ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 健診は愛 京都府健診受診促進キャンペーン > ピンクリボン京都 第7回スタンプラリー&ウォークを開催しました!

ここから本文です。

ピンクリボン京都 第7回スタンプラリー&ウォークを開催しました!

京都府では、『ピンクリボン京都実行委員会』と共同で、10月7日(日曜)、「第7回ピンクリボン京都スタンプラリー&ウォーク」を開催しました。

日本女性の11人に1人の方が乳がんになるといわれており、乳がんは女性にとって最も身近ながんです。 でも、どこかで、「自分はだいじょうぶ!」て思っていませんか?

検診で、早期発見することで9割以上の方が治るとされていますが、残念ながら乳がん検診の受診率は50%を超えていません。本イベントは、乳がんのことを楽しく学んでいただき、受診のきっかけとしていただくために開催いたしました。

会場では、全国各地のピンクリボン活動を推進する企業や団体がブースを出展し、来場者だけでなく、観光客のみなさんにも乳がん検診の大切さを発信しました。
このページでは、京都府がん検診キャンペーン隊長「京都府広報監まゆまろ」と一緒にイベントを振り返ります。大切な人のためにも、乳がん検診の輪を広げましょう!

たぶん大丈夫。でももしかして。だから受けてみてがん検診。』 

スタンプラリー&ウォーク(於 霊山観音)

当日は、爽やかな天候に恵まれ、多くの方にご参加いただきました!

また、厚生労働省からも健康局長が参加され、実行委員会に対する激励をいただきました。

 

司会の田口実行委員長

 

書道家 小筆凰外さんの素晴らしい書道パフォーマンス。

 

来賓の皆様の御挨拶

厚生労働省 宇都宮健康局長

 

 

京都府 松村部長

 

 

京都市 村上副市長

 

 

高台寺 後藤執事長

 

 

JazzシンガーMAKOTOさんの圧巻のライブパフォーマンス。

 

 

さて、いよいよ出発です!

 

このスタンプラリーでは、活動に賛同してくださった各寺院に設置した特設ブースで、ピンクリボンクイズを出題し、楽しみながら、しっかりと乳がん検診の大切さを学んでもらうだけでなく、各寺院を参拝し、御祈祷(ごきとう)していただいた諸願成就の御朱印を押してもらうこともできました。

 

トークイベント

高台寺公園では、ピンクリボン京都田口実行委員長、元祇園芸妓・ジャズシンガーMAKOTOさんによるトークイベントが行われました。MAKOTOさんからは、がん体験談をお話いただきました。病気になったことや支えてくれた方々に「ほんま、おおきに」と明るく語るMAKOTOさんに、命や絆の大切さ、感謝の気持ちを忘れず前向きに生きていくことのすばらしさを伝えていただきました。また、田口委員実行委員長からは、乳がんの正しい知識や早期発見のための乳がん検診、自己検診の重要性についてわかりやすくお話いただきました。

 

ゆるキャラ じゃんけん大会&ダンスパフォーマンス

「京都府がん検診キャンペーン隊長」のまゆまろをはじめとする京都のゆるキャラたちが、乳がん検診の大切さを多くの方に発信するために、大集合!ゆるキャラたちが、「グー」「チョキ」「パー」を全身を使って表現し、会場のみなさんと熱い名勝負をみせてくれました。また、ダンスパフォーマンスでは、大人気の音楽に合わせ、会場のみなさんと一体となってかわいいダンスで盛り上げてくれました。

 

各団体によるブース出展

ピンクリボン活動を推進する企業や団体が、全国から集まりブースの出展をされました。京都府では京都市とともに乳がんモデルを設置しました。ゆるキャラを代表して高台寺の「ねねちゃん」と、京都市の「こごみちゃん」が自己触診にチャレンジ!たくさんの方に自己触診の体験をしていただき、「思ったより硬い。実際に触ってみてよかった。」「お風呂に入った時に自己触診をやってみたい」という感想をいただきした。

最後に・・・

「自分は大丈夫」という思いを横に置いて、自分のためだけでなく、大切な家族やパートナーのためにも、2年に1回は乳がん検診に行きませんか?

このページに関するお問い合せ

健康対策課 がん対策担当

電話 075-414-4766

FAX 075-431-3970

メール kentai@pref.kyoto.lg.jp

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?