京都府 不妊治療サポートサイト きょうとmamanaro
京都府子ども・青少年不妊治療サポートサイト > 不妊治療費助成制度
文字の大きさを変える小中大
不妊治療について不妊治療費助成制度 一般不妊治療特定不妊治療費助成不妊治療専門相談医療機関情報 府内一般不妊治療実施医療機関特定不妊治療指定医療機関不妊治療Q&A

お問い合せはこちら

京都府健康福祉部
子育て政策課
〒602-8570
京都市上京区下立売通
新町西入薮ノ内町
京都府庁1号館4階

TEL:075-414-4727
FAX:075-414-4586
E-mail:jido@pref.kyoto.lg.jp

 
不妊治療費助成制度
不妊治療費助成制度イラスト
不妊治療費助成制度とは
子どもを欲しながらも恵まれず、不妊治療を受けておられる方の経済的な負担を軽減するため、医療費の一部を助成しています。
助成制度は2種類あります。
◎ 一般不妊治療への助成(不妊治療給付事業助成制度)
助成対象となる治療
・排卵誘発剤の投与等医療保険が適用される不妊治療及び人工授精
助成対象者
・京都府内の市町村(京都市を含む)に1年以上居住している夫婦(事実婚の方も対象。ただし、人工授精による治療を受けた場合に負担すべき医療費を申請される場合は婚姻の届出をしている夫妻)
・各種医療保険に加入されている方
助成内容
・医療保険の自己負担額の1/2
ただし、1年度(4月1日〜翌年3月31日まで)の診療について上限10万円(ただし、保険適用となる治療分のみ申請の場合は6万円)
・助成回数や助成期間は制限なし
申請手続
助成金交付申請書及び医療機関の証明書をお住まいの市町村担当課に提出してください。なお、受診後、1年以内に申請することが必要です。
※詳しくは、お住まいの市町村へお尋ねください。
■一般不妊治療の助成申請窓口
市町村名 担当課名 電話番号
京都市 問保健医療課
※申請は、各区役所保健センターへ
075-222-3420
向日市 健康推進課
075-931-1111
長岡京市 医療年金課
075-955-9519
大山崎町 健康課
075-956-2101
宇治市 保健推進課
0774-22-3141
城陽市 国保医療課
0774-56-4039
久御山町 長寿健康課
075-631-9903
0774-45-3904
八幡市 健康推進課
075-983-1111(代)
京田辺市 子育て支援課
0774-64-1377
井手町 保健センター
0774-82-3385
宇治田原町 保健センター
0774-88-6636
木津川市 健康推進課
0774-75-1219
笠置町 住民課
0743-95-2301(代)
和束町 福祉課
0774-78-3001
精華町 健康推進課
0774-95-1905
南山城村 保健福祉センター
0743-93-0294
亀岡市 保健センター
0771-25-5004
南丹市 保健医療課
0771-68-0016
京丹波町 保健福祉課
0771-86-1800
福知山市 中央保健福祉センター
0773-23-2788
綾部市 保健福祉センター
0773-42-0111
舞鶴市 保険医療課
0773-66-1075
宮津市 保健センター
0772-22-7273
京丹後市 健康推進課
0772-69-0350
伊根町 保健センター
0772-32-3031
与謝野町 保健課
0772-43-1514
◎ 特定不妊治療への助成(特定不妊治療費助成制度) ※京都市内にお住まいの方は、京都市にお問い合わせください
助成対象となる治療
・体外受精、顕微授精(卵子採取以前に中止した場合を除く)
助成対象者
・京都府内(京都市を除く)に居住している戸籍上の夫婦
・指定医療機関(府外の医療機関も対象)で特定不妊治療を受けられた方
■京都府内の指定医療機関一覧
医療機関名 所在地 電話番号
京都府立医科大学附属病院 京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465
075-251-5560
京都大学医学部附属病院 京都市左京区聖護院川原町54
075-751-3267
足立病院 京都市中京区間之町通押小路上る鍵屋町481
075-221-7431
田村秀子婦人科医院 京都市中京区御池通柳馬場西入御所八幡町229
075-213-0523
醍醐渡辺クリニック 京都市伏見区醍醐高畑町30-15
075-571-0226
IDAクリニック 京都市山科区安朱南屋敷町35 ラクトD6F
075-583-6515
身原病院 京都市西京区上桂宮ノ後町6-8
075-392-3111
■全国の特定治療支援事業 指定医療機関一覧はこちら
・夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満である方
助成内容
<助成額>
治療1回(1クール)につき上限15万円(以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施「C」、採卵したが、卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止「F」については、上限が7万5千円)
<助成回数等>
平成26年度から、順次、助成回数等の内容が変更されます。
■ 国の制度
 平成26年度以降、新たに申請される方のうち、妻の年齢に応じて、助成回数と通算助成期間の限度が見直されます。25年度以前から助成を受けている方は、26年度、27年度は、経過措置として、従来の制度が適用されます。また、28年度以降は、妻の年齢が43歳以上の場合、助成の対象外となります。
 詳しくは、こちら
■ 京都府独自の制度
 京都府では、京都府内(京都市を除く)にお住まいの方を対象として、安心して治療を受けて頂くため、国の制度改正後も、引き続き最大10回まで助成を行います。国制度活用後に利用が可能となり、平成28年度からは国制度と同様に年齢制限を導入します。
 詳しくは、特定不妊治療助成事業のお知らせをご覧ください。特定不妊治療助成事業のお知らせのPDFへリンク
 
申請手続
次の書類を府の保健所又はお住まいの市町村担当課に提出してください。
・助成事業申請書 助成事業申請書のPDFへリンク
・医療機関の証明書 医療機関の証明書へリンク
・医療機関発行の領収書原本
・世帯全員の住民票(住民票で夫婦であることが確認できない場合は、併せて戸籍謄本)
・京都府に初めて助成を申請する場合は、戸籍謄本
・夫及び妻の市町村・府民税課税(非課税)証明書

26年度の申請にあたっての留意事項の詳細は、こちらをご覧ください。 特定不妊治療助成事業のお知らせのPDFへリンク
申請(助成)回数に応じたパターン一覧は、こちらをご覧ください。特定不妊治療助成事業のお知らせのPDFへリンク
なお、京都市民の方につきましては、京都市が実施主体となりますので、詳細につきましては、京都市保健医療課までお尋ねください。
■特定不妊治療の助成申請窓口 ※お住まいの一般不妊治療の助成申請窓口を経由して提出することもできます。
保健所名等 担当室名 電話番号 お住まいの市町村名
京都市 問保健医療課
075-222-3420
京都市 ※申請は、各区役所保健センターへ
乙訓保健所 保健室
075-933-1153
向日市、長岡京市、大山崎町
山城北保健所 保健室
0774-21-2192
宇治市、城陽市、久御山町
山城北保健所綴喜分室 健康担当
0774-63-5745
八幡市、京田辺市、井手町、宇治田原町
山城南保健所 保健室
0774-72-0981
木津川市、笠置町、和束町、精華町、南山城村
南丹保健所 保健室
0771-62-4753
亀岡市、南丹市、京丹波町
中丹西保健所 保健室
0773-22-6381
福知山市
中丹東保健所 保健室
0773-75-0806
綾部市、舞鶴市
丹後保健所 保健室
0772-62-4312
宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町
ページの先頭へ戻る