ホーム > 産業・しごと > 土木建築・基盤整備 > 嵐山公園四季報(春)

ここから本文です。

嵐山公園四季報(春)

 京都府立嵐山公園は、平安の昔から絶好の景勝地として親しまれており、現在も四季を通じて内外から多くの方が訪れています。

  そんな嵐山の四季をお伝えする四季報をお届けします。

  記念すべき第一回は、この春も見事に満開となり訪れる人の目を釘付けにした桜を特集します。

  今シーズンの嵐山公園の桜の見頃は終了しましたが、来シーズンのお花見スポット選びの参考になればと思います。

 中之島地区

  阪急嵐山駅で電車を降り、渡月橋方面へ向かうと、阪急電鉄さん所有の桜が見事な咲ぶりで出迎えてくれます。

    その桜林を抜けて、小さな橋(中之島橋といいます。)を渡り中之島地区へ入ると、こちらもこれでもかの満開の桜が待ち構えています。

<中之島地区の阪急嵐山駅側の入口付近>

 

<びっしりと花を付けました>

 

ここで少し桂川の方へ足を進めると、渡月橋が見えます。

  まだ少し満開には早い枝垂れ桜と渡月橋の写真です。こちらも満開の時期を迎えると絵になる風景です。

<渡月橋は絵になります>

  さらに渡月橋方面へ向かうと、祇園円山公園の有名な枝垂れ桜の姉妹に当たる桜に逢うことができます。

  こちらは、ライトアップが施されて夜も桜を愛でることができます。

  周りには、枝垂れ桜に花を添えるようにソメイヨシノが咲き乱れていました。

  さらに渡月橋の上流側まで足を運べば、よく映画やドラマの撮影に使用される風景が広がります。こちらも桜が演出を施します。

<中之島地区から亀山地区を望む>

 

亀山地区

 次に嵐山公園の山手側亀山地区をご案内します。

  少々坂道を進んでいただきますと、あちらこちらに桜が咲いています。中之島地区の賑わいと比べると少し落ち着いた雰囲気で、桜をバックに記念写真にはお誂え向きです。 

 

 

  さらに、高い所へと進んでいただきますと、保津川下りでも知られる渓谷を一望できる展望台に到着します。嵐山公園からお隣の山の桜を借景に見応えある風景が広がり、感嘆の声と共にここぞとばかりに記念撮影する方が多いです。

  嵐山までお越しになっても、この展望台まで足を運ぶ方は多くないようですが、来年は思い切って足を伸ばされてはいかがでしょうか。(トロッコ嵐山の駅からは10分弱で到着できます。)

 

 

  亀山地区から再度中之島地区に向かうと、桂川に浮かぶ小船と桜との共演を見ることができます。小船に揺られながら満開の桜とお食事を楽しんでみようかなどと、来シーズンの桜の開花は早いのか、遅いのか、楽しみにしながらお花見プランを企画されてはいかがでしょうか。

 

 ※今シーズンの桜の開花は例年に比べて少し遅かったです。

掲載写真の撮影日は平成24年4月12日で「ソメイヨシノ」「枝垂れ桜」は満開 「紅枝垂れ桜」は5分咲程度でした。  

お問い合わせ

建設交通部京都土木事務所

京都市左京区賀茂今井町10-4

ファックス:075-701-0104

kyodo-kikakusomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?