ここから本文です。

宮津港

宮津港の位置(宮津市、与謝野町)

 若狭湾の西部にあって、宮津湾及び天橋立(あまのはしだて)で仕切られた阿蘇海(あそかい)が、宮津港です。

宮津港の形、施設

天橋立の東側が宮津湾で西側が阿蘇海です。

阿蘇海とは、文珠(もんじゅ)水路でつながっています。

  • 岸壁     鶴賀第1ふ頭、第2ふ頭
  • 物揚場    獅子(ちし)地区、鶴賀地区、島崎地区、漁師地区、日置地区、江尻地区、文珠地区など

 

 宮津港図面.pdf(PDF:417KB)

宮津港の特徴

宮津港は、日本三景の一つ「天橋立」を擁する地方港湾で、定期船航路など観光港として利用される他、鉱石輸入港として利用されています。

その他、プレジャーボート、漁船の利用が主です。

須津地区、男山地区には、ボートパークも整備。

 主な事業

港湾侵食対策事業

海域環境創造事業

主な航路

 定期航路  一宮航路(丹後海陸交通)

施設のご利用

ご利用お問い合わせは、丹後土木事務所管理室(電話0772-22-3245)にお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部港湾事務所

舞鶴市字喜多1105番1 舞鶴21ビル7階

ファックス:0773-75-4375

kowanji-shomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?