ここから本文です。

HIVの感染経路

感染経路は、3つに限定されています。

HIVへの感染は、十分な量のHIVが体内に入ることで起こります。HIV感染者・エイズ患者の体液の中で、感染に十分な量のHIVが含まれているのは、(1)精液、(2)膣分泌液、(3)血液、(4)母乳の4つだけです。

したがって、HIVの感染経路は次の3つに限られています。

HIVの感染経路

  1. 性行為
    HIVに感染した男性の精液、女性の膣分泌液には、多量のHIVが含まれています。これが、性器、直腸、口腔等を通して感染します。日本では、エイズ患者・HIV感染者の感染原因の約75%が性行為による感染です。
  2. 血液感染(注射の回し打ち)
    静脈注射をする薬物常用者の主な感染原因です。
    麻薬の常用者は、一本の注射器で回し打ちすることがありますが、注射器や針がHIVに汚染されていると高い確率で感染します。
  3. 母子感染
    母親が感染していると、妊娠、出産、授乳により感染することがあります。医療措置をとれば、感染の可能性をかなり下げることが可能です。

※輸血・血液製剤による感染

日本では、現在献血された血液は厳重な検査を受けており、血液製剤も加熱処理したものが使われています。
しかし、輸血用血液は、現在の技術ではきわめてまれとはいえ、感染の可能性を完全に排除できません。

こんなことでは感染しません。

  • せき・くしゃみ
  • つり革・手すり
  • 風呂・プール
  • コップでの回し飲み
  • 握手
  • 蚊・ノミ・ダニ
  • 献血
  • 理髪店・美容院

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?