ここから本文です。

京都府の友好提携州省

京都府友好提携場所の地図

京都府では、異なる言葉、生活習慣、文化を持つ人々との交流を通じて、相互に理解を深め、平和な世界をつくっていくために、外国の州や省などと「友好提携」を結んで国際交流を進めています。 現在、中華人民共和国陝西省、インドネシア共和国ジョクジャカルタ特別区、アメリカ合衆国オクラホマ州、ロシア連邦レニングラード州及び英国エディンバラ市の5つの地域と「友好提携」を結び、文化・芸術、スポーツ、教育、医学、産業など様々な分野で交流・協力事業を行っています。

京都府の友好交流パンフレット
京都府の国際交流( PDFファイル ,1MB)(PDF:1,480KB)  

 

京都府友好提携州省紹介

中華人民共和国陝西省
(Shaanxi Province, People’s Republic of China)

陝西省紹介イメージ画像(PDFファイル、200KB)(PDF:200KB)

提携の動機及び経過

陝西省と京都府は、古くは唐の時代から様々な分野で活発な交流が行われており、古都として共通点も多いことから、友好提携を締結し、両府省の友好発展と協力を誓い合った。

提携先の概要

中国のほぼ中央に位置し、面積約20万5千平方キロメートル、人口約3,733万人(2010年)で、京都府の約45倍の面積と約14倍の人口を擁している。
古くから中国の政治、経済、文化の中心であり、周、秦、漢、隋、唐などの王朝の都として1000年以上にわたり繁栄した。秦の始皇帝の兵馬俑坑など、多くの歴史的遺産がある。

主な交流事業

行政・医学等研修生受入、陝西歴史博物館との交流、語学教員の相互派遣、児童生徒絵画作品の交換展覧会、日本語専攻学生への奨学金支給、植樹協力事業、「環境ビジネス交流に関する覚書」(2008年10月17日署名)に基づく交流、府立北桑田高校の環境教育交流事業

DATA BANK

交通

関西空港から西安空港まで北京経由で約7時間、他に上海、香港経由の便もある。
空港から市街までは空港リムジンバスで1時間。
市内は、バス、タクシー、トロリーバスのほか、マイクロバスもあって便利。

気候

中国のほぼ中央部にあり、年平均気温は地域により8度から16度、年平均降水量は674ミリメートル。
省都の西安市は温帯大陸性気候に属するため、冬は乾燥して寒く、夏はかなり暑い。

歴史

陝西省は、10世紀以前は中国の政治、経済、文化の中心であり、周、秦、隋、唐などの王朝の都として1100年にわたり栄えた。
文物交流の交通路であったシルクロードの起点としても隆盛を極めた。

シルクロードのにぎわい残す、悠々の地


市街地を囲んでいる城壁「西安城牆」は、明代初期に唐代の長安城城壁の基礎の上に建てられた。
東に長楽門、西に安定門、南に永寧門、北に安遠門が配置され、さらに外側を堀が囲んでいる。

ギョウザ写真
ひとくちに「ギョウザ」といっても、地方によって味が違う。ギョウザが100種類ほどあるレストランもある。豚肉と酸っぱい漬け物を付け合わせた山菜ギョウザがおいしい。

自由市場写真
「自由市場」には、伝統布製品や着物をはじめ工芸品、扇子、傘、絹製品がおみやげとして売られている。

兵馬俑坑博物館写真
「兵馬俑坑博物館」は、秦の始皇帝陵の兵馬俑坑に建てられた博物館。兵馬俑とは、古墳に埋葬された陶製の副葬品で、1974年に人間と馬の等身大のサイズのものが、大量に発見された。世界の8つの奇跡のうちのひとつと絶賛されている。

華清池写真
西安市郊外にある「華清池」は、楊貴妃が使ったとされる有名な温泉地。唐代の離宮で、玄宗皇帝と共に過ごしたといわれている。

楊貴妃の墓写真
安史の乱で逃走をよぎなくされた玄宗皇帝は、ここ馬嵬坡まで逃れてきて楊貴妃に死を命じたといわれている。「楊貴妃の墓」の盛り土は美容によいと持ち去る人が多いため、今はレンガで覆われている。

インドネシア共和国ジョクジャカルタ特別区
(Yogyakarta Special Territory, Republic of Indonesia)

ジョクジャカルタ特別区紹介イメージ画像(PDFファイル、176KB)(PDF:175KB)

提携の動機及び経過

インドネシアの古都ジョクジャカルタ特別区は、伝統的な宮廷文化や歴史的遺産を数多く有する等、京都府との共通点が多いことから友好提携を締結した。

提携先の概要

ジャワ島中部に位置し、首都ジャカルタから飛行機で1時間の距離にある。面積約3,200平方キロメートル、人口約345万人(2010年)で古い歴史と伝統を誇り、国内の教育・文化の中心地である。ボロブドゥール等の寺院とガムラン音楽等の伝統芸能が有名である。主な産業は農業(米作中心)で、工業は伝統的な手工業(バティック、金銀細工など)が中心である。

主な交流事業

工芸・産業技術専門家派遣、文化財保護・農業研修生受入・専門家派遣、児童生徒絵画作品の交換展覧会、日本語専攻学生への奨学金支給、ジャワ島地震復興支援

DATA BANK

交通

ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港から飛行機で約50分。 バリのングラ・ライ空港からは1時間15分。 市内はタクシーのほか、バス、ベチャ(輪タク)など。これらは馴れれば安上がりで便利な乗り物だ。

気候

1年中、日本の夏のような気候。4月から9月が乾期、10月から3月が雨期で、12月から1月は最も雨が多い。雨期でもスコールの後は晴れ上がることが多い。服装は夏服でほぼ間に合う。サングラス、帽子の用意を。

歴史

1945年にインドネシアが独立すると、ジョクジャカルタ王国とパクアラマン大公国はインドネシア共和国の一部になることを宣言し、現在のジョクジャカルタ特別区になった。

優雅な宮廷文化と、ファンタスティックな芸能が織り成す夢世界

ボロブドゥール写真
ジョクジャカルタ近郊にある「ボロブドゥール」は、世界最大の仏教遺跡。1千年以上も土に埋もれていた。この巨大な建造物がどのようにしてつくられたのか、多くの謎がまだ解明されていない。

トロピカルフルーツ写真
「トロピカルフルーツ」を味わうなら、雨期に。マンゴスチンやランブータンが市場に出るのは9月。マンゴーは11月頃から。

プランバナン寺院・シヴァ堂
プランバナン寺院の中で、中央にひときわ華麗にそびえる高さ47mの「シヴァ堂」の外壁に施されている「ラーマヤナ物語」を綴ったレリーフは、神秘的で美しい。

ナシゴレン写真
お惣菜を数種類のせたご飯「ナシチャンプール」や、スパイシーな焼き飯「ナシゴレン」も、インドネシアの代表的な料理。

バティック写真
「バティック」は、ジャワの風土が育んだ更紗布地。ロウ付けの方法によって、手描き、銅板型押しその両方を組み合わせたものがある。

王宮写真
中央広場に面したジャワ建築の建物が「王宮」。ガムラン演奏やジャワ古典舞踏を見学することができる。

第4回姉妹自治体交流表彰(総務大臣賞)を受賞しました

 

アメリカ合衆国(米国)オクラホマ州
(The State of Oklahoma, The United States of America)

オクラホマ州紹介イメージ画像(PDFファイル、205KB)(PDF:205KB)

提携の動機及び経過

アメリカ中部のオクラホマ州は、京都府と同様に、多くの大学や研究機関を擁する学術・研究都市であることから交流が進み、友好提携に至った。

提携先の概要

1907年にアメリカ合衆国第46番目の州として、中南部に誕生した。面積約18万1千平方キロメートル、人口約375万人(2010年)のうち、ネイティブ・アメリカンの人口が多く約8%を占めている。多くの湖、州立公園や保養地があるリゾート地である。また、冬小麦、牧畜を中心とする農業が盛んで、鉱物資源も豊富であり、原油、天然ガスの生産量は米国有数の地位を誇っている。

主な交流事業

青少年の相互派遣交流、児童生徒絵画作品の交換展覧会

DATA BANK

交通

米国の各都市からオクラホマの玄関口であるウィル・ロジャース空港への直行便が出ており、飛行時間はニューヨークから3時間、シカゴから2時間、ダラスから50分、ロスアンジェルスから2時間50分といったところ。州内は7つの主要鉄道幹線が通っている。

気候

年平均気温は16度で、京都とほぼ同じだが、冬はもう少し寒く、夏は暑い。雨量は東部では年間1000ミリメートル程度だが、中・西部では400ミリメートルと少なく、晴天の日が多い。

歴史

オクラホマ州は、スペイン、フランスによる統治を経てアメリカ合衆国が1803年にフランスから購入し、1907年に46番目の州となった。
大自然に抱かれて、アメリカの古き良き時代を今に残すビッグカントリー

オクラホマ植物園写真
オクラホマシティの中心にある都会のオアシス「オクラホマ植物園」。霧の立ち込めた熱帯植物温室の中は、熱帯雨林、砂漠、滝、梛子の木、珍しい蝶などトロピカルな空間が広がる。

栄光のカウボーイ博物館写真
近代的なビルの立ち並ぶオクラホマシティのダウンタウンにある 「栄光のカウボーイ博物館」は、西部開拓時代の資料館。中にあるジョン・ウェイン・コレクションでは、彼が映画の中で使った「コルト45」やライフルなども展示されている。

ギルクリース美術館写真
「ギルクリース美術館」は、36万ものコレクションを所蔵するアメリカに関する総合博物館。コロンブス以前、西部開拓時代、コロニアル期、ヴィクトリア期、各時代の庭園を楽しめるツアーもある。

アメリカンフットボール写真
オクラホマ州立大学の「アメリカンフットボール ハーフタイムショー」。フットボールは、大学で生まれキャンパスの「王様」と呼ばれるほど人気を獲得したゲーム。

ターナー・フォールスパーク
アーバックル山脈ハニークリークの「ターナー・フォールズパーク」にある滝。

アナダルコ
オクラホマ市の市街地から南西約30kmにある「アナダルコ」にはネイティブ・アメリカン各部族の村落が復元されている。ネイティブ・アメリカンによるガイド・ツアーや伝統的なダンスも見られる。

ロシア連邦レニングラード州
(Leningrad Region, Russian Federation)

レニングラード州紹介イメージ画像へのリンク(PDFファイル、190KB)(PDF:189KB)

提携の動機及び経過

旧制ロシア帝国の首都サンクトペテルブルグを州都とするレニングラード州は、芸術・文化の中心地として京都府との共通点が多いことから友好提携を締結した。

提携先の概要

ロシア北西部に位置し、首都モスクワから約700kmの距離にある。面積約84,500平方キロメートル、人口約681万人(2010年)。州都サンクトペテルブルグ市は、旧ロシア帝国の首都で、政治・経済・文化の中心として繁栄した。エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団、レニングラード国立バレエ団などを有している。主な産業は、工業(機械、電機、造船等)、鉱業、農林水産業である。

主な交流事業

行政実務研修生の受入、児童生徒絵画作品の交換展覧会、環境交流事業(10周年記念)、青年交流事業(15周年記念)

DATA BANK

交通

市内から南へ約23Kmのところにあるプルコヴォ空港が空の玄関。国内線、国際線共に数多く発着している。日本からの直行便はなく、モスクワのシェレメチェヴォ空港で国内線に乗り換える。鉄道で特急なら約5時間。

気候

ロシア連邦の最西部にある州都サンクト・ペテルブルグ市はバルト海に面しており、気候は海洋性で湿度が高い。また、夏には19時間近くも太陽が昇ったままになる反面、冬は凍てつくような寒さが街を包む。年平均気温は6度。

歴史

1703年ピョートル大帝によってヨーロッパへの窓口として、サンクト・ペテルブルグのまちが築かれた。現在、レニングラード州はヨーロッパとロシア連邦の各地を結ぶ中継地となっている。

街じゅうが美術館 ロシア文化をつくりあげた華麗な都市

宮殿広場写真
エルミタージュ美術館の前に広がる「宮殿広場」。中央に対ナポレオン戦勝利を記念したアレクサンドルの円柱が立っている。

ロシアの民芸品マトリョーシカ写真
ロシアの民芸品でもっとも知られている「マトリョーシカ」。ロシアの娘をかたどった木製の人形で、中をあけるとひとまわり小さな人形が次々に出てくる。

青銅の騎士像写真
18世紀頃のロシアで強大な権力を持っていたピョートル大帝の「青銅の騎士像」。後ろ脚で大蛇を踏みつけ、前脚を高く上げた騎馬にまたがる大帝の像は、対北方戦争の勝利を示している。

使徒ペテロとパヴロ協会写真
この要塞の建設を始めた1703年5月16日がサンクト・ペテルブルグ市誕生の日。要塞中央に木造の「使徒ペテロとパヴロ教会」があったところから「ペトロパヴロフスク要塞」の名がついた。

ビョートル宮殿写真
「ピョートル宮殿」の147ある噴水にはさまざまな工夫が凝らされており、別名噴水宮殿といわれている。数多くの有名な建築家や彫刻家、造園家たちの才能と技術を結集して造られた。

エルミタージュ美術館写真
「エルミタージュ美術館」はパリのルーブル美術館、ロンドンの大英博物館と並ぶ世界三大美術館の一つ。歴代皇帝の住まいであった冬宮と3つの離宮と劇場からなる。鑑賞に1日から2日はかけたい。

英国(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)エディンバラ市
(The City of Edinburgh, The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)

エジンバラ市紹介イメージ画像(PDFファイル、185KB)(PDF:185KB)

提携の動機及び経過

スコットランドの首都として栄えたエディンバラ市は、歴史ある古都として京都府との共通点が多いことから友好提携を締結した。

提携先の概要

英国北東部に位置し、面積約260平方キロメートル、人口約48万人(2010年)を有する15世紀中頃からのスコットランドの首都で、政治・経済・文化の中心地として繁栄した。エディンバラ城をはじめとする豊かな歴史的遺産、エディンバラ国際フェスティバルなどは世界的に有名である。伝統的なスコッチウィスキーやクリスタル製品の製造のほか、ハイテク関連産業が盛んである。

主な交流事業

医学教員の相互派遣、工芸作品の交換展覧会、日本庭園造園、児童生徒絵画作品の交換展覧会

DATA BANK

交通

北海道ほどの広さのスコットランドは、各地の移動も容易。英国内やヨーロッパの各地をダイレクトに結ぶ航空路線のほか、鉄道も充実している。ロンドンのキングス・クロス駅からインターシティー列車に乗れば約4時間30分でエディンバラへ。スコットランド内では、ポストバス(通常はミニバス)が便利。市内は徒歩でも。

気候

三方を海で囲まれたスコットランドの天候は変化に富んで、変わりやすい。エディンバラの年間降雨量はロンドンよりやや多く、7月から8月が最高に。しかし雨が降ってもすぐにやむ。また、夏季は日が長く、思う存分遊べる。

歴史

スコットランドは、イングランドに対して常に独自性を保ち、対立と抗争を繰り返してきた。1707年にイングランドと統合してグレート・ブリテン王国が成立した。

誇り高きスコットランド魂が息づく歴史の街

セントアンドリュース写真
エディンバラ市郊外の「セントアンドリュース」は、ゴルフファンなら一度は訪ねてみたい、ゴルフ発祥の地。ゴルフ博物館もある。

ハイストリート写真
エディンバラ城からホーリルード宮殿まで続く「ハイ・ストリート」。エディンバラで最も古い通りの1つで、有名なセント・ジャイルズ大聖堂や多くの美術館がある。

エジンバラ城写真
旧市街の西端にある岩山カースルロックに厳然と立つ「エディンバラ城」は、7世紀のエドウィン王によって建てられた。その名をとってエディンバラ(burghは自治都市の意)の地名が生まれたとの説がある。

ウィスキー写真
スコットランドといえば「ウイスキー」。エディンバラ市郊外の「グレンケンチー蒸溜所」は、ハイランズとならんで最高級のモルトウイスキーが製造されることで有名。

タータンスカート写真
「タータン」は、スコットランド独特の布地で、あのスカートに似たキルト(男女とも着用)などを作るために織られている。織り柄は各一門によって異なり、地元の人なら柄を見ただけでわかるとか。

エジンバラ国際フェスティバル写真
「エディンバラ国際フェスティバル」は、オリンピアードと呼ばれるほど大々的な催物。エディンバラ城のエスプラナード広場で展開されるミリタリー・タトゥー(軍隊の野外行進)は、ライトに浮かび上がる古城をバックにしてキルト姿の軍楽隊がバグパイプを吹き鳴らしパレードする。

 


 

分野別交流地域

イタリア共和国トスカーナ州
(Tuscany Region, Republic of Italy)

提携の動機及び経過

伝統的なものづくり産業など京都府とトスカーナ州に共通する経済分野での連携協力を深めるとともに、環境分野の交流を図るため、2005年(平成17年)10月22日に「京都府-トスカーナ州経済・環境交流宣言」の調印を行い、また、これをより具体化するために、2006年(平成18年)11月2日に「京都府-トスカーナ州経済環境交流協定」を締結した。

提携先の概要

イタリア中部に位置し、面積約23,000平方キロメートル、人口約352万人(2010年)である。州都フィレンツェは、ルネサンス発祥の地として知られている。産業は、ワインやオリーブ等の農産物、繊維・アパレル・皮革製品などのファッション関連製品が有名であるとともに、観光資源も豊富である。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知事直轄組織国際課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4311

ファックス:075-414-4314

kokusai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?