ここから本文です。

感染症緊急情報

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)感染症について

 マダニは春から秋にかけて活動が活発になりますので、農作業や野外活動で野山などに入られる際には、マダニに咬まれないように御注意ください。

 SFTS感染症は、SFTSウイルスに感染することによって引き起こされる病気で、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染すると言われています。

 潜伏期間は6~14日。症状は発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)等で、血小板減少、白血球減少、血清酵素(AST、ALT、LDH)の上昇が認められます。

マダニ類について

フタトゲチマダニ「マダニ」は、食品等に発生する「コナダニ」や、衣類や寝具に発生する「ヒョウヒダニ」などの家庭内に生息するダニとは種類が異なります。

フタトゲチマダニなどのマダニは、固い外皮に覆われた比較的大型(吸血前で3~4mm)のダニで、主に森林や草地などの屋外に生息しており、市街地周辺でも見られます。

 

感染予防方法

感染を防ぐためには、マダニに咬まれないようにすることが重要です。

  • 農作業や野外活動で草むらや藪など、マダニが生息する場所に入る際には、長袖の服、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用して肌の露出を少なくしましょう。
  • 屋外活動後はマダニに刺されていないかどうか確認しましょう。
  • 吸血中のマダニを見つけた場合は、無理に除去せず、医療機関で処置しましょう。
  • マダニに咬まれた後に、発熱等の症状があった場合は、医療機関を受診しましょう。

 

[報道資料]

 

[関連情報]

 

お問い合わせ先

京都府健康福祉部健康対策課感染症担当
電話 075-414-4734
FAX 075-431-3970
E-mail kentai@pref.kyoto.lg.jp

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?