ここから本文です。

性器ヘルペス

   単純ヘルペスウイルスというウイルスによって起こる病気です。
 口の中、唇、肛門の周囲や中に水ぶくれが出来ます。できものとの直接的な接触により感染する可能性があります。
 ヘルペスは性器以外にも感染することも多く、必ずしも性行為だけが感染の原因ではありません。日本人の多くは幼少期に初感染し、症状が軽度であったり、自覚症状がみられない場合が多いのですが、成人が初感染した場合は重症になることが多くなります。ウイルスに感染しても症状が出ない場合が多く(約80%)、感染後は神経に潜んでいて、何かのきっかけ(ストレスや過労での体力の低下)で活動を始めるなど癖のある病気です。また患部からHIVなど他のウイルスや細菌が体に侵入しやすくなる危険性もあります。

症状

急性型(初感染)

  感染してから2~10日の潜伏期間を経て、外陰部にかゆみ、灼熱感を感じ始めます。全身の倦怠感、リンパ節が腫れたり、発熱を伴い、その後、急速に口の中、唇、性器、肛門の周囲に不快感やかゆみを感じ、軽い刺激感をともなって赤くなります。

   女性のヘルペス感染者は子宮頸がんになるリスクが高くなります。また、ヘルペスに感染した女性は流産や未熟児分娩のリスクが増大し、生まれた子どもも脳炎で死亡する危険があります。   

再発型(過去に患ったことがある場合)

 症状は比較的軽く、1週間程度で治ることが多いです。症状としては、陰部に小さい潰瘍や水疱が現れます。
 水疱や潰瘍のできる位置はいつも同じような場所に起きたり、前回の場所と左右対称の位置に発症することがあります。再発のきっかけとなるのは、疲労やストレス、体力の低下等です。

治療

  症状が出ている場合には、抗ウイルス剤(飲み薬や塗り薬)によって抑えます。
  その他、症状に応じて鎮痛薬、抗生物質等で処置します。初めての感染では4週間、再感染の場合は1週間から10日間で自然に治ります。 

予防と検査

  コンドームの使用により、感染の危険を予防できます。水疱や潰瘍がある場合、直接触れないようにしましょう。検査は水疱や潰瘍から分泌物を採取して単純ヘルペスウイルスの有無を調べたり、血液検査で抗体を調べたりします。
  性器ヘルペスに感染した女性は、毎年一回、必ず子宮がん検査(細胞診)を受けることが大切です。
  また、妊娠した場合は、ヘルペスに感染していることを必ず医師に告げ、医師の指示に従うことも重要です。

 

「青少年等府民のみなさまへ」に戻る 

 

 

 

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?