ここから本文です。

第16回アビリンピック京都大会について

今回で16回目となるアビリンピック京都大会を平成31年2月2日(土曜)に開催します。働いている障害のある方の高い技能や支援学校等の生徒の学習成果を是非ご覧ください。

開催日時

平成31年2月2日(土曜)9時30分~16時

開催場所

京都府立京都高等技術専門校
京都府立京都障害者高等技術専門校
住所:京都市伏見区竹田流池町121-3

京都府精神保健福祉総合センター
住所:京都市伏見区竹田流池町120

大会概要

第16回アビリンピック京都大会概要(PDF:133KB)

主催

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 京都支部(外部リンク)

京都府

後援

京都労働局・ハローワーク(公共職業安定所)
京都市
京都府教育委員会
京都市教育委員会
京都府高齢・障害者雇用支援協会
公益社団法人京都ビルメンテナンス協会(外部リンク)
京都新聞(外部リンク)
NHK京都放送局(外部リンク)

協賛(外部リンク)

選手参加申込み受付期間

第16回アビリンピック京都大会への参加申込みは終了しました。

競技種目・定員

競技種目は13種目で、各定員は次のとおりです。
は、全国大会(平成31年度開催予定)代表選手予選会を兼ねています。

共通競技

  • DTP:10名
    DTP(デスクトップパブリッシング)は、パソコンで誌面を編集する競技
  • ワード・プロセッサ:15名
  • 表計算:10名
  • ホームページ作成:7名
  • ビルクリーニング:16名
  • 喫茶サービス:15名
  • オフィスアシスタント:10名
  • 電子機器組立(新競技):5名

知的障害者対象競技

  • パソコンデータ入力:20名
  • 縫製:5名
  • 紙箱組立(貼り箱):15名
  • 販売実務:18名

視覚障害者対象競技

  • パソコン操作:10名

参加資格

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、またはこれに準ずる判定を受けておられる方
  • 平成30年4月1日現在で満15歳以上の方(未成年者は親権者の同意が必要です)
  • 京都府内に居住、もしくは京都府内の事業所に勤務または訓練施設・教育機関等に在籍しておられる方
  • 参加を希望する競技種目において、全国大会で金賞を受賞した方でない方
  • 参加を希望する競技種目において、3大会連続で全国大会に出場した方でない方
  • 未成年者の場合は、親権者の同意を得られる方

アビリンピックとは

障害のある方々が日ごろ培った技能を競う大会です。職業能力の向上とともに、障害のある方々に対する理解と認識を深め、雇用の促進を図ることを目的として開催しています。京都大会と全国大会があります。

注※「アビリンピック」(ABILYMPICS)は、「アビリティ」(ABILITY・能力)と「オリンピック」(OLYMPICS)を合わせて作られた愛称です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部総合就業支援室

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ 西館3階

ファックス:075-682-8924

syugyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?