京都やましろ観光

国道163号 道の愛称決定

国道163号 道の愛称が決まりました!

国道163号の道の愛称募集のチラシ画像国道163号は山城南部の相楽地域5市町村を横断し、その沿道は日本遺産に認定された美しい茶畑景観や風情ある茶問屋街など、多様な観光資源と四季折々の自然に恵まれたエリアです。

このたび、全国から応募いただいた860作品の中から、国道163号(京都府域)の愛称を決定しました。

 

 

今後は、この愛称が地域の方々や観光客の皆さんに親しんでいただけるよう、観光マップや様々なイベントで広くPRし、「お茶の京都博」を契機に、地域の魅力ある資源を活用し、広域観光をはじめとした地域振興につなげていきます。

愛 称 「京都いづみチャーミングロード」

選考した「優秀賞」をもとに、知名度のある「京都」と地元になじみのある「いづみ」に、「お茶」の響きと「魅力」という意味を込めた「チャーミング」な「ロード」としました。

優秀賞 「そうらくチャームロード」、「京都山城いづみ路ライン」、「いづみROAD」、
「茶あみんぐ街道」、「茶美ーロード」の計5点

※優秀賞の方には副賞を発送させていただきます。

(参考)応募の概要

  1. 応募期間:平成29年4月1日(土)~平成29年5月8日(月)
  2. 選考基準:相楽地域をイメージできる、わかりやすい・親しみやすい等により選定委員会で決定
  3. 応募総数:全国各地378名からのべ860作品
                          (府内:101名、府外:277名(北海道から鹿児島県まで))
 

愛称決定を記念して、沿道の木津川市、笠置町、和束町、精華町、南山城村でスタンプラリーを開催しています。くわしくは、こちらをご覧ください!

ページのトップへ戻る