ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > 自主防災組織等連絡会議を開催しました。(平成21年3月2日)

ここから本文です。

自主防災組織等連絡会議を開催しました。(平成21年3月2日)

3月2日(月曜)に自主防災組織等連絡会議を開催しました。

1目的

地域における防災の担い手である自主防災組織の活動を推進し、活動の情報交換や ネットワークづくりを促進すること

2日時

平成21年3月2日(月曜) 午後1時30分から4時40分まで

3場所

ホテル平安会館 1階 平安の間

4概要

(1)実習 防災クロスロードゲームの体験「あなたならどうする。」

講師

京都大学防災研究所 矢守克也(やもりかつや)准教授

  • 矢守准教授らが開発された防災教育教材「クロスロード」を体験しました。

  • クロスロードとは、災害対応用の机上訓練の一つです。カードを用いて、参加者同士が意見を交換し、課題の共有や解決、新たな気づきにつなげるものです。
  • 今回実施されたクロスロード神戸編は阪神・淡路大震災の際に、神戸市職員がとった対応を調査し作成されています。 

 

(2)講義「理想の自主防災組織とは」

講師
京都大学防災研究所 矢守克也(やもりかつや)准教授

兵庫県加古川市 加古川グリーンシティ防災会の例を学ぶ。

  • 矢守准教授が提唱されている生活防災を実践。
  • 日常生活の延長で防災を考えることで防災と楽しくつきあう。
  • 住民の特技や趣味を登録し災害時に備えておく町内チャンピオンマップの取り組み。

(3) 検討会「自主防災組織の組織化、活性化について」

矢守准教授の講義を受けて、自主防災組織関係者から現状について意見交換

木津川市自主防災会役員

消火訓練、防災訓練を企画するが、参加する人はいつも同じ人になる。よい方策 はないものか。 

与謝野町自主防災会役員

自主防災活動には活動資金が必要。行政の支援をお願いしたい。

京田辺市自主防災会役員

家具の固定をする運動を推進している。

八幡市自主防災会役員

子どもに防災訓練に参加してもらうために、地域の自治会と連携している。自治会の中に防災班を置くことが参加者の増加につながっている。

綾部市自主防災会役員

自主防災会で毎年防災訓練を実施している。無理には参加を求めないが、参加し ていない家庭には安否確認のため訪問している。  

城陽市自主防災会役員

自主防災会で今年度、14回目の訓練を実施した。豚汁の炊き出し訓練などを実施している。

参加した方からは、日頃の活動の内容や課題について様々な意見が出されました。最後に、矢守准教授から、防災意識を高めるためには、真正面から取り組むことも大切ですが、こどもたちがキャンプで取り組むようなことから始めたらどうか。地域防災の入口が防災でなくてもよいのでは。との御意見をいただきました。

お問い合わせ

危機管理部防災消防企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4477

bosaishobo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?