ここから本文です。

特集2 統計で見る京都府

私たちは今、少子高齢化や環境破壊など、多くの課題に直面しています。
これらの課題を解決するための糸口となるのが、人口や経済、社会、文化、環境などに関する統計データです。
実際に、統計と府の施策がどのように結び付いているかを、主な例で見てみましょう。

どこまで上がる?夏の気温~奪われる体力 暑さと熱中症の関係について~
 京都市立西京極中学校1年  小原 幸大さん
▲どこまで上がる?夏の気温
 ~奪われる体力 
  暑さと熱中症の関係について~
 京都市立西京極中学校1年
 小原 幸大さん

ことわざのみりょく発見 精華町立山田荘小学校4年 氏家 奏凪さん
▲ことわざのみりょく発見
 精華町立山田荘小学校4年
 氏家 奏凪さん

Personality 京都学園中学校3年 足立 侑享咲さん
▲Personality
 京都学園中学校3年
 足立 侑享咲さん

日吉ダムが大活躍!? ~H25の台風18号と西日本豪雨の違いを比べて~ 京都府立清明高等学校2年
 岡本 侑奈さん・高屋 ひよりさん
▲日吉ダムが大活躍!?
 ~H25の台風18号と西日本豪雨の違いを比べて~
 京都府立清明高等学校2年
 岡本 侑奈さん・高屋 ひよりさん

備えて 守る 京都丹波の自然・文化 南丹市立園部小学校6年 越浦 綾音さん
▲備えて 守る 京都丹波の自然・文化
 南丹市立園部小学校6年
 越浦 綾音さん

いえでとれたトマトのおもさは? 京都市立嵯峨小学校1年 森野 花菜さん
▲いえでとれたトマトのおもさは?
 京都市立嵯峨小学校1年
 森野 花菜さん

府では毎年、統計グラフコンクールを開催しています。このページに掲載の作品は、2018年度同コンクールで知事賞を受賞しました。
詳しくはホームページ

京都府統計グラフコンクール入賞作品集

重要文化財の建造物数
京都が全国一位!

重要文化財の建造物数京都が全国一位!

 府内には、美術工芸品など数多くの重要文化財が存在し、特に建造物は全国で一番多い299件(全体の12%)。このほか、府や府内市町村が指定・登録している文化財は約2,300件に上ります。
 これら私たちの身近にある貴重な文化財を守るため、府は、ふるさと納税を活用した基金や暫定登録文化財の制度を創設し、修復、保存、防災などの取り組みを進めています。

重要文化財(国宝を含む)の建造物数

…重要文化財(国宝を含む)の建造物数※1

※1)文化庁「国宝・重要文化財都道府県別指定件数一覧(2018年10月1日現在)」より

ふるさと納税で文化財を守ろう

 文化財の保護のため、府では「ふるさと納税」を活用した基金を設置。ご寄附いただいた方には、京都ならではの体験をご用意しています。これまでに、全国から約1億7,500万円のご寄附をいただき、修復や保存のために活用しています。

寄附方法については「くらし情報ガイドのお知らせページ」をご覧ください。

[お問い合わせ]
文教課
TEL:075-414-4521 FAX:075-414-4523

未来の文化財も守っています

 近年頻発する災害からの保護を図るため、2017年度に「暫定登録文化財」の制度を創設。将来、国・府の指定等になる可能性のある文化財を登録し、保護の裾野を広げています。これは全国初の取り組みで、現在、1,016件を登録しています。

府立園部高等学校巽櫓(旧園部城巽櫓)
府立園部高等学校巽櫓(旧園部城巽櫓)

[お問い合わせ]
文化財保護課
TEL:075-414-5896 FAX:075-414-5897

皆さまのご理解により
認知症サポーター右肩上がりで増加中!

皆さまのご理解により認知症サポーター右肩上がりで増加中!

 2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると見込まれているなか、府は、地域の方々に認知症への理解を深めていただくため「認知症サポーター」の養成を推進。その活動の場を広げています(養成講座について詳しくは「くらし情報ガイドの催しページ」をご覧ください)。
 また、日頃の声掛けや情報発信などを通じて地域の高齢者の暮らしを支援する「高齢者あんしんサポート企業」への登録も年々増加し、2,700以上の事業所が参画しています。

皆さまのご理解により認知症サポーター右肩上がりで増加中!
…府内の認知症サポーター数※2

※2)全国キャラバン・メイト連絡協議会公表資料より
※3)京都地域包括ケア推進機構「新・京都式オレンジプラン」より

認知症サポーター各地で活躍中

 認知症サポーターの方々に活動していただくため、圏域ごとに結成した「オレンジロードつなげ隊」。認知症の正しい理解を広める街頭啓発や講演会などを行い、各地域の特性に応じてさまざまな活動を展開しています。
 皆さんも「つなげ隊」の活動の場に足を運んでみませんか?

認知症サポーター各地で活躍中

精華町あんしん見守りシンポジウム

日時 2月3日(日曜日)13時30分~15時30分
場所 精華町地域福祉センターかしのき苑
内容 認知症当事者(丹野 智文氏)による講演など

[お問い合わせ]
精華町福祉課
TEL:0774-95-1904 

高齢者支援課
TEL:075-414-4573 FAX:075-414-4572
ホームページ(外部リンク)

つなげ隊の活動報告はこちら

京都モデルフォレスト運動の
参加者数が拡大中!

京都モデルフォレスト運動の参加者数が拡大中!

 地球温暖化の防止や生物多様性の保全など多面的機能を担う森林。府の約75%を占める森を守り育てるため、森林の間伐や手入れ不足の竹林の伐採などを府民みんなで取り組む京都モデルフォレスト運動は、2016年に10周年を迎え、参加者が延べ2万人を突破しました。翌年は台風来襲など悪条件の中、過去2番目の参加者数を記録。
 活動後にBBQで地域との交流を図るなど、内容も広がっています。皆さんも、森を育む活動に参加してみませんか?

京都モデルフォレスト運動の参加者数が拡大中!
…京都モデルフォレスト運動 延べ参加人数(年間)※4

※4)府ホームページ「府民ぐるみで京都モデルフォレスト運動を進めよう!」
ホームページより

山キッズ育成中

 次代の森林づくりを担う青少年の育成を目的に、京都モデルフォレスト運動に参画している企業・団体の子どもたちと「緑の少年団」が、一緒に森林や環境について学習する体験型イベント(京都山キッズ交流会)を「豊かな森を育てる府民税」の一部を活用して開催しています。

山キッズ育成中

モデルフォレスト運動とは

1992年にカナダが提唱した「森林を核とする持続可能な地域づくりの実践活動」。日本では唯一、京都府が取り組んでいます。

[お問い合わせ]
森づくり推進課
TEL:075-414-5005 FAX:075-414-5010

もっと統計に親しんでみませんか?

活用されています! 統計調査結果

全国、地域の社会経済の実態を捉えるため、国勢調査、労働力調査、経済センサス、家計調査などの統計調査が、人口・世帯、企業活動、就業状況、家計、物価など多岐にわたる分野で行われています。調査結果は、少子・高齢化対策、雇用政策、産業振興施策、社会福祉など幅広い分野で活用されています。統計調査の重要性をご理解いただき、ご協力をお願いします。

京都データストア(オープンデータポータルサイト)

ICT(情報通信技術)の進展により、ビッグデータの利活用が求められています。統計調査結果については、使いやすい形での提供によりオープンデータの推進に努めています。

ホームページ(外部リンク)

京都データストア(オープンデータポータルサイト)

京都府統計なび

府のさまざまな統計情報を、分野・50音・組織名から検索できるサイトです。

ホームページ

京都府統計なび

統計でみる府民のくらし

府の幅広い分野にわたって統計データをグラフ化し、分かりやすく解説した冊子で、学校等教育現場や市町村、府機関などで幅広く活用されています。(毎年発行)

ホームページ

統計でみる府民のくらし

Statistics for Kids

Statistics for Kids

児童・生徒が統計に触れる機会を作ることで、情報を正しく読み解く力や、その意味を解釈する力、説明する力を養います。

統計こどもページ

府の主な統計データをカラフルなグラフやイラストを用い、小・中学生にも分かりやすく解説しています。

ホームページ

統計こどもページ

統計ワンポイント出前講座

企画統計課の職員が小・中学校などへ出向き、統計クイズなどを交えながら、統計の見方や作り方をレクチャーします。

ホームページ

統計ワンポイント出前講座

[お問い合わせ]
企画統計課
TEL:075-414-4487 FAX:075-414-4482

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?