ここから本文です。

府政トピックス

男女がさまざまな活動に参画し、共に輝ける社会を目指して
「第31回KYOのあけぼのフェスティバル2019」を開催

 11月2日、男女共同参画社会の実現を目指す「KYOのあけぼのフェスティバル」を、ホテルルビノ京都堀川で開催しました。女性団体でつくる実行委員会が毎年開催し、今年で31回目。

府内各地で先駆的に活躍してきた女性をたたえる今年度の「京都府あけぼの賞」は株式会社とト屋代表取締役 池田香代子(いけだかよこ)さん、京都府更生保護女性連盟会長 齋藤常子(さいとうときこ)さん、開業助産師 㔫古(さこ)かず子さん、現代美術家 塩田千春(しおたちはる)さん、元女子自転車競技選手 前田佳代乃(まえだかよの)さんが受賞されました。

オープニングではシンガーソングライターの高田志麻(たかだしま)さんと北野幼稚園の園児の皆さんが「きょうと子ども・子育て応援ソング」を披露し、会場は笑顔に包まれました。和やかな雰囲気の中で始まった式典の冒頭で、西脇知事は「誰もが主役となって輝ける社会づくりについて考える機会としていただきたい」とあいさつしました。

 今回は「スポーツで織りなす 輝ける京都の未来」をテーマに、元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子(さわまつなおこ)さんによる講演や、京都サンガF.C.による健康アカデミーなどのスポーツに関するさまざまなワークショップを開催。また、地域で活動する団体や高校生たちによるあけぼのバザールやスタンプラリーで、会場は大いに盛り上がりました。

西脇知事と受賞者および意見聴取会議委員
西脇知事と今年度の「京都府あけぼの賞」の受賞者および意見聴取会議委員

京都サンガF.C.によるワークショップ
京都サンガF.C.による健康アカデミーなど、ワークショップも大いに盛り上がりました

[お問い合わせ]
男女共同参画課
TEL:075-414-4291
FAX:075-414-4293

京都の多彩な魅力を発信し合い、一人ひとりが輝く未来へ
「府民交流フェスタ」を開催

 11月3日、府内467の団体で構成する「きょうと地域創生府民会議」が主催の「府民交流フェスタ」を、京都府立植物園で開催しました。同会議は、地域主体の取り組みと連携したイベントを通して府民が元気に活動できるきっかけづくりを行っています。同会議会長でもある西脇知事はオープニングで登壇し「京都府では、新しい総合計画をスタートしたところ。府民一人ひとりの夢や希望が全ての地域で実現できる京都府を目指して府政を行っていく」とあいさつしました。

 メイン会場となった大芝生地には、子どもの工作や、お茶、生け花といった体験型ワークショップなど府内全域から集まった約50のブースが並び、大きなステージでは華やかなショーが繰り広げられるなど、大いににぎわいました。そのほかにも園内の北山門周辺では、「地域創生パン祭り」と「きょうと地域力UP大作戦」を、くすのき並木周辺では「京のむらづくり交流フェア」を同時開催し、訪れた多くの人が「京都の元気」と「京都の魅力」を体感し、交流を深めていました。

オープニングであいさつをする西脇知事
オープニングであいさつをする西脇知事

大芝生地に設置されたステージでの忍者ショー
大芝生地に設置された大きなステージでは忍者ショーなどを披露

[お問い合わせ]
企画参事(中部担当・府民協働担当)付
TEL:075-414-4452
FAX:075-414-4230

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?