ここから本文です。

高齢者の医療制度 [高齢者のための府政ガイド]

70歳以上の人

高齢者(後期高齢者医療受給対象者又は70歳から74歳の方)に対する医療給付の概要

対象者

  • 後期高齢者医療受給対象者
    (1)75歳以上の方
    (2)65歳以上75歳未満の方で、寝たきり状態など、障害を有する方(障害の状態について、広域連合長の認定が必要です。)
  • 70歳~74歳の方(後期高齢者医療受給対象者以外の方)

所得制限

なし

自己負担割合・自己負担限度額

  自己負担割合 自己負担限度額 (1か月あたり)
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯単位)
一般の方

医療費の1割

(2割)※3

12,000円 44,400円
低所得 II の方 ※1 8,000円 24,600円
低所得 I の方 ※2 8,000円 15,000円
現役並み所得の方 医療費の3割 44,400円
80,100円

(医療費が267,000円を超えたときは、超えた分の1%を加算)
(過去12か月間に世帯単位の自己負担限度額を超えた支給があった場合、4回目以降は44,400円になります。)

 ※1 低所得 II の方・・・市町村民税非課税世帯に属する方等
 ※2 低所得 I の方・・・市町村民税非課税世帯に属する方等かつ所得が一定の基準に満たない方等
 ※3 70歳~74歳の方(後期高齢者医療受給対象者以外の方)は2割(ただし、誕生日が昭和19年4月1日までの方は、1割)

受診の方法

  • 後期高齢者医療受給対象者
    広域連合から交付された後期高齢者医療被保険者証を医療機関の窓口に提出してください。
  • 70歳~74歳の方(後期高齢者医療受給対象者以外の方)
    加入している保険者から交付された高齢受給者証及び健康保険証を医療機関の窓口に提出してください。

詳しくは、後期高齢者医療受給対象者については、市町村の後期高齢者医療担当課へ、70歳~74歳の方(後期高齢者医療受給対象者以外の方)については各保険者へお問い合せください。

65歳~69歳の人

次の条件に該当する65歳~69歳の方が、医療保険各法による医療を受けられた場合、その自己負担金に対する助成が受けられます。

老人医療給付事業の概要

対象者

65歳以上70歳未満の方で次の要件に該当する方

本人及びその属する世帯の生計中心者が所得税を課せられていない方

※誕生日が昭和25年8月1日までの方については、要件等が異なりますので、お住まいの市町村にお問い合わせ下さい。

給付の内容

医療保険各法による自己負担額を70歳~74歳の方(後期高齢者医療受給対象者以外の方)と同等になるよう軽減

受診の方法

市町村から交付された老人医療受給者証及び健康保険証を医療機関の窓口に提出してください。(他府県の医療機関では使用できませんので、一旦窓口で支払って、市町村に申請をして給付を受けてください。)

詳しくは、市町村の老人医療担当課へお問い合せください。

重度心身障害老人健康管理事業

重度の心身障害を持った高齢者が、高齢者医療確保法による医療や健康保持に係る指導を受けた場合に、その健康管理に要する費用を給付する制度です。

重度心身障害老人健康管理事業の概要

対象者

65歳以上の後期高齢者医療制度の対象者で、次のいずれかに該当する方

  • 身体障害者手帳1級・2級をお持ちの方
  • 知的障害者IQ35以下の方
  • 身体障害者手帳3級をお持ちの方で、知的障害IQ50以下の重複障害をお持ちの方

所得制限

本人又は扶養する人の所得が、特別障害者手当を受給できる額を超えないこと

給付の内容

高齢者の医療の確保に関する法律による自己負担金相当額 〔前に記載したとおり〕

受診の方法

市町村から交付された重障老人健康管理事業対象者証(シール)を貼った健康手帳等を医療機関の窓口に提出してください。
(他府県では使用できませんので、一旦窓口で支払って、市町村に申請をして給付を受けてください。)

詳しくは、市町村の重度心身障害老人健康管理事業担当課へお問い合せください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?