ホーム > 京都府関連最新ニュース > ◎けいはんな中核地、立地企業決定=研究所、温泉施設など進出―京都府  7月10日 17時50分

ここから本文です。

◎けいはんな中核地、立地企業決定=研究所、温泉施設など進出―京都府  7月10日 17時50分

京都府は10日、関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の精華・西木津地区センターゾーンに進出する企業5社が決まったと発表した。都市再生機構(UR)などが保有していた土地に、温泉施設や研究所などが入ることでまちづくりが進み、文化学術研究の振興や技術革新につなげる。

進出が決まったのは、Coltテクノロジーサービス、京都プラザホテルズ、けいはんな、新日本理化、弘商会の5社。新日本理化は研究所を移転し、2021年春の開業を目指す。Coltテクノロジーサービスはデータセンターを建設。弘商会は学研都市初となる温泉施設を手掛ける。

学研都市は約30年前から建設や誘致を進めてきた。今回、立地企業が決まった精華・西木津地区センターゾーンは約4.7ヘクタールで、URと民間都市開発推進機構が保有していた。

記者会見した西脇隆俊知事は「けいはんな学研都市の強みや動きを世界に向けて発信していきたい」と強調した。(了)


「情報提供:時事通信社(著作権・免責(外部リンク))」

 

京都府関連最新ニューストップページ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?