ここから本文です。

インフルエンザ予防

最新情報

   現在の発生状況(京都府感染症情報センター)

   インフルエンザに万全の対策を(平成28年1月14日報道発表)(PDF:336KB)

   インフルエンザの流行状況について(注意報レベル)(平成28年2月4日報道発表)(PDF:334KB)

    インフルエンザの流行状況について(警報レベル)(平成28年2月17日報道発表)(PDF:331KB)

    「インフルエンザ」と「普通のかぜ」は異なります。

 インフルエンザは、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が強く、併せて、普通のかぜと同様にのどの痛み、くしゃみ、せきなどの症状も見られます。
 また、気管支炎、肺炎などを併発し、重症化することもあります。

インフルエンザを予防するために…

 インフルエンザにかかっている人のせき、くしゃみなどで空気中に放出されたウイルスを吸い込むことによってインフルエンザに感染します。(飛沫感染)
 ウイルスを吸い込まないためにも、以下のことに気をつけましょう。

手洗いをしましょう

 特に、外出先から帰宅した時や食事の前は必ず手を洗いましょう。

人混みや繁華街への外出を控えましょう

 特に、ご高齢の方や慢性疾患をお持ちの方、疲れていたり、睡眠不足の方はお控えください。

室内の乾燥に注意しましょう

 室内では、加湿器を使うなど適度な湿度(50%~60%)を保ちましょう。

充分な休養をとり、体力や免疫力を高めましょう

バランスよく栄養を摂取しましょう

インフルエンザワクチンの接種をしましょう

 高齢者の方(原則65歳以上)は、予防接種法の対象者として、一部公費負担でワクチンを接種することができます。
 インフルエンザワクチンは、A香港型、インフルエンザ(H1N1)2009、B型のいずれにも効果があります。効果には個人差がありますが、通常、ワクチン接種後約2週間で効果が現れ、約5箇月間持続するとされていますので、流行が始まる12月中旬までに接種されることをお奨めします。
  なお、接種される際には、医師とよくご相談のうえ、接種してください。 

  インフルエンザ予防接種の実施医療機関については、社団法人京都府医師会のホームページ(外部リンク)を参考にご覧ください。

インフルエンザにかかったら…

  • 「普通のかぜ」だと軽く考えずに、早めに医療機関を受診して治療を受けましょう
  • 安静にして休養をとりましょう
  • 水分を充分に補給しましょう。お茶、ジュース、スープなど何でも結構です
  • 周囲の人へうつさないように配慮することも忘れずに

    咳エチケット
     ○ 咳・くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から1m以上離れましょう。
     ○ 使用後のティッシュはフタ付きゴミ箱に捨て、手を洗いましょう。
     ○ マスクを着用し、感染拡大の防止に努めましょう。

 ご自身のためにも、他人のためにも、無理をせず、ゆっくり休んで早く治しましょう!!

予防接種に関するお問い合わせは…

京都府予防接種相談センター  TEL:075-811-9131

  9時~17時/毎週月曜・木曜・金曜(祝日を除く)

関連情報

インフルエンザに関する詳しい情報

京都府感染症情報センター

厚生労働省(外部リンク)

国立感染症研究所感染症情報センター(外部リンク)

新型インフルエンザについて

関連ホームページ

社団法人京都府医師会のホームページ(外部リンク)

お問い合わせ先
京都府健康福祉部健康対策課感染症担当
電話 075-414-4734
FAX 075-431-3970
E-mail kentai@pref.kyoto.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4742

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?