ホーム > 暮らし・環境 > 道路・交通 > 京都丹後鉄道(丹鉄)について > KTRとその沿線地域の平成22年度の取組(秋)

ここから本文です。

KTRとその沿線地域の平成22年度の取組(秋)

 秋の取組(10月~12月)

今年10月に、鳥取県から兵庫県、京都府の日本海側の地域が「山陰海岸ジオパーク」として世界ジオパークネットワークに認定されました。KTRではこれに合わせ、サイクルトレインを運行したほか、11月からは丹後の味覚や温泉を楽しめるKTRプランの発売を行いました。

 

 <10月>

「サイクルトレイン 山陰海岸ジオパーク号」を運行

日本で4か所目の世界ジオパーク(大地の公園)に認定された、『山陰海岸ジオパーク』を、列車と自転車で巡る「サイクルトレイン 山陰海岸ジオパーク号」を運行しました。

 

      サイクルトレイン車内

                     京都府内の主なジオサイト (左:丹後松島 右:琴引浜)                                                                               

 「ふゆ花火・クルージング観賞ツアー」開催

天橋立・阿蘇海で開催される「ふゆ花火」が船上から眺められる、KTR日帰りプラン「ふゆ花火・クルージング観賞ツアー」を開催しました。大輪の花が澄み切った夜空を彩り、訪れた人たちを感動させました。

  <11月>

KTR日帰りプラン「かに会席」発売

冬の丹後は味覚の宝庫。まずは日帰りプラン「かに会席」を発売しました。今年はキャッシュバックキャンペーンを実施。5名以上のグループ利用が大変おトクになりました。

 

KTR宿泊プラン「一度は泊まりたい絶景の宿」発売

丹後が誇る雄大な自然景観と名湯、冬の味覚を絶景の宿で味わえる宿泊プランを発売しました。天橋立散策に便利な観光券付きです。

         イメージ

             

KTR線内特急列車 愛称募集

 宮津線20周年を機にKTR線内を運行する特急列車を対象として、地域の皆様に親しまれ、丹後の特色を生かした愛称を募集しました。

その結果、愛称名は 「たんごリレー」号と決定しました。
詳細はこちら(外部リンク) 

運行は平成23年春のダイヤ改正(3月12日予定)からの予定です。

2011年版KTRカレンダーの発売

 「ふれあいKTR2011」をテーマに一般募集した写真を中心に、ローカル色豊かなデザインの卓上カレンダーを500部限定で発売しました。

 <12月>

 KTR日帰りプラン「ブリしゃぶ」発売

脂がのってとろけるような味わいのブリのお食事と、温泉を満喫できる日帰りプランを発売しました。

KTR日帰りプラン「かき三昧」発売 

栄養豊富なぷりっぷりのかきのお食事を楽しめる日帰りプランを発売しました。 

「クリスマス浪漫号」運行

クリスマスの飾り付けをした車両に、アテンダントサンタが乗務し、ささやかなクリスマスプレゼントをお渡ししました。また、日ごろのご愛顧に感謝してKTR沿線のお子さまをご招待しました。さらに、「国民文化祭・京都2011」のPR隊長「まゆまろ」が登場し、西舞鶴駅と天橋立駅でお出迎えしました。

   アテンダントサンタとまゆまろ

    クリスマス浪漫号の車内

 

 

 

 

 

お問い合わせ

建設交通部交通政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

kotsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?