ここから本文です。

ワクチン検査パッケージ制度及び対象者全員検査のまとめ

ワクチン検査パッケージ制度及び対象者全員検査の事業者登録について

【飲食店等】
対象:京都府新型コロナウイルス感染防止対策認証店、飲食を主として業としていないカラオケ店
詳細はこちらから:飲食店等におけるワクチン検査パッケージ制度・対象者全員検査の登録について

【イベント】
対象:緊急事態措置期間中は10,000人超かつ収容率50%超のイベントを、まん延防止等重点措置期間中は20,000人超かつ収容率50%超のイベントを開催する予定のイベント主催者等
詳細はこちらから:イベントを開催されるにあたって

【移動(旅行・宿泊)】
観光庁のページ(外部リンク)をご覧ください。

ワクチン検査パッケージ制度及び対象者全員検査等の無料検査について

府民のみなさま(無料検査の受検についてはこちらから)

事業者のみなさま(無料検査の実施事業者登録についてはこちらから)

ワクチン検査パッケージ制度及び対象者全員検査について

ワクチン検査パッケージ制度とは(現在、適用していません)

令和3年11月19日の国の新型コロナウイルス感染症対策本部の決定により、今後、感染拡大を防止しながら、日常生活や社会経済活動を継続できるよう、行動制限の緩和のための「ワクチン検査パッケージ制度」が開始されることとなりました。

「ワクチン検査パッケージ制度」は、緊急事態措置やまん延防止等重点措置等の下において、ワクチン接種歴又は陰性の検査結果を確認することにより、感染リスクを低減させ、飲食やイベント、人の移動等の各分野における行動制限の緩和を可能とする制度です。

対象者に対する全員検査について

対象者全員検査とは、緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域等における飲食・イベントの人数制限等について、対象者の陰性の検査結果を確認することにより、感染リスクを低減させ、緩和することができる制度です。

対象者全員検査による行動制限の緩和適用範囲については、ワクチン検査パッケージ制度適用による行動制限の緩和の内容に準じます。

ワクチン検査パッケージ制度及び対象者全員検査適用による行動制限緩和の内容

ワクチン検査パッケージ制度を適用することで、「飲食」、「カラオケ」、「催物(イベント等)」、「移動」等の行動制限を、次のように緩和します。

(1)「飲食」

  • 府の認証制度の適用事業者における利用者の人数制限を緩和し、制限なしとします。

(2)「カラオケ」

  • 収容率の上限を50%としつつ、カラオケ設備を提供できることとします。

(3)「催物(イベント)」

  • 「感染防止安全計画」を策定し、府の確認を受けたイベントの収容人数の上限を緩和し、収容定員までとします。
    ※大声での歓声・声援等がない5000人超のイベントに限る。

(4)「移動」

  • 不要不急の都道府県間の移動を自粛要請の対象に含めないこととします。

関連リンク

要綱・事務連絡等

お問い合わせ

京都府新型コロナ検査環境整備事業コールセンター
TEL:075-254-8133
月曜日から土曜日/9時30分から17時30分(日曜日、祝日は休み)