ホーム > きょうと府民だより > きょうと府民だより2018年7月号 > 特集 平成30年度 6月補正予算

ここから本文です。

特集 平成30年度 6月補正予算

希望の京都を、つくる

西脇府政がスタートして初めてとなる今回の予算では、「将来に希望の持てる新しい京都づくり」に向け、京都の魅力をさらに高めるための予算を、3つの観点から編成しました。 また、「明日の京都」の中期計画・地域振興計画が今年度で計画期間の満了を迎えることに伴い、新しい時代の戦略づくりにも着手します。

【予算案の規模】
平成30年度 当初予算
8,519億7,200万円

+

平成30年度 6月補正予算
182億6,520万円

計 8,702億3,720万円

(対前年度当初予算比較 95.1%)
参考(制度改正等の影響を除いた実質比較 101.6%)

安心で暮らしやすい社会の構築

安心で暮らしやすい社会の構築

子育て環境日本一の実現

安心して「出産」できる京都

 周産期などの子育て医療体制を強化し、北部地域の小児科医確保に向けて奨学金枠を拡大。仕事と不妊治療の両立に向けた相談対応窓口の拡充などに取り組みます。

安心して「子育て」できる京都

 保育士確保のための修学支援制度の拡充や、保育環境改善のための整備を支援。また、育児と介護のダブルケアの負担軽減や、短時間正社員制度の導入など多様な働き方の推進にも取り組みます。

詳しくは「こどもの城づくり事業」

先進的な防災・減災対策の強化

 河川や砂防など安心・安全基盤の整備のほか、橋りょう耐震化対策や、原子力災害に備えた広域的な避難路の整備などに取り組みます。

いきいきと暮らせる健康づくり

 市町村や地域、大学と連携して、介護・医療データを活用した健康寿命延伸対策を推進。北部地域の先進医療やリハビリテーションの充実も図ります。

生活の安心と共生社会の実現

くらしの安心・安全の確保

 多様化するネット被害や悪質商法などに対し、啓発など消費者力向上対策を実施。また、交番相談員「地域のセーフティコンシェルジュ」を配置します。

共生社会の実現

 府民公募型整備事業をインフラ長寿命化の観点も加えリニューアルします。また、女性の起業・経営支援、障害者事業所製品の商品力向上などに取り組みます。

学びの安心と次世代の育成など

府立高校生の学びと挑戦を支援

 寄附金を活用して低所得世帯向けの留学支援制度を創設。また、丹後地域の府立高校に遠隔教育システムを導入し、教育の質の維持向上を図ります。

府立学校の改修など

 向日が丘支援学校の改築と共生型地域づくりに向けた基本構想を策定。また、府立高校のトイレを洋式化し、災害時避難所としての活用に備えます。

京都産業の活力向上

京都産業の活力向上

中小企業等の裾野拡大と成長支援

 平成31年春の「京都経済センター(仮称)」開設に向けて、同センターが実施する高度な研修・セミナーが府内各地の拠点でも受けられるネットワークを整備。ものづくり小規模企業の設備投資や企業同士の共同化(シェアリング)を支援します。

京都経済センター(仮称)完成予想図
京都経済センター(仮称)完成予想図

担い手の確保・育成

新卒離職者の再就職を支援

 京都ジョブパーク内に新卒離職者再チャレンジコーナー(仮称)を設置します。

中小企業の事業継続・承継を支援

 経営者の高齢化による不本意廃業を防ぐため、事業承継支援体制を強化します。

丹後地域産業の底上げ

 「丹後・知恵のものづくりパーク」の機能を強化し、人材育成と企業間連携を促進します。

京都観光の次なる展開と京都ブランドの海外進出強化等

「もうひとつの京都」の深化

 「観光戦略総合推進本部」を核として、京都観光戦略を総合的に推進。京の「食」を通じた「もうひとつの京都」づくりの深化や、次世代ガイドシステムの構築などにより、一部地域に集中する観光客の府域への周遊を促進します。

京都ブランドの海外進出を強化

 中小企業の海外展開を促進する京都ショップを、香港、台湾に開設。シンガポールでは「京もの」のPRや試食会を開催します。また、販路拡大に前向きな農業者を後押しするため、GAP認証(農業生産工程管理)の取得を支援します。

宇治茶の新展開

 瓶入り茶や水出し茶など京都らしい宇治茶の開発で、新たな需要を創造します。

スポーツ・文化力による未来の京都づくり

スポーツ・文化力による未来の京都づくり

文化力による未来づくり

京都から世界へ文化を発信

 「アーティストフェア京都」を拡充し、美術・工芸の両分野で新たな取り組みを展開。また、来年日本初となるICOM(国際博物館会議)の京都開催に向け、京都府ミュージアムフォーラムを活用し、府内博物館の魅力を発信します。

地域文化活動支援を強化

 地域アートマネージャーを既設の中丹に加え、府内全域に配置。親子参加型の地域文化活動を支援します。

新行政棟と文化庁移転施設の整備

 府庁3号館の建て替えと、文化庁移転施設の整備を一体的に進めます。

スポーツを通じた活力の創造

 京のアスリートの育成・強化を推進し、市町村の広域的スポーツ施設整備を支援。また、本年10月開催の「KYOTOロングライド」を契機に府南部地域をPRし、観光誘客につなげます。

始まっています!新しい時代への戦略づくり

府政運営の指針となる「明日の京都」中期計画と地域振興計画が、今年度で期間を満了。府では、平成31年秋ごろをめどに、新たな未来戦略を策定します。かつて経験したことのない急速な少子高齢化と本格的な人口減少社会を迎え、多様な行政課題に向けた対応指針とするために、府民の皆さんと共に将来に希望の持てる夢のある新たな戦略づくりを進めていきます。今後の京都府政に、どうぞご期待ください。

西脇知事

[お問い合わせ]
財政課
TEL:075-414-4411 FAX:075-441-7308

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?