ここから本文です。

京食材でお手軽レシピ


今月の食材 賀茂なす

賀茂なすの田楽味噌かけ

賀茂なすの田楽味噌かけ

※好みで白みそに砂糖を小さじ1程度加えてもおいしい!

材料(2人分)

  • 賀茂なす…1個
  • サラダ油…大さじ3
  • 白みそ…80g
  • だし…100cc
  • ごま…少々
  • 木の芽…4枚

作り方

(1)賀茂なすのヘタを落とし、横半分に切る。フライパンにサラダ油を入れて熱し、賀茂なすを入れる。両面を焼いてからふたをし、弱火で10分程度焼く。
(2)鍋に白みそを入れ、だしを加えて溶きのばす。中火にかけ、ふつふつと煮えてきたら火から下ろす。
(3)器に(2)を敷いて(1)を盛り、さらに(2)をたっぷりとかけ、ごまを振り、木の芽を添える。

(レシピ提供・きょうと食いく先生 杉本節子)

※賀茂なすの焼き加減は、中心に竹串を刺してすっと通る程度が目安です。

知っておいしい賀茂なす

 古くから上賀茂地域で栽培されてきた賀茂なす。「京のブランド産品」の認定を受け、現在は府内各地で生産されています。特徴は、一般的なナスに比べて硬くしまった緻密な果肉。加熱すればとろりと柔らかくなります。油の吸収が少ないので、油を使った料理もあっさりと仕上がり、田楽や揚げびたしにぴったりです。賀茂なすに含まれるナスニンには抗酸化作用があって活性酸素を抑えるほか、身体を冷やす働きもあるといいます。これからの季節にぴったりですので、ぜひたくさん食べてください。

賀茂なす生産者(綾部市) 志馬(しめ) 吉信さん

注目イベント

覚えておきたい定番おばんざい料理教室

料理研究家・きょうと食いく先生の杉本節子氏による定番おばんざい料理のコツや手順など。賀茂なすの田楽味噌かけの調理も(右記参照)

日時:6月28日(土曜日)14時~16時30分
定員:32人(小学4年生以上・先着順)
料金:2,500円
受付:6月21日までにFAX・メール

Riceサイエンスセミナー×京のあじわい体験~宇治茶~

おいしいごはんの炊き方実験と、茶農家・きょうと食いく先生の山下壽一氏による宇治茶についてのお話、試飲など

日時: 6月29日(日曜日)10時~12時
定員: 小中学生とその保護者16組32人(先着順)
料金:無料
受付:6月22日までにFAX・メール

[お問い合わせ]
京の食文化ミュージアム・あじわい館
京都市下京区中堂寺南町130番地 京都青果センター3階
 TEL:075-321-8680 FAX:075-321-8690
 E-mail:info@kyo-ajiwaikan.com
京の食文化ミュージアム・あじわい館 ホームページ

[イベントの詳細のお問い合わせ]
食の安心・安全推進課
 TEL:075-414-5652 FAX:075-414-4982

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4074

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?