ここから本文です。

特集2 平成29年度決算

足もとを固め、さらなる飛躍へ

平成29年度の決算は、景気の回復基調を受けて府税が増収となった一方で、社会保障関係経費(民生費など)は増加。しかしながら、決算規模は、府費負担教職員制度の見直し(京都市への移管)に伴い、前年度と比較すると歳入・歳出ともに減少しました。
「共生社会の実現」「定住・交流促進」「防災・減災対策」を中心とした施策にきめ細やかに取り組みました。

【歳 入】

歳入

【歳 出】

歳出

【府債残高の状況】

府債残高の状況

※返済資金について国から財源措置のある府債等(臨時財政対策債等)の残高

主な事業

共生社会の実現共生社会の実現

きょうとこどもの城づくり事業[約1.0億円]

子どもたちが自分の家のように安心して過ごせる場所を作り、育ちや学びをサポートする取り組みを支援。

きょうとこどもの城づくり事業

障害者共生推進事業[約4.0億円]

農福連携に取り組む事業所への支援、障害者の雇用サポートなどの取り組みを推進。

障害者共生推進事業

きょうと農福連携センター
きょうと農福連携センター

農福連携マルシェの様子
農福連携マルシェの様子

高齢者安心社会実現事業[約2.0億円]

在宅療養支援の強化や、認知症総合センターの機能強化、福祉人材の確保などを推進。

高齢者安心社会実現事業

定住・交流促進定住・交流促進

「お茶の京都博」開催事業[約2.2億円]

山城地域のにぎわいと交流の場を創出し、観光活性化と産業振興を推進。

「お茶の京都博」開催事業

「お茶の京都博」開催事業

アーティストフェア京都開催事業[約0.2億円]

アーティスト自身が企画し、出展者として参加する新たな形のアートフェアを初開催。

アーティストフェア京都開催事業

アーティストフェア京都開催事業

京都移住促進プロジェクト事業[約1.5億円]

「住」×「職」のパッケージ支援により、府内への移住を促進。

京都移住促進プロジェクト事業

京都舞鶴港「海の京都駅」推進事業[約0.5億円]

クルーズ船寄港回数の増加に対応できる観光拠点施設を整備。

京都舞鶴港「海の京都駅」推進事業

その他その他

防災・減災対策関連事業[約286.2億円]

由良川水系、淀川水系などの治水対策や、地震対策などを推進。初めて国の電源立地地域対策交付金を活用した避難路整備などの原子力防災対策も。

東舞鶴河辺川掘削現場
東舞鶴河辺川掘削現場

「企業の森」事業[約6.3億円]

企業グループの新たな事業展開、国内外への販路開拓を後押しし、新たな産業文化を創生。

「企業の森」事業

文化財保護緊急強化事業[約2.4億円]

府独自の「暫定登録文化財制度」を創設し、保存修理や防災対策への助成などを実施。

文化財保護緊急強化事業

府民利用施設の充実(金額は総事業費)

茶業研究所[約14億円]

先進的な技術開発機能を強化し、宇治茶の新たな価値を創出する拠点に。

茶業研究所

北部産業創造センター[約8.6億円]

北部ものづくり企業の成長発展、新産業の創出を目指して整備。

北部産業創造センター

堂本印象美術館[約3.3億円]

創立50周年にあたり、イベント広場やカフェを新設してリニューアル。

堂本印象美術館

京都丹波高原国定公園ビジターセンター[約1.6億円]

国定公園の自然や歴史文化の発信拠点として整備。ガイドツアーの案内も。

京都丹波高原国定公園ビジターセンター

青少年海洋センター[約1.1億円]

野外炊事施設、ボルダリング場などを整備。スポーツや体験型観光の拠点に。

青少年海洋センター

STIHLの森 京都[約0.3億円]

オートキャンプ場として改修し、区画数を倍増。「森の京都」の活動拠点に。

STIHLの森 京都

最先端がん治療研究施設[寄附]

陽子線によるがん治療室などを備えた施設が府立医科大学に完成。

最先端がん治療研究施設

[お問い合わせ]
財政課
TEL:075-414-4421 FAX:075-441-7308

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?