ここから本文です。

特集2 明治150年 京都創生

挑戦の伝統、次なる未来へ

今年は、明治維新、そして京都府開庁から150年の節目。
明治時代、人々は幾多の危機を乗り越え、現在の京都を築いてきました。
その挑戦の伝統を振り返りながら、「明治150年 京都創生」のキャッチフレーズのもと産・学・公が一体となって、京都の未来を考えていきます。

挑戦の伝統、次なる未来へ 明治150年 京都創生
画像の拡大表示はこちら(JPG)

人づくりと文化力で希望の持てる京都へ

 明治元年の東京奠都(てんと)では、多くの人や産業が東京へ移り、京都はかつてない大きな危機に直面しました。
 そのような明治期の激動の時代にあっても、京都府は、日本初の小学校や女学校の開校、大学の誘致、人づくりを中心に府政を進めました。さらに、琵琶湖疏水の建設や西陣織、茶業などさまざまな分野で西洋の技術を取り入れるなど新たな取り組みを進め、京都を復活させました。これが京都府政の原点であります。
 この150年の節目にあたって、多角的なイノベーションを生み出す京都の土壌を再考するとともに、未来に向かって新しい人づくりと文化力によって京都の魅力をさらに高める取り組みを進めてまいります。将来に希望の持てる新しい京都づくりに意気揚々と歩みを進めましょう。

京都府知事 西脇 隆俊

京都府知事 西脇 隆俊

「明治150年 京都創生」ロゴマークについて

「明治150年 京都創生」ロゴマークについて
明治期に建設され、官公庁で現役最古の建物である京都府庁旧本館。
そのシルエットを「明治150」の文字で構成しました。

[お問い合わせ]
企画総務課
TEL:075-414-4336 FAX:075-414-4389

いざ、京都創生イベントへ
歴史に学び、未来を考えよう

「明治150年 京都創生」の取り組みが、この秋、目白押し。
伝統工芸から最先端テクノロジーに至るまで、産・学・公が連携したさまざまなイベントで、新しい京都づくりをはじめませんか。

  • [産] 民間企業と連携した企画
  • [学] 大学と連携した企画
  • [公] 府の企画

[学] 大学発の創造力で日本を支える

 本学は、明治維新後の日本、京都の産業を技術の近代化で支えてきました。21世紀のグローバル社会においても、京都を中心とした産業界のイノベーションを牽引し、その実装化に寄与する研究・人材育成活動を展開します。未来の京都は、文化と伝統とイノベーションの場として、今以上に国内外に認知されているはずです。

京都工芸繊維大学 学長 森迫 清貴 氏

京都工芸繊維大学 学長 森迫 清貴

[産] 持続可能な未来をここ京都から

 島津製作所は明治維新後間もない1875年に初代島津源蔵が木屋町二条で創業して以降、「科学技術で社会に貢献する」を社是に事業を進めてまいりました。昔も今も京都の産業を支えてきたのは技術力・創造力であり、持続的な未来社会を実現できるよう産・学・公の連携をいっそう推進していきます。

株式会社島津製作所 代表取締役 上田 輝久 氏

株式会社島津製作所 代表取締役 上田 輝久

通年
通年 [学]
医科大学の歴史常設展
場所 府立医科大学(上京区)
9月
9月4日~11月4日 [学]
企画展「京都大学の西田幾多郎」
場所 京都大学(左京区)
9月5日~9日 [産]
いかるが明治150年展
場所 グンゼ博物苑(綾部市)
9月22日~1月29日 [産]
企画展 「Love Tabi展
~時代とハートをうごかす列車旅~」
場所 京都鉄道博物館(下京区)
10月~12月
10月1日~12日 [学]
企画展示
「明治期における四大学
~その歩みと近代京都の発展への貢献~」
場所 京都府立大学(左京区)
10月1日~27日 [学]
企画展
「掌のなかの図案─近代京都と染織図案(2)」
場所 京都工芸繊維大学(左京区)
10月3日~13日・18日 [学]
特別展観「大谷光瑞師の構想と居住空間」
場所 龍谷大学大宮キャンパス本館展観室(下京区)
※6日 大宮キャンパスで関連シンポジウム開催
10月4日・5日 [産]
京都スマートシティエキスポ2018
場所 けいはんなオープンイノベーションセンター
(木津川市・精華町)ほか
10月6日 [産]・[学]・[公]
メインイベント
展示中~7日 [学]
企画展「新島襄の顔」
場所 (同志社大学(上京区)
10月7日 [学]
京都学生祭典
場所 岡崎一帯(左京区)
10月13日 [産]
本社見学会─歴史的機器と最新機器の展示
場所 島津製作所 本社・三条工場(中京区)
10月19日~21日 [産]
響き、味わう、文化の祭典 『時の響』
場所 京都コンサートホール、北山周辺エリア(左京区)
10月20日 [学]
公開講座
場所 京都薬科大学(山科区)
10月20日 [学]
京都産業大学シンポジウム
「祇園に生きる─花街の文化─」
場所 京都産業大学むすびわざ館(下京区)
下旬 [産]
京都新光悦村秋まつり
場所 京都新光悦村(南丹市)
10月27日・28日 [産]
文明開化のロマンと
フォトジェニックな海の京都の旅!
場所 グンゼ記念館(綾部市)、赤れんがパーク(舞鶴市)ほか
10月27日~11月4日 [公]
京都ヒストリカ国際映画祭
場所 京都文化博物館(中京区)
11月17日・18日 [産]
太秦上洛まつり
場所 東映太秦映画村(右京区)
11月10日~12月24日 [公]
伝統と創生の美
─京都府無形文化財保持者を中心に─
場所 京都文化博物館(中京区)
1月~2月
1月19日~2月3日 [公]
Kyoto Art for Tomorrow 2019
─京都府新鋭選抜展─
場所 京都文化博物館(中京区)
3月
3月2日・3日 [公]
ARTISTS, FAIR KYOTO 2019
場所 京都文化博物館別館(中京区)ほか
上旬 [公]
京都デジタルアミューズメントアワード
場所 京都市内予定
上旬 [公]
京都・和食の祭典
場所 京都市内予定

10月6日(土曜日)
明治150年京都創生フェスティバル

場所 京都学・歴彩館、府立大学(左京区)、府立医科大学(上京区)ほか

【記念式典】
内容 オープニングセレモニー、基調講演、産・学・公のトップリーダーらによるパネルディスカッションなど

【大学等 研究活動紹介・小中高生向け体験教室】
内容 京都4大学(京都工芸繊維大学、京都薬科大学、府立大学、府立医科大学)の研究成果や歴史などの展示、科学実験体験、七宝焼体験など。府立医科大学会場(オープンホスピタル・看護学科オープンキャンパスと同時開催)では、病院施設や陽子線がん治療施設などの公開、公開講座開催

【にぎわい・文化交流ゾーン】
内容 京都伝統の食や明治期から続く老舗の逸品のブース出店、「もうひとつの京都(海、森、お茶の京都、竹の里・乙訓)」の特産品のブース、宇治茶BAR、府内市町村のご当地キャラクターによるイベントなど

申し込み方法やそのほかイベントは
明治150年 京都創生

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?