ここから本文です。

府政トピックス

子育て支援を拡充・強化
安心して子どもを産み育てられる京都府を目指して

「子育てに関する懇談会」を開催

 西脇知事が子育ての現場を訪ね、頂いたご意見を府政に反映する「子育てに関する懇談会」を、6月16日、八幡市立子ども・子育て支援センターすくすくの杜(もり)で開催しました。
 参加した子育て中の親や保育士、子育て支援に関わるNPOの方からは、「子育ての悩みを共感できる場が必要」「子育ての情報が溢(あふ)れ過ぎている」「男性の育児休暇の取得が進んでいない」といった要望や意見がありました。
 西脇知事は、一人ひとりの意見に耳を傾け、「子どもを育てやすい環境づくりに取り組みたい」と述べました。

意見交換の前、子どもと触れ合う西脇知事
意見交換の前、子どもと触れ合う西脇知事

「子育て環境日本一推進本部」初の会議を開催

 6月21日、西脇知事を本部長とした「子育て環境日本一推進本部」の第一回会議を開催しました。現在、京都府における合計特殊出生率は1.31で、全国で44位。未婚化や晩婚化が進んでおり、総合的な施策が求められています。
 西脇知事は、少子化対策に特効薬は無いとしながらも、「一人ひとりの意識や行動が変わらないといけない」と話し、若者が結婚や子育てについて考える機会の創出や、地域全体で子育て家庭を支える仕組み、ワークライフバランスの推進などを検討の柱とする考えを示しました。

子育てに関わる部局が集まり、支援策などを検討
子育てに関わる部局が集まり、支援策などを検討

[お問い合わせ]
こども総合対策課
TEL:075-414-4631 FAX:075-414-4586

京都市域にあふれる観光客を、京都府域に
「観光戦略総合推進本部」 第一回会議を開催

 6月15日、西脇知事を本部長とした「観光戦略総合推進本部」の第一回会議を開催し、京都市域に集中する観光客を府域に周遊させ、観光消費額を拡大させることについて検討しました。
 広域振興局からは、地域の特産物を生かした観光ルートの設定や、特色ある農家民宿の事例などが報告されたほか、一人当たりの観光消費額の伸び悩みや宿泊施設の誘致について課題が挙げられました。西脇知事は、「京都市の一部に集中する観光客をいかに府域に還流させるかが大事。隣接府県も含めた大きな周遊を考えてほしい」と述べ、観光戦略にデータを活用することも重要だと話しました。今後の観光振興策として、府は、地域づくりを総合的にプロデュースする各DMOと連携し、「食」を切り口とした府域の周遊に取り組んでいくことなどを確認しました。

府内全体への周遊を促すことを推進本部で確認
府内全体への周遊を促すことを推進本部で確認

[お問い合わせ]
観光政策課
TEL:075-414-4854 FAX:075-414-4870

文化庁の全面的な移転を円滑に進めていくことを確認
文化庁宮田長官と初懇談

 6月21日、京都府文化博物館で、西脇知事は就任後初めて宮田文化庁長官と懇談し、遅くとも2021年度中に文化庁が全面的に京都に移転することを踏まえた意見交換を行いました。
 宮田文化庁長官は、法律の改正によって文化庁の機能が強化され、観光やまちづくり、国際交流など幅広い文化政策の中核的な役割を担うことになったことに触れ、「文化庁だけでやれるものではない。知事も先頭を切って取り組んでいただきたい」と期待を込めると、西脇知事は、「長官におかれても、頻繁に京都に来ていただければ」と話し、改めて全面的な移転に向け協力していくことを確認しました。

文化庁の全面的な移転について協力して進めていくことを確認し合う宮田文化庁長官と西脇知事
文化庁の全面的な移転について協力して進めていくことを確認し合う宮田文化庁長官と西脇知事

[お問い合わせ]
文化政策課
TEL:075-414-4215 FAX:075-414-4223

各分野で活躍されている方々を表彰
京都府開庁150年記念式典を開催

 1868(慶応4)年に京都府が開設されてから今年で150年を迎えるに当たり、6月19日、京都府立府民ホールにおいて記念式典を開催しました。
 式典では、長年にわたり府の発展に貢献された元内閣官房長官の故野中廣務氏や京セラ株式会社名誉会長の稲盛和夫氏、茶道裏千家前家元の千玄室(せんげんしつ)氏、株式会社島津製作所に、京都府開庁150年記念特別功労表彰を授与。そのほか、府の発展や地域振興などに貢献いただいた個人・団体を表彰しました。
 また、表彰式に先立ち、西脇知事は、東京奠都(てんと)で衰退した京都を復活させた先人たちの取り組みを紹介し、「人口減少など困難な課題に直面した今こそ、先人たちの理念を受け継ぎ、これからの京都府を築いていく」と決意を述べました。

知事から表彰状を受け取る稲盛和夫氏
知事から表彰状を受け取る稲盛和夫氏

[お問い合わせ]
総務調整課
TEL:075-414-4033 FAX:075-414-4048

平成30年7月豪雨等による被害からの復旧・復興に向けて、全力を挙げます。

 平成30年7月豪雨災害でお亡くなりになった方に対しお悔やみを申し上げますとともに、被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
 京都府内においては、死者や負傷者がでたほか、鉄道や道路の寸断、住家の全半壊や浸水、農林水産業への影響など甚大な被害を受けました。
 7月9日、西脇知事は、被災した綾部市、舞鶴市、宮津市、福知山市、亀岡市、京都市の各地域を視察し、今後の復旧や被災者の生活支援を急ぐこととし、6月第2次補正予算を編成しました。

知事視察の様子
知事視察の様子

道路崩落の現場
道路崩落の現場

[寄附金について]

 ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で寄附金を募集しています。一日も早い復旧・復興のため、ご協力をお願いします。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」

[お問い合わせ]
府民総務課
TEL:075-414-4209 FAX:075-414-4255

平成30年度6月第2次補正予算
(106億4100万円)

被災者の生活再建支援

  • 被災住宅再建経費の助成および融資利子補給。
  • 被災地域における消毒活動、健康相談等の支援。

中小企業・農業者の復興支援

  • 設備の更新等に対する助成など、被災された中小企業等に対する支援。
  • 農業用機械の更新等に対する助成など、被災された農業者等に対する支援。

社会基盤・府民利用施設等の災害復旧等

  • 道路、河川、北近畿タンゴ鉄道施設、ほ場、林道、文化財、自然公園などの災害復旧。
  • 砂防・治山事業など緊急災害防止対策。

大阪府北部を震源とする地震に係る対応

 被災住宅の復旧・耐震化に向けた助成要件緩和、ブロック塀の倒壊対策に係る相談窓口設置等、予備費等を活用しながら支援しています。

[お問い合わせ]
財政課
TEL:075-414-4411 FAX:075-441-7308

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?