ホーム > きょうと府民だより > きょうと府民だより2018年12月号 > 特集1 DV(ドメスティック・バイオレンス)

ここから本文です。

特集1 DV(ドメスティック・バイオレンス)

大切な人を傷つけないために

今年は世界人権宣言70周年

12月4日~10日は人権週間です

今年は、世界人権宣言が国連で採択されて70周年の節目です。
身近な人権問題の一つに、DV(ドメスティック・バイオレンス)があります。
これは、主に配偶者や恋人など親密な間柄で起こる暴力のことであり、重大な人権侵害です。
府内でも、被害・加害の相談件数が増加しています。
府では、DVやデートDVの防止に向けた啓発活動や、相談窓口の設置などDVに悩むすべての人の支援に力を入れています。
この機会に、改めて人権について考えましょう。

大切な人を傷つけないために

府内の成人女性の約4割 男性の約3割がDV被害を経験

 平成30年度に府が府内に在住の満20歳以上の男女を対象に行った調査によると、女性の41.2%、男性の32.4%が「配偶者などから暴力を受けたことがある」と回答(図1)。府の配偶者暴力相談支援センターの相談件数は、平成29年度には過去最多の5,964件となり、DVへの対策が急務となっています。

図1 DVの被害経験

■配偶者などから
DVの被害経験(配偶者などから)

■交際相手から(デートDV)
DVの被害経験(交際相手から)



図2 配偶者などからDVを受けた時どうしたか

配偶者などからDVを受けた時どうしたか

別れなかった理由(複数回答)

  • 別れるほどのことではないと思った…47.6%
  • 子どものことを考えたから…33.7%
  • 別れたら生活していく目処が立たない…19.6%


もはや他人事ではない!! 多様化するDVのかたち

 DVは、身体的暴力だけではありません。心理的暴力や、性的な強要、経済的な圧迫もそれに当たり、男性が被害者となるケースもあります。さらに、子どもの前でのDVは、児童虐待にも当たります。
 被害者・加害者ともに自分では気付きにくいことも、特徴の一つ。DVについて間違った理解をしていないか、お互いに確かめてみましょう。

京都府人権啓発キャラクター「じんくん」
京都府 人権啓発キャラクター
「じんくん」

夫婦間DV

配偶者や内縁関係などの間で起こる暴力のこと。子どもの前でのDVは、面前DVと呼ばれ、子どもが心に傷を負うこともあります。
夫婦間DV

デートDV

交際中のカップル間で起こる暴力のこと。「愛しているなら、相手が自分の思う通りになって当然」と考え、コントロールしようとする態度や行動のことをいいます。
デートDV

男性へのDV

殴る・蹴るといった身体的暴力は少ないものの、精神的に恐怖を与える嫌がらせや脅迫、金銭的負担の強要などの被害が多い傾向があります。
男性へのDV

心理的な暴力

  • 無視する
  • 行動を監視・制限する
  • スマホをチェックする…など

性的な強要

  • 嫌がっているのに性行為を強要する
  • 裸の画像を撮影・拡散する
  • 避妊に協力しない…など

経済的な圧迫

  • 生活費を渡さない
  • デート代を全て払わせる
  • 借りたお金を返さない…など

経済的な圧迫

図3 配偶者などからのDV被害を相談しなかった理由(複数回答)

配偶者などからのDV被害を相談しなかった理由

※図1~3の出典はいずれも京都府 平成30年「配偶者等からの暴力に関する調査」より

自分らしく生きるために ~DVの根絶を目指して~

 DVは、親密な関係の中で起こるため、被害を受けている本人自身も気付きにくい。また、それを相談しにくい心理状態や状況にあります。なぜなら、加害者は身近な人であり、暴力と優しい言葉を使い分けて、被害者を支配下に置くからです。
 この支配から抜け出すためには、自分を見つめ直し、被害・加害を自覚することが必要で、そのトラウマの克服も、一人きりでは困難です。
 私たちは、当事者やそのお子さんのカウンセリング、当事者同士のグループワークなどを行い、自身の心を整理し、一歩前へ進むプロセスを支援しています。
 相談者の秘密は堅く守られますので、まずは専門機関に相談してください。
 そして、DVを防止するためには、一人ひとりがお互いを尊重し、誰もが自分らしく生きることが大切です。

ウィメンズカウンセリング京都代表
井上摩耶子さん
ウィメンズカウンセリング京都代表
井上摩耶子さん

「これはDVでは?」と思ったらご相談ください

全国統一ダイヤル
TEL:0570-0-55210(ここにでんわ)

 お近くの相談機関の窓口に自動転送され直接ご相談いただくことができます

DVに関する専門の相談窓口

相談機関 電話番号 開設日・時間(面接・来所相談は要予約)
京都府
家庭支援総合センター
DV・女性相談専用電話
TEL:075-531-9910
電話・面接相談
日時 毎日9時~20時
京都府
南部家庭支援センター(宇治児童相談所)
DV・女性相談専用電話
TEL:0774-43-9911
電話・面接相談
日時 (月曜日~金曜日)9時~17時(祝日・年末年始を除く)
京都府
北部家庭支援センター(福知山児童相談所)
DV・女性相談専用電話
TEL:0773-22-9911
電話・面接相談
日時 (月曜日~金曜日)9時~17時(祝日・年末年始を除く)
京都市
DV相談支援センター
TEL:075-874-4971
〈受付時間外〉緊急ホットライン
TEL:075-874-7051
電話・面接相談
日時 (月曜日~土曜日)9時~17時15分(祝日・年末年始を除く)
京都府警察総合相談室(京都府警察本部)
または京都府内各警察署
TEL:075-414-0110
短縮ダイヤル#9110
電話・面接相談(緊急時は随時110番へ)
日時 (月曜日~金曜日)9時~17時45分(祝日・年末年始を除く)
京都府
男女共同参画センター らら京都
女性相談
TEL:075-692-3437
電話・面接相談
日時 (月曜日・火曜日)10時~19時 
(木曜日・金曜日・土曜日)10時~18時(祝日・年末年始を除く)
京都市
男女共同参画センター ウィングス京都
女性への暴力相談(面接)
TEL:075-212-7830
完全予約制
日時 (月曜日・木曜日・金曜日・土曜日)11時~18時 (火曜日)11時~19時30分(祝日・年末年始を除く)
京都市
男性のためのDV電話相談
TEL:075-277-1326 日時 第2・4(火曜日)19時~20時30分
  (祝日・年末年始を除く)
京都YWCA・APT
外国人のための相談電話
TEL:075-451-6522
タイ語、フィリピン語、英語、中国語による相談
日時 (月曜日)13時~16時 (火曜日)15時~18時
タイ語、フィリピン語、英語、中国語による相談
京都性暴力被害者 ワンストップ相談支援センター
京都SARA(サラ)
性暴力に関する相談
TEL:075-222-7711
電話・来所相談
日時 10時~22時(年中無休)
京都ストーカー相談支援センター TEL:075-415-1124 電話・面接・インターネット相談
日時 (月曜日~金曜日)9時~19時(祝日・年末年始を除く)

[お問い合わせ]
男女共同参画課 
TEL:075-414-4291 FAX:075-414-4293

 

人権インフォメーション

一緒に歌いませんか!
「世界がひとつの家族のように」広め隊

地域のイベントや学校・幼稚園など、あなたのまちに、作詞・作曲家、プロの歌手など「広め隊」が伺います。

「世界がひとつの家族のように」広め隊

  • 京都府人権啓発イメージソング「世界がひとつの家族のように」
  • 子ども向けサブソング「えがおのおくりもの」
  • 紙芝居・ぬり絵コーナーなど

大人から子どもまで、楽しく、親しめる人権啓発活動を行っています。 お問い合わせは下記まで。

[お問い合わせ]
人権啓発推進室
TEL:075-414-4271 FAX:075-414-4268

ご参加ください!
人権フォーラム「LGBTなど性的少数者の人権問題について」

LGBT(性的少数者)に関する若者の意識や取り組みについて紹介します。コーディネーターは、金沢大学 谷口洋幸准教授。

日時 1月20日(日曜日)13時30分~16時
場所 キャンパスプラザ京都(下京区) 
定員 250人
受付 1月17日までに電話・FAX・メール(先着順)

[お問い合わせ]
公益財団法人 世界人権問題研究センター
TEL:075-231-2600 FAX:075-231-2750
メール:jinken@khrri.or.jp

ご参加ください!
DV自立支援グループワーク南部

DV被害に悩む女性同士が語り合いながら、自身の心を整理することで、一歩前へ進むきっかけづくりをする場です。

日時 1月16日(水曜日)、23日(水曜日)、30日(水曜日)

詳しくは「くらし情報ガイドの催し」をご覧ください。

[お問い合わせ]
人権啓発推進室
TEL:075-414-4271 FAX:075-414-4268

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?