ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 介護支援専門員・訪問介護員・福祉用具専門相談員に関する情報 > 介護支援専門員証の有効期間更新手続きを忘れずに行ってください

ここから本文です。

介護支援専門員証の有効期間更新手続きを忘れずに行ってください

介護支援専門員証の有効期間更新手続きを忘れずに行ってください

 介護支援専門員証の有効期間満了後も介護支援専門員として業務に従事するためには、介護支援専門員証の有効期間が満了するまでに更新の手続きを行う必要があります。京都府に介護支援専門員の登録があり、更新研修修了後、介護支援専門員証の更新手続きがまだお済みでない方は、早急に手続きを行ってください。(参考:介護支援専門員証の有効期間の更新手続きについて

 更新を行わずに有効期間が満了すると証は失効し、介護支援専門員としての業務を行うことができなくなります。失効した状態で業務を行いますと、本人は資格の消除対象、事業所は介護報酬の返還や処分等の対象となりますので、くれぐれもご注意ください。

 また、いったん証が失効すると、再研修を修了しなければ証の再交付ができません。(失効前に修了した更新研修は、再研修とは認められません。)

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4615

koreishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?