ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 健診は愛 京都府健診受診促進キャンペーン > 子宮頸がん検診啓発キャンペーンのプロジェクト名称が決定しました > 子宮頸がん検診情報サイトを開設しました!20歳以上の女性は検診を受診しましょう!

ここから本文です。

子宮頸がん検診情報サイトを開設しました!20歳以上の女性は検診を受診しましょう!

罹患者数が20歳以降に急増する「子宮頸がん」

早期に発見出来れば、90%以上が治癒するといわれていますが、病気を意識する機会が少ない20~30歳代の方では、検診の受診率が特に低くなっています。(検診は、早期発見に最も有効な手段です。)

そこで、府民の皆さまに身近な病として子宮頸がんを知っていただき、検診受診意欲を高めるため、予防医療や生活習慣病の研究をしている学生と意見交換をしながら、子宮頸がん検診の啓発HPページを作成しました。

子宮頸がんの基本的な情報をはじめ、検診を実施している医療機関のリストも掲載しています。

20歳になったら2年に1回は検診に行きましょう!

 

◆子宮頸がんについて◆

 子宮頸がんとは子宮の出入り口である子宮頸部に生じるがんのことで、「性交渉」によるヒトパピローマウィルスHPVの感染が主な原因であるため、罹患者数が20歳以降に急増することが特徴的です。
 進行すると、子宮摘出手術が必要となる場合もあり、出産できなくなることもあるだけではなく、命にも危険が及びます。
 感染から2年以内に、早期発見し、適切な治療を受けることで、90%以上が治癒※することから、定期的な検診の受診が大切です。
 (注※)ここでいう治癒とは、5年以内の生存率を指しています。

【参考サイト】

がん情報センター:子宮頸がん(http://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?