ホーム > 知事記者会見 > 令和2年4月14日知事記者会見(発表概要)

ここから本文です。

令和2年4月14日知事記者会見(発表概要)

まずは冒頭一言申し上げたいと思います。

この間、京都府内でも3名の方が新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになりました。改めて衷心よりお悔やみ申し上げますと共に、ご冥福をお祈りいたします。また、ご遺族の方に対し、心からお悔やみ申し上げたいと思います。

京都府としては、新型コロナウイルス感染症から府民の尊い命をお守りするために、治療を必要とされる方に必要な医療を提供するため医療体制の確保に全力で取り組んでまいりました。今、この時間にも多くの医療関係のスタッフの方が懸命に治療に当たっていただいております。そうしたすべての方に心から感謝申し上げたいと思います。

 

民間宿泊施設を活用した療養の開始

最初に発表しますのは民間宿泊施設を活用した療養の開始についてです。

まずは、京都府の感染状況について簡単に改めて説明いたします。この棒グラフは毎日の感染者の数ですが、赤は感染経路が不明な患者数です。3月には市内大学のクラスターにより感染が増えました。全体として多かったのですが、徹底的な積極的疫学調査により接触者を特定し爆発的な感染を抑えたのかなと思いますが、最近は感染経路不明な方の数が非常に増えています。全体として現在、人口当たりの感染者数が全国6番目で比較的上位にあります。こうしたことから、発令と等しい状況にあるとして4月10日(金曜日)国に緊急事態宣言の発出を要望しました。

現時点における医療提供体制として、3月27日(金曜日)に入院医療コントロールセンターを設置して入院等の調整を行っております。PCR検査が陽性になったら、その中に重症、中等症、軽症、無症状の方がおられます。軽症・無症状の比率が比較的高く約8割と言われていますが、それぞれの入院医療機関で、重症~中等症、中等症~軽症、軽症~無症状の方の割振をして入院していただいています。現時点で病床はほぼ150床を確保しています。8日(水曜日)の発表の通り、今後は遅くとも4月末までには250床、その後当面400床を目指して病床数の拡大に引き続き努力している状況です。

今後はさらに感染者の数が増えていく中で、本当に必要な治療ができるように軽症者等については民間宿泊施設での療養を開始します。この図の「病床」の外に民間宿泊施設や自宅療養での療養を準備するということです。

今回、軽症・無症状者や、回復して1回目にPCR検査で陰性が出て2回目のPCR検査を待つ方に移っていただくことで、治療が必要な方の病床が確保できるということで、一例目として地方職員共済組合の宿泊所である京都平安ホテルにご協力をお願いし、最大で68室の確保ができました。これにより、重症・中等症用の病床の余裕が大幅に増えると考えております。当然ですが、民間宿泊施設の療養にあたり、感染されている方の区域とそれ以外の方の区域を明確に分け、看護協会の全面的な協力で看護師を常駐されることにより、検温や血圧等の健康観察、食味や臭いがわからないといった健康管理のフォローアップを完全に整える、食事の用意等も感染予防を万全にした上で始めたいと思っています。

平安ホテルにご協力いただきましたが、事業者はもちろん、近隣の方も含めて「こういうときだから」とご理解・ご協力を得た上で実施させていただきます。改めて感謝を申し上げたいと思います。まずは一例目としてやりますが、明日からその他の宿泊施設の募集を開始します。いくつかの条件があり、1棟で効率的な運営のためにおおむね100室以上や、感染者とそれ以外の動線を区分するような措置にご理解・ご協力を得るといった条件があります。そうした募集をしてさらに病床の拡充をしたいと思っています。

この後の感染者の伸びがわかりませんが、先ほど言いました400床をベースにすると約900床程度を民間宿泊施設で確保したいと思っていますが、今後の感染者の伸びとの兼ね合いだと思っています。事業者や近隣の方、多くの方の協力を得て真に必要なところに治療ができる体制を整えて参りたいと考えております。

 

京都府医療資材コントロールセンターの設置について

次に、本日4月14日(火曜日)、京都府医療資材コントロールセンターを設置しました。

従前からマスクを京都府で備蓄したものや国から来たものを配付した際には、京都府がコントロールタワーとしてやっておりましたが、最近いろいろなお声を聞きますと、個別の医療機関に資材があるという情報や、自分のところは足りているが他の医療機関が足りないところではあるのではないか、一部の製品は京都はものづくりの街なので、場合によっては自分で作れる可能性があるなど、いろんな声がありました。京都府が持っている資材は京都府で把握していますが、それぞれの医療機関でも備蓄があり、だんだん需要が逼迫してくるので、京都府域全体としてなるべく効率的に運用したいということと、医療資材に関する情報を一元化した上で、在庫やどれが不足しているか、病院間で融通する場合の調整、京都府が持っている資材も含めた配付、一括調達等そうしたことをコントロールするセンターを設けたいと思っています。

これは医療関係者からの強いニーズに基づいて行います。ただ、全国的に不足しているものもあるので、そうした物については強力に国に対して引き続き要請したいと思っております。

 

府民の皆様への感謝とお願い

最後に、府民の皆様への感謝とお願いです。

先週金曜日に私と京都市長で共同会見をし、国に対して緊急事態宣言の発出を要請し、改めて府民の皆様にいくつかのお願いをしております。例えば、通勤・通院、食材の買い出し等の生活維持に必要なもの以外の外出の自粛や、3つの密を避けていただくこと、さらに市長は夜の繁華街の行動の自粛等をお願いされました。その直前には関西広域連合で、大阪府・兵庫県に緊急事態宣言が出ましたので府県域を越えた移動はやめようと「関西外出しない宣言」をお決めいただきました。

いくつかの統計が出ると思いますが、この週末、京都の主立った地域、観光地やターミナルなどで人出は少なかった。民間の調査で京都駅では半分、鉄道会社等公共交通機関が乗客数で捉えている的確な数字が公表されると思いますが、前週比較でかなり下がっています。改めて緊急事態宣言の発出の要請をしたことや、皆様の積極的な報道のおかげもありまして、かなり行動の自粛や人と人との接触を減らすことで効果があると思っています。感染者数に出る効果は2週間後とも言われていますので、そのときに改めて出てくると思います。

人出のベースでもご協力をいただいております。そのことに対して心から御礼を申し上げます。引き続きご協力をよろしくお願い致します。皆様には非常にご負担をおかけしますが、皆様の命や健康だけでなく、ご家族や大切な方を守るためにも必要ですので引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?