ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 未指定文化財の修理補助 > 絹本著色 「愚中周及像」 (天寧寺 福知山市)

ここから本文です。

絹本著色 「愚中周及像」 (天寧寺 福知山市)

(宗教法人)天寧寺(てんねいじ) (福知山市)
絹本著色(けんぽんちゃくしょく)
 「愚中周及像(ぐちゅうしゅうきゅうぞう)」修理

 天寧寺の中興開山、日本禅宗二十四流の一人である愚中周及の自賛頂相図(じさんちんそうず)。愚中は美濃出身で、夢窓疎石(むそうそせき)に師事したのち中国に渡り、彼の地の高僧・即休契了(そくきゅうけいりょう)に弟子入りしてその頂相を与えられた名僧である。本紙部分の大きさは縦89cm、横40cm。室町時代の作品と見られる。福知山市の指定文化財。

 全体に着絹の腐蝕、絵の具の剥落が甚だしかったため、現状を回復するための修理に対して助成を行った。(平成14年度)

修理前
(JPG:46KB) (JPG:74KB)

修理後
(JPG:42KB) (JPG:70KB)

 ※画像をクリックすると拡大表示します。

次へ      一覧に戻る

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bunsei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?