されてから今年で31年となります。

 煮てよし、焼いてよし、揚げてもおいしくいただけます。

 

初せりについて

 日程:令和元年5月21日(火)午前6時~

 場所:京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区朱雀分木町80番地)

 

販売計画

 販売期間:令和元年5月21日(火)~11月下旬(予定)

 販売目標:600t(うちブランド品250t)

 

栽培状況

 舞鶴市、綾部市、福知山市で合わせて約15.2ヘクタール栽培されています。

 今年は苗の移植後の気温の変化が大きかったものの、温度管理の徹底など生産者の努力により順調に生育しています。

参考

 「万願寺甘とう」は京のブランド産品で初めて「地理的表示保護制度」に登録され、地理的表示であることを示すGIマークが使用されています。GIマークが付されることによって、国がその品質にお墨付きを与えた産品として、安心して購入することができます。

お問い合わせ

農林水産部流通・ブランド戦略課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4974

ryutsu-brand@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?