ここから本文です。

京都府・沿線地域の取組

鉄道設備の整備に対する支援

安全運行を確保するため、北近畿タンゴ鉄道(株)が実施するレール交換やトンネル、橋梁の改修など鉄道設備の整備に対して、国の制度(鉄道軌道安全輸送設備等整備事業費補助)を活用し、沿線市町や兵庫県と協調して支援をしています。

 

広報活動の充実

府民だよりや京都府広報番組等で情報を掲載する他、京都府庁1階府民情報コーナーでのチラシの配架や、新聞、雑誌、テレビ等へ情報を発信しています。

平成25年度の主な広報活動

府庁2号館1階ロビー展示でのPR

tenji tenji12

平成25年 4月1日~4月12日

  • デザインリニューアル車輌「あかまつ」「あおまつ」運行開始PR
  • KTR沿線地域の観光案内

平成25年7月3日~7月8日

  • デザインリニューアル車輌「あかまつ」「あおまつ」の紹介(グッズなど)
  • KTR沿線地域の観光案内:花火大会

平成25年12月17日~12月20日

  • デザインリニューアル車輌「あかまつ」「あおまつ」の紹介
  • KTR沿線地域の観光案内:冬の観光スポット、季節の味覚

ラジオでの紹介

KBS京都ラジオでの京都府広報「きょうとほっと情報」やαステーション(エフエム京都)の「Kyoto Prefecture Public Line(キョウト プリフェクチャー パブリック ライン)」において、KTRの企画きっぷや商品の紹介や、ラッピング車両の運行案内などを呼びかけました。

きょうと府民だより」への掲載

くらし情報ガイドや丹後特集などで、企画きっぷや商品等が紹介されました。

丹後広域振興局の取組

沿線市町や地元の方々と協力して、様々な取組を実施しています。

<魅力ある駅への取組>

KTRでは、沿線や駅に花苗や花木を植栽し、KTR沿線の新たな魅力づくり等を目的とした「花いっぱい運動」や駅舎、駅前などを美しくする美化活動を行っています。地元の子どもたちや、ボランティアの皆さんのご協力のもと、取組を行っています。

 

 

北近畿タンゴ鉄道利用促進協議会

沿線地域では、北近畿タンゴ鉄道利用促進協議会を組織して、地域一体となってKTRの利用促進と育成のための取組を実施しています。

また、各市町が独自にKTRの活性化のための取組を実施しています。

目的

KTRの利用促進と育成を図ることにより 、安定経営を支援するとともに、沿線地域の発展に寄与する。

構成

京都府、福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町、兵庫県、豊岡市の首長、議長、商工会議所・商工会・観光協会の会長等

事業内容

1.沿線住民等の利用促進

2.地域外旅客の誘致促進

3.各構成団体における一層の利用促進方策の展開

4.関係機関・団体への要望活動

5.その他

 

KTRとその沿線地域の取組(まとめ)

少子高齢化やモータリゼーションの発展などの厳しい環境の中、KTRは沿線市町と協力して、利用促進を図るための様々な取組を行っています。

 

KTRが発売する企画商品・企画きっぷ、沿線市町による独自取組などを、1年度ごとに御紹介いたします。


 

 

沿線市町の公共交通施策 

沿線市町のホームページをご紹介します。  

福知山市の取組(外部リンク)

 

舞鶴市の取組 (外部リンク)

  

宮津市の取組 (外部リンク)

 

京丹後市の取組 (外部リンク)

  

与謝野町の取組 (外部リンク)

   

お問い合わせ

建設交通部交通政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4360

ファックス:075-414-5183

kotsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?