ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > 南丹市立平屋小学校で防災教育を行いました(平成22年2月10日)

ここから本文です。

南丹市立平屋小学校で防災教育を行いました(平成22年2月10日)

実施校

南丹市立平屋小学校

所在地

南丹市美山町安掛上ノ山17

日時

2010年2月10日(水曜日)12時50分~14時

参加児童

1~6年生 37名

当日の映像

(4分00秒の映像中、1分34秒過ぎから始まります)

京都府広報番組「旬感☆きょうと府」

動画をご覧になるための環境条件等は「京都府インターネット放送局」のページをご覧ください。

内容(4~6年生)

ニンテンドーDS専用ソフト「地震DS72時間」を使った防災教育(4~6年生)

効果

ニンテンドーDSの特徴を生かし、ゲーム形式でクイズに答えながら、地震防災の知恵と知識を身につけることができます。また、グループで議論しながら問題を解くことで災害時の行動をイメージしたり災害時の判断力を養うことが期待されます。

進め方

1 東京工業大学梶特任教授からあいさつ

2 ゲーム機から出題される問題をみんなで議論

例えばこんな問題が出題されています

3 間違いやすい問題は1問ずつ解説を行います

4 10問を終わって、班ごとに得点発表

5 難しかった問題を選んで梶先生から解説とまとめを行います

大学の先生による分かりやすい解説に、みんな興味津々です。

内容(1~3年生)

「ぼうさいダック」(1~3年生)

効果

進行役が出した「災害カード」に応じて、すばやく裏面の「対応ポーズ」を取るゲーム。とっさに身を守る姿勢を楽しみながら覚えることができます。

進め方

1 まず地震や火事のお勉強

2 自分の身を守る、命を守ることが何より大事

地震、火事、雷などの災害に遭遇し、周りに大人がいないときでも、基本的な  初期動作が取れるよう、カードを使って学びます。

3 音楽に合わせて全員でポーズ!

 

4 友達同士2人1組になって、ぼうさいダックの変形、「ダックずもう」も行いました。

5 地震の揺れを経験したことのない児童には、地震の恐さは分かりにくいもの。
 そこで、台車を使った模擬体験も行いました。

お問い合わせ

危機管理部防災消防企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4477

bosaishobo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?