ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 京都府はいつできたのかな?

ここから本文です。

京都府はいつできたのかな?

 

 京都は、延暦13年(794年)、桓武天皇が平安京をこの地に定めてから明治のはじめまで一千年余りの間、日本の政治・経済・文化の中心として発展してきました。
 京都府がはじめて設けられたのは江戸時代の終わり頃の慶応4年(1868年)6月19日(=太陽暦)のことです。その時は、まだ山城の国だけでした。
 その後、明治4年(1871年)の廃藩置県により、京都府の区域は、山城の国全部と京都の中央部である桑田、船井、何鹿の三郡になりました。
 そして、明治9年(1876年)丹後五郡と丹波の国天田郡が合併して、今の京都府になりました。

 

 (文字だけ版)ぎゅぎゅっと京都府メニューにもどる

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?