ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 文化スポーツ部 スポーツ振興課 > 【開催概要】京都スタジアム(仮称)運営経営専門家会議(第2回・9月4日開催)

ここから本文です。

【開催概要】京都スタジアム(仮称)運営経営専門家会議(第2回・9月4日開催)

開催日時

平成25年9月4日(水曜)午後5時から午後6時50分

開催場所

メルパルク京都「会議室B」

出席者

【委員】
門内座長、今井委員、長積委員、森委員

【事務局】
中井文化環境部長、姫野副部長、中島理事、坂本スポーツ振興室長他

議題

京都スタジアム(仮称)を核としたにぎわいについて

主な意見

  • オランダでは色々な制約がある中で、行政が地域住民や地元経済界などが何を求めているかを調査し、事業展開をしていた。また、クラブチームのショップや歴史館を設けるなどチームカラーを明確にしていた。
  • スタジアムを、スポーツ、特にフットボールの聖地にしていくことが重要。一方で、試合日以外のにぎわいも必要で、例えばスポーツクラブは会員が毎日のように利用するし、最近流行のクライミングウォールはよいと思う。
  • サンガやサッカー協会・ラグビー協会の事務所がスタジアム内等に設けられれば、府のフットボール競技を盛り上げていく一体感が生まれる。
  • アミューズメント施設については、本当に行きたくなるような本物志向の施設をつくるのがよい。
  • メニューは用意できており、一つ一つのアイデアはよいと思うので、それぞれの施設をどのようにつなぎ合わせ、全体としてどういうものにしていくのかが重要である。
  • 全体を貫く強いストーリーが必要であり、例えばサッカーをメインとすれば、学校教育とうまく連動させて、サッカーの裾野を拡げていくようなストーリーも考えられる。
  • 亀岡に宿泊して貰えれば経済効果が生じる。クライミングウォールなどの大会が開催できる本格的な施設であれば、宿泊や周辺の観光につながる。
  • 保津川下りなどの観光資源、郷土の素晴らしい特産品、スタジアムからの眺望など、地域の特性を活かした取り組みが必要である。
  • 地域のコミュニティとの関係は、日常的に人が来てくれるという意味で大事である。ギャラリーなど市民が自由に使える空間を設け、コミュニティに開放し、にぎわいを生み出すことを考えてはどうか。地域とのつながりをしっかりつくっておくのも大事である。
  • ワクワクキッズランドのような施設ができるのであれば、試合観戦の時に託児サービスもセットでするようなことを考えることができる。
  • 天然芝の育成はスタジアム運営に非常に重要であり、にぎわい施設を入れる場合にも、採光や通風を確保することが必要である。
  • 設計のプロセスの中で、運営者やスポーツ選手等色々な当事者の経験に基づく意見を入れる必要がある。

資料

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部スポーツ振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4285

spo-shin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?