ここから本文です。

特集 命を救うタイムライン

時系列の防災行動で災害に備える。

梅雨、台風の季節を迎えます。
大雨の被害を最小限に抑えるには、施設整備だけでなく、一人ひとりの備えが大切です。
近年、その備えとして注目されているのが、「タイムライン」と呼ばれる防災行動計画。
「いつ」「誰が」「何をするのか」、取るべき行動をあらかじめ時系列で整理しておけば、災害の危険が迫ったときに、素早く、安全に避難することができます。

平成29年台風第21号による福知山市での水害/両丹日日新聞社 提供
平成29年台風第21号による福知山市での水害/両丹日日新聞社 提供

ハリケーン・サンディで実証されたタイムラインの減災効果

 2012年10月末、ハリケーン・サンディが北米東海岸に上陸しました。この災害は、死者132人、経済損失8兆円規模という甚大な被害をもたらした一方で、ニュージャージー州やニューヨーク州では、防災に関わる各組織の対策をあらかじめ時系列で整理した「タイムライン」が減災効果を上げたといわれています。例えばニュージャージー州のバリアアイランドでは、このタイムラインを実践することで早めの対応が奏功し、死者は発生しませんでした。ハリケーンや台風などでは、被害発生までの時間を予想できるため、このような「先を見越した対応」が減災に特に有効であるといえます。

【ニュージャージー州におけるタイムライン】

タイムライン 防災行動
上陸120時間前 防災行動レベルを格上げ
96時間前 住民避難の計画と準備
72時間前 州知事による緊急事態宣言
48時間前 郡と州の避難所準備
36時間前 州知事避難勧告発表
36時間前 郡と州の避難所開設
24時間前 公共交通機関の停止
12時間前 緊急避難指示
3時間前 交通規制終了
0時間前 警察・消防の活動停止、避難

ニューヨークではハリケーン上陸1日前に地下鉄の運行を停止。最短2日で一部区間の運行を再開させました
ニューヨークではハリケーン上陸1日前に地下鉄の運行を停止。最短2日で一部区間の運行を再開させました

京都でも始まっています、タイムラインの作成

 日本でも、減災に有効なタイムラインの作成に2014年から着手しています。
 京都府内では、淀川水系、由良川水系、二級水系(伊佐津川、大手川など)の3圏域で、国や府・市町村などで構成する「減災対策協議会」において、各河川の氾濫や土砂災害に対応するタイムラインの作成を進めています。

西脇知事
西脇知事

【京都府における減災対策協議会の設立】

京都府における減災対策協議会の設立

協議会では減災対策を協議し、タイムライン作成を進めています
協議会では減災対策を協議し、タイムライン作成を進めています

[お問い合わせ]
砂防課
TEL:075-414-5317 FAX:075-432-6312

地域のタイムラインをつくろう

「いつ」「誰が」「何をするのか」をあらかじめ決めておくのが、タイムライン。府は、自主防災組織や消防団、自治会の皆さんに、地域ごとのタイムラインを作成・運用していただくための「水害等避難行動タイムライン作成指針」(※)を取りまとめました。
皆さんで協力してそれぞれの地域に合ったタイムラインを次の4つのステップでつくりましょう。

作成のステップ

ステップ1
府・市町村の動きを知っておこう

  • 気象情報や、府・市町村が発信する情報の流れを確認する
  • 「避難勧告」「避難指示(緊急)」など避難情報の意味を知る

ステップ2
必要な避難行動を検討しよう

  • お住まいの地域の災害リスクを調べ、避難場所・避難経路を確認する
  • 避難を開始する際、誰が、どんな行動を取るのかを整理する

ステップ3
避難行動を開始する目安を検討しよう

  • いつ避難行動を開始するのか「スイッチ」を決めておく

スイッチとは…

スイッチとは…
自主的な避難行動などのきっかけとなる情報や状況(雨量や河川の水位など)を「スイッチ」といいます。スイッチは、家族に高齢者がいる、避難場所が遠いなど、それぞれの事情を踏まえて設定することが大切です。

ステップ4
タイムラインを見直そう

  • タイムラインを活用した訓練や実際の運用を踏まえて、行動に無理が無いかなど、順序やタイミングを点検する

※詳細はホームページ

大規模水害・土砂災害のタイムライン例

雨の降り方などにより、府・市町村などの行動は異なります。以下はあくまでも例としてイメージを示したものです。

気象状況 気象庁 府・市町村 住民
普段からの備え普段からの備え

お住まいの地域の水害や土砂災害のリスクを知ろう

  • 過去の災害を調べる
  • 洪水浸水想定区域や土砂災害警戒区域の場所を調べる
  • 側溝など地域の危険箇所を確認する

お住まいの地域の避難場所・避難経路を確認しよう

詳細は
京都府マルチハザード情報提供システム/市町村ハザードマップ
京都府防災・防犯情報メール

大雨の可能性が高くなる大雨の可能性が高くなる
  • 大雨・土砂災害に関する気象情報
連絡体制の確認「気象状況」に注意

スイッチON

(例)台風の発生を確認

いつでも行動に移れる用意を進めよう

  • 常に最新の情報を入手する
  • 非常持出品を点検する
  • 家の周辺の小物を固定する、または屋内へ収納する
  • 屋根や塀などを点検する
  • 側溝や排水溝は掃除をして水はけを良くしておく

詳細は
洪水警報の危険度分布(気象庁ホームページ)

雨が降り始める雨が降り始める
  • 大雨・土砂災害に関する気象情報

災害警戒本部設置/災害準備体制・災害注意体制
必要地域に「避難準備・高齢者等避難開始」発令

スイッチON

(例)洪水警報の危険度分布」が赤になったことを確認

  • 避難準備・高齢者等避難開始」発令前であっても、高齢者や身体の不自由な方などは早めに避難を開始する

「避難準備・高齢者等避難開始」発令を確認

災害に備えていつでも避難できるように準備

  • 夜間に大雨が予想されたら早めに避難する
  • 豪雨・暴風で移動困難になる前に早めに避難する
  • 高齢者や身体の不自由な方など、避難に時間のかかる方は避難を開始する
雨が強くなる雨が強くなる
  • 大雨・土砂災害に関する気象情報
  • 大雨注意報

災害警戒本部設置/災害準備体制・災害注意体制
必要地域に「避難準備・高齢者等避難開始」発令

大雨となる大雨となる
  • 大雨・土砂災害に関する気象情報
  • 大雨警報

災害警戒本部設置/災害準備体制・災害注意体制
必要地域に「避難準備・高齢者等避難開始」発令

スイッチON

(例)水路から水が溢れ始めるなど異常な現象を発見

  • 「避難勧告」 などが発令前であっ ても、 早めに避難を開始する
大雨が激しくなる大雨が激しくなる
  • 大雨・土砂災害に関する気象情報
  • 大雨警報
  • 土砂災害警戒情報
  • 記録的短時間大雨情報

災害対策本部設置
必要地域に「避難勧告」または「避難指示(緊急)」発令

「避難勧告」「避難指示(緊急)」発令を確認
災害の危険のある区域にお住まいの方は、市町村からの避難情報を見て避難

数十年に一度の大雨になる数十年に一度の大雨になる
  • 大雨・土砂災害に関する気象情報
  • 大雨特別警報
  • 土砂災害警戒情報
  • 記録的短時間大雨情報

特別警報を住民に知らせる
「避難指示(緊急)」または「避難勧告」の対象範囲拡大

「避難指示(緊急)」「避難勧告」発令を確認
直ちに市町村の避難情報に従い、適切な行動を

  • 既に災害が発生している可能性もあり、 市町村が発令する「避難指示(緊急)」などに直ちに従う

避難するときは…

  • 洪水浸水想定区域や土砂災害警戒区域の外の安全な場所に避難する
  • 屋外に出るほうが危険と感じた場合は、上階で崖や沢から離れた部屋に移動する

詳細は

きょうと危機管理WEB
京都府河川防災情報
洪水警報の危険度分布(気象庁ホームページ)

[お問い合わせ]
防災消防企画課
TEL:075-414-4475 FAX:075-414-4477

砂防課
TEL:075-414-5317 FAX:075-432-6312

(1)京都府マルチハザード情報提供システム

洪水による浸水が想定される区域や避難施設の位置などを地図上で確認することができます。「わが家の防災マップ」では、家の周りの災害危険情報が一目でわかります。

京都府マルチハザード情報提供システム

京都府マルチハザード情報提供システム QRコード

[お問い合わせ]
防災消防企画課
TEL:075-414-5619 FAX:075-414-4477
京都府マルチハザード情報提供システム(外部リンク)

市町村ハザードマップ

災害による被害の想定を掲載した「ハザードマップ」を各市町村で作成しています。詳しくは各市町村にお問い合わせください。

■ 京丹後市総務課 TEL:0772-69-0140
■ 伊根町総務課 TEL:0772-32-0501
■ 与謝野町防災安全課 TEL:0772-43-9011
■ 宮津市消防防災課 TEL:0772-45-1605
■ 舞鶴市危機管理・防災課 TEL:0773-66-1089
■ 綾部市防災課 TEL:0773-42-3280
■ 福知山市危機管理室 TEL:0773-24-7503
■ 京丹波町総務課 TEL:0771-82-3800
■ 南丹市総務課 TEL:0771-68-0002
■ 亀岡市自治防災課 TEL:0771-25-5097
■ 京都市防災危機管理室 TEL:075-212-6792
■ 向日市防災安全課 TEL:075-931-1111
■ 長岡京市防災・安全推進室 TEL:075-955-9661
■ 大山崎町政策総務課 TEL:075-956-2101
■ 宇治市危機管理課 TEL:0774-22-3141
■ 久御山町総務課 TEL:075-631-9991
TEL:0774-45-3922
■ 八幡市防災安全課 TEL:075-983-3200
■ 城陽市危機・防災対策課 TEL:0774-56-4045
■ 京田辺市安心まちづくり室 TEL:0774-64-1307
■ 宇治田原町総務課 TEL:0774-88-6631
■ 井手町総務課 TEL:0774-82-6161
■ 和束町総務課 TEL:0774-78-3001
■ 精華町危機管理室 TEL:0774-95-1928
■ 木津川市危機管理課 TEL:0774-75-1206
■ 笠置町総務財政課 TEL:0743-95-2301
■ 南山城村総務課 TEL:0743-93-0102

(2)京都府防災・防犯情報メール

気象情報や防災情報、避難情報などを配信しています。

京都府防災・防犯情報メール
※画像はイメージです

京都府防災・防犯情報メール QRコード

[お問い合わせ]
防災消防企画課
TEL:075-414-5619 FAX:075-414-4477
anzen@k-anshin.pref.kyoto.jpに空メールを送ると登録できます。

(3)京都府河川防災情報

最新の雨量、川の水位、洪水情報および河川防災カメラ情報のほか、大野ダム・畑川ダムの情報を公開しています。

京都府河川防災情報

京都府河川防災情報 QRコード

[お問い合わせ]
砂防課
TEL:075-414-5318 FAX:075-432-6312
ホームページ:http://chisuibousai.pref.kyoto.jp/(外部リンク)

(4)きょうと危機管理Web

京都府河川防災情報や土砂災害警戒情報、市町村から発令される避難情報など、災害時に必要な情報を入手できます。また、防災関係機関などのホームページへのリンクも掲載しています。

きょうと危機管理Web

きょうと危機管理Web QRコード

[お問い合わせ]
防災消防企画課
TEL:075-414-4466 FAX:075-414-4477
ホームページ:http://www.pref.kyoto.jp/kikiweb/

(5)気象庁ホームページ洪水警報の危険度分布

洪水発生の危険度が5段階に色分けされ、河川ごとに地図上で表示されます。

洪水警報の危険度分布
※画像はイメージです

出典:気象庁ホームページ
「洪水警報を改善するための流域雨量指数の精緻化洪水警報の危険度分布の提供」から抜粋

洪水警報を改善するための流域雨量指数の精緻化洪水警報の危険度分布の提供 QRコード

気象庁ホームページ(外部リンク)

家庭のタイムライン「災害・避難カード」をつくろう

タイムラインの要点を押さえた「災害・避難カード」をつくって、地域で共有しましょう。自宅の冷蔵庫など、常に目の付くところに貼っておくと効果的です。

災害・避難カード

[お問い合わせ]
防災消防企画課
TEL:075-414-4475 FAX:075-414-4477

防災TOPICS

赤田川改修・赤田川水門が竣工

 2018年3月17日、木津川市内で進めていた赤田川河川改修および赤田川水門の竣工式を行いました。頻発していた沿川の浸水被害を防ぐため、国と連携して取り組んできた事業です。これらの整備により、赤田川の流下能力が大幅に増大し、浸水被害の軽減が期待されています。

赤田川改修・赤田川水門が竣工

[お問い合わせ]
河川課
TEL:075-414-5285 FAX:075-432-6312

京都学生FAST 活躍中!

 大学生消防防災サークル「京都学生FAST」は、若いチカラで京都の消防防災活動を盛り上げています。府では、こうした取り組みに関心のある学生の活動を支援し、若手消防団員の確保を目指しています。

京都学生FAST 活躍中!

[お問い合わせ]
防災消防企画課
TEL:075-414-4468 FAX:075-414-4477
詳細は:ホームページ

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?