ホーム > 京都府関連最新ニュース > ◎実質収支は9億円の黒字=18年度一般会計決算―京都府 8月13日 11時54分

ここから本文です。

◎実質収支は9億円の黒字=18年度一般会計決算―京都府 8月13日 11時54分

京都府は2018年度一般会計決算の概要を発表した。歳入は4.9%減の8769億500万円、歳出は5.0%減の8727億4500万円で、いずれも3年連続で縮小した。実質収支は21.1%増の9億1800万円で42年連続の黒字。単年度収支も1億6000万円のプラスで10年連続の黒字となった。

歳入は景気の回復基調を受け、企業業績が好調に推移し、法人2税が17年度と比べ約134億円増加。府費負担教職員制度の見直しに伴う京都市への税源移譲分約244億円を除けば、実質43億円増えた。

歳出は西日本豪雨や、台風被害に伴う災害復旧費が約111億円となったほか、今年3月に開業した京都経済センターの整備費用などがかさんだ。社会保障関係経費も約1483億円となり、実質的に約20億円増加した。

臨時財政対策債や災害関連起債などを除く、実質的府債残高は18年度末で1兆1419億円で、17年度末より195億円減少した。(了)



「情報提供:時事通信社(著作権・免責(外部リンク))」

 

京都府関連最新ニューストップページ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?