ホーム > きょうと府民だより > きょうと府民だより2017年6月号 > 特集2 300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊

ここから本文です。

特集2 300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊

新たな日本遺産として認定!

JAPAN HERITAGE

なめらかな光沢と、「シボ」と呼ばれる
細かな凸凹を特長とする「丹後ちりめん」。
2020年に創業300年を迎える、
この美しい絹織物を生産してきた
歴史と文化が、府内3件目の
日本遺産に認定されました。

  • 宮津市
  • 京丹後市
  • 伊根町
  • 与謝野町

ストーリーの概要

 京都府北部の丹後を訪れると、どこからか聞こえてくるガチャガチャという機織りの音。
 丹後は古くから織物の里であり、江戸時代に発祥した絹織物「丹後ちりめん」は、しなやかで染色性に優れ、友禅染などの着物の代表的な生地として、我が国の和装文化を支えてきました。
 この地は今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地であり、織物の営みが育んだ、住居と機場が一体となった機屋や商家、三角屋根の織物工場の町並みと、民謡「宮津節」で歌い継がれた天橋立などの象徴的な風景を巡れば、約300年にわたる織物の歴史と文化を体感することができます。

300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊

 鎮守府横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~

[舞鶴市]

追加認定
  • 「鎮守府のラッパ」
  • 「海軍割烹術参考書」(「海軍厨業管理教科書」を追加)
  • 舞鶴赤れんがパーク等(「揮発油庫」を追加)
  • 海軍防備隊・警備隊砲台群ほか

 日本茶800年の歴史散歩~京都・山城~

[宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、南山城村]

追加認定
  • 小倉地区の茶畑(宇治市)

構成文化財の一例

丹後地域4市町には、これらをはじめ48の構成文化財が点在します。

ちりめん街道[与謝野町]

明治・大正・昭和初期の織物工場・商家などの建物が建ち並び、往時の隆盛を感じる町並みが大切に保存されています。

三河内(みごち)曳山行事[与謝野町]

織物の神を祭神とする、倭文(しどり)神社の祭礼。毎年5月に丹後ちりめんによる繁栄を象徴した12台の屋台が華やかに巡行します。

丹後大仏[伊根町]

丹後ちりめんなどの材料を供給した筒川製糸工場で、大正8年にスペイン風邪で多くの従業員が亡くなり、慰霊のため建立されました。

金刀比羅神社[京丹後市]

丹後ちりめんで栄えた峰山藩主の京極家が創建。境内には糸商人や養蚕家などが建立した木島神社があり、養蚕の大敵ネズミを退治する狛猫が祀られています。

天橋立[宮津市]

丹後ちりめんの産地のシンボルにもなっている丹後地域を象徴する景観地。天駆ける龍のような地形と白砂青松の美しさで、日本三景の一つに数えられています。

Information

日本遺産サミットを開催

日時:7月1日(土曜日)11時~17時、2日(日曜日)10時~15時
場所:けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)(木津川市・精華町)
内容:全国から、ご当地の「誇り」である日本遺産が一堂に集結します

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?