ホーム > きょうと府民だより > きょうと府民だより2019年5月号 > 特集1 ここから始まる京都経済百年の計

ここから本文です。

特集1 ここから始まる京都経済百年の計

京都経済センター始動

京都経済センター始動

平成31年3月16日、京都のビジネスエリアの中心地、四条室町に「京都経済センター」が誕生しました。
京都の経済団体や産業支援機関が一堂に集結することによって、経営相談や金融支援など、府内の中小企業が抱える多様な課題へのワンストップ支援が可能になります。
さらに、起業支援やキャリアアップ支援を実施し、次なる100年を見据えた産業振興や人材育成などに取り組み、京都経済の発展を目指していきます。

京都経済センター地図  京都経済センター外観

北山杉をはじめ府内産木材を使用し、織物や竹細工をイメージした外観

オープニングセレモニー

オープニングセレモニー
西脇知事、立石理事長らが参加して行われた開業記念のテープカットの様子

京都経済センター

3F

オープンイノベーションカフェ

オープンイノベーションカフェ
起業を目指す方、クリエイター、伝統産業の職人などが気軽に集まって交流・連携ができる場に。スタートアップ支援も実施し、ベンチャー企業を育成

貸会議実

貸会議室
3階は各事務所も貸会議室も明るく開放的なガラス張り

受付カウンター

受付カウンター
京都の年中行事を代表する祇園祭の様子が染められた京友禅ガラスが迎えてくれる同センターの総合受付

6F

貸会議室

貸会議室
3、4、6階に、参加人数に合わせて使い分けられる大小さまざまな貸会議室(全23室)を設置

貸会議室のご利用方法
小規模な打ち合わせから会議、セミナーなど、最大273人まで幅広く対応可能。利用の申し込みは、予約サイト(外部リンク)から

京都経済センター支所

[お問い合わせ]

(公益財団法人)京都産業21 京都経済センター支所
TEL 075-708-3333
FAX 075-708-3262
ホームページ(外部リンク)
京都経済センターのqrコード

フリースぺース

フリースペース
館内の随所にさまざまなスペースが点在。気楽に「思いつき」を語り合い、新しい発想を広げる場に

B1F-2F

SUINA 室町

地下鉄「四条」駅、阪急「烏丸」駅に直結し、誰もが気軽に立ち寄ることができる商業施設。
多彩な店舗が並び、連日にぎわいを見せています。
各店舗の営業時間など詳しくはホームページ(外部リンク)
SUINA 室町のqrコード

きものステーション・京都

きものステーション・京都
最先端の和装カルチャー発信拠点。きものの購入や手入れなどについて気軽に相談できる

大垣書店

大垣書店
「旬の京都」をテーマに京の文化と情報を発信。ビジネス・経済関連の品ぞろえも充実

飲食店・フードホール

飲食店・フードホール
地下1階には和食やバルなど6店舗が並ぶフードホール、1階にはカフェや串焼きなど8店舗がある

ポケモンセンターキョウト

ポケモンセンターキョウト
「ポケモン」のオフィシャルショップ。ここでしか買えない限定グッズも登場
©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です

※他にもCHIKIRIYA GARDEN(生花店)、モリタ屋クオリティフードマーケット(食料品店)、京都コンビニよろずがラインナップ

京都経済センターの主な機能

スタートアップ支援

起業を目指す方に対して、先輩経営者や支援機関スタッフなどと交流・相談できる場(オープンイノベーションカフェ)を提供し、スタートアップを支援します。

スタートアップ支援モデル

相談

中小企業応援隊やコンシェルジュが常時相談対応

下矢印

アイデアソンやワークショップなどへの参加

起業への思いや計画を、より具体化し、高めていく

PICK UP1 学びと交流を通し、起業意欲を高める

アイデアソン、ワークショップ、セミナーなどを開催し、仲間や支援者との交流を促進し、起業意欲の向上を図ります。「アイデアソン」とは、アイデアとマラソンを掛け合わせた造語で、グループディスカッションを通し、新たなアイデアを創り出します

グループディスカッションの様子

これまでの開催例

●京商フューチャーセッション(3月24日)
一部では京都で活躍中の若手起業家・経営者による講演、
二部では約50名の参加者がアイデアを出し合うグループディスカッションを開催
●食品輸出商談スキルセミナー(3月28日)
「ジェトロ京都」のアドバイザーによる海外輸出のポイントや取り組み事例などの説明および交流会。テレビ会議システムも活用

下矢印

ピッチ会でアイデアのPR

投資家などの心をつかめば資金支援や商品化につながる

PICK UP2 アイデアのPRからビジネスチャンスへ

具体的な事業計画のイメージを高め、ブラッシュアップし、ピッチ会へ臨みます。「ピッチ会」は、起業を目指す人が、投資家や地元金融機関などにアイデアやプロダクトをPRする催しで、資金の支援、起業や商品化などのチャンスにつながります

ピッチ会様子

これまでの開催例

●クロスバリュークリエーションピッチ ~X価値創造交流会~(3月27日)
国内外の企業が集積しベンチャー企業も多く立地するけいはんな学研都市にある6社が企業紹介を行うピッチ会および交流会

下矢印

起業

起業後も安定経営に向けて伴走支援

府内4つのイノベーション拠点との連携

府内4つのイノベーション拠点との連携

テレビ会議システムを使って、府内4拠点とオンラインで結び、リアルタイムで会議やセミナー、情報交換をすることができます。

京都経済センターと4つの拠点を結んでいる様子 京都経済センターと4つの拠点を結んでいる様子

京都経済センターと4つの拠点を結んでいる様子

中小企業を応援

京都府中小企業応援隊の拠点として「中小企業応援センター」を設置しました。府内各地の拠点と支援事例などの情報を共有し、応援隊のレベルアップを図り、新たな時代における中小企業のさまざまな課題を解決につなげます。

海外ビジネスの展開

「ジェトロ京都」を核に、「京都海外ビジネスセンター」を設置。海外ビジネス支援に取り組む機関・団体と連携し、京都企業が海外企業との共同ビジネスを行う際の支援や、海外企業の京都への進出促進、京都ブランドを生かした国際交流の推進などを行います。

「さまざまな知恵を融合し新たなイノベーションを」

京都府 西脇 隆俊 知事

京都府 西脇 隆俊 知事

 約150年前、明治の東京奠都(てんと)に伴う危機の中、京都は人材育成とイノベーション(技術革新)に取り組み、見事に復興を遂げました。平成から新元号(令和)に変わる節目の年にオール京都体制で整備された京都経済センターで、さまざまな知恵を融合し、新たなイノベーションが起こることを大いに期待しています。
 このセンターの特徴の一つである「オープンイノベーションカフェ」は、起業家や学生、伝統産業の職人などさまざまな方が、先輩経営者やサポート人材との交流を通じて新しい発想をビジネスとして形にしていく場となることを目指しています。
 また、同じフロアに「中小企業応援センター」や「京都海外ビジネスセンター」「商店街創生センター」を設置し、司令塔となる「京都知恵産業創造の森」と連携して、府内全域の中小企業が抱える課題に対応していきます。
 今後、このセンターの機能をいかに発揮させ、成果を挙げていくかが求められます。気合いを入れて、スタートアップ支援、企業支援、人材育成に取り組んでまいりますので、ぜひ活用していただきたいと思います。

「将来を担う若者たちが夢を語り形にできる場に」

一般社団法人 京都知恵産業創造の森
立石 義雄 理事長

京都知恵産業創造の森 立石 義雄 理事長

 構想から10年、京都経済センターがグランドオープンを迎えることができて感無量です。
 京都経済センターを、これから100年先を見据えた産業振興や産業人材育成の基盤として機能させるため、昨年、「一般社団法人 京都知恵産業創造の森」を立ち上げました。この法人では、公益を第一にした運営を心掛けるとともに、将来を担う若者たちが夢を語り、夢を形にできるオール京都の拠点として、京都経済センターの運営を行ってまいります。このセンターが役割を十分に発揮できるよう、次代の京都産業の創造を進めていきたいと思っております。
 新時代を迎えるにあたり、社会の在り方や人々の価値観に変革が起こる中、新たな価値を創造していくためには、多様な知恵、情報、技術を掛け合わせる「クロスの発想」が求められます。このセンターを起点に、既存の枠を超えた「クロス・バリュー・クリエーション」によって、平成の先にある未来をデザインし、京都全域から関西、そして日本全体へ知恵産業を発信してまいります。

[お問い合わせ]
産業労働総務課
TEL:075-414-4820 FAX:075-414-4842

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?