ここから本文です。

海外から帰国された皆さまへ

帰国者と帰国者を受け入れる方々へのお願い

流行地域を含む海外から帰国される際に検疫所からの指示があった場合には、その指示に応じて行動いただきますようお願いします。

  1. 海外から帰国される皆さまへ
    海外から帰国された皆様は、指定された場所で待機し、入国の次の日から起算して14日間は、体温測定を毎日行うなど、ご自身の健康管理にご注意いただくとともに、不要不急の外出を控えてください。
    また、咳や発熱等の症状が現れた場合は、マスク等を着用するなどし、他の人との接触を控えるとともに、身近な医療機関ご相談ください。
  2. 帰国者を受け入れられる皆さまへ
    帰国者を受け入れられるご家族や親戚、友人、宿泊施設の方にもご協力をお願いします。
    待機生活中は、帰国者の健康管理に協力し、十分に睡眠、栄養をとれるよう配慮するとともに、帰国者の方が外出を控えるようご留意願います。
    受け入れられた帰国者の方に咳や発熱等の症状が出た場合は、身近な医療機関にご相談ください。また、周囲の方も、咳エチケットや手洗い等の徹底に加え、食事を別々にとるなど接触を限定していただくとともに、定期的に換気を行い、手で触れる共有部分は消毒するほか、ご自身の健康管理にも努めてください。
    帰国者ご本人と離れて生活されているご家族の方等にあっては、以上のことが守られているか電話等で確認していただくようお願いします。
  3. 入国制限対象地域から帰国される皆さま及びその方を受け入れられる皆さまへ
    検疫強化の対象となっている国の一部地域については、入管法に基づく入国制限がなされています。このような地域から帰国される皆様には、全員に対し既にPCR検査と保健所等による定期的な健康確認が行われていますので、ご自身の健康管理にご注意いただくとともに、保健所等からの問い合わせについても、ご協力いただくようお願いします。

関連リンク

 流行地域

アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、エスワティニ、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、ガイアナ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガボン、カメルーン、韓国、ガーナ、カーボベルデ、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、ギリシャ、キルギス、キューバ、グアテマラ、クウェート、グレナダ、クロアチア、ケニア、コスタリカ、コソボ、コロモ、コロンビア、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、サンマリノ、シエラレオネ、ジブチ、ジャマイカ、ジョージア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリナム、スロバキア、スロベニア、スーダン、赤道ギニア、セネガル、セルビア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ソマリア、タイ、台湾、チェコ、中央アフリカ、中国(香港及びマカオを含む。)、チリ、ドイツ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トルコ、ナミビア、デンマーク、ニカラグア、ニュージーランド、ネパール、ノルウェー、ハイチ、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、パラグアイ、バルバドス、パレスチナ、ハンガリー、バングラディッシュ、バーレーン、フィリピン、フィンランド、フランス、ブラジル、ブルガリア、ブルネイ、米国、ベトナム、ベネズエラ、ベラルーシ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、ポーランド、マダガスカル、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、モーリシャス、モーリタニア、ラトビア、リトアニア、リビア、リヒテンシュタイン、リベリア、ルクセンブルク、ルーマニア、レバノン及びロシア

厚生労働省による電話相談について

今般の新型コロナウイルス感染症の発生について、厚生労働省において電話相談窓口(外部リンク)を設置しています。

  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

お問い合わせ

きょうと新型コロナ医療相談センター
(365日24時間、京都府・京都市共通)
電話:075-414-5487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?