京都府 >  労働 >  京都府緊急雇用対策事業 >  就職活動のポイント >  応募書類の書き方

応募書類の書き方

封筒の書き方

封筒は書類を折らずに入れられるサイズ(角型2号封筒)を選びましょう。
応募書類を送る場合、封筒の表書きや裏書は楷書で丁寧に書きます。
郵送料は重さによって変わるので、不足のないよう気をつけてください。

表面

  • 住所は1~3行におさめて書く。2行目からは書き出しを少し下げると体裁が良い。
  • 社名等は省略せず正式名称で書くのが基本。受け取り人名は、中央に住所より少し大きめの文字で書く。
  • 宛て名につける敬称は、会社や部署宛ては「御中」、個人名は「様」。
    採用担当者名を書く際は、「○○部○○課○○様」と略さずに記入。
    採用担当者が分からない場合は、「○○株式会社 採用ご担当者様」と書く。
  • 内容物が応募書類であるということが分かるよう、宛名書きの左端に「応募書類在中」と朱書きする。

裏面

  • 縦書きで差出人である自分の住所と氏名を記入。
  • 書類を入れたら糊で閉じ、合わせ目に「〆」を記入。

封入の仕方

  • 記入した応募書類を封筒に入れる際は、「添え状」「履歴書」「職務経歴書」の順に並べ、ゼムクリップで留める。ゼムクリップで留める代わりに、クリアファイルに入れるとより丁寧です。
  • 面接前に確認できるよう、応募書類は封入する前にコピーを取っておくとよいでしょう。
  • 面接当日に応募書類を持参する場合は、直接渡すので封筒に宛名等は記入しません。また、すぐその場で開封されるので封をしなくてよいでしょう。

「応募書類の書き方」目次