ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 京都モデルファーム運動について

ここから本文です。

京都モデルファーム運動について

  京都府では、地域の農家や集落で活用が困難な耕作放棄地等について、地域と企業やNPO、都市住民グループなどの多様な団体が協働して再生・活用することで、府民全体で農業・農村の有する多面的・公益的な機能を維持・保全していく「京都モデルファーム運動」に取り組んでいます。

8sodeshi   3koshio   7takatsukasa

  農地は農業の生産基盤であるとともに、生態系の保全や国土保全、水源のかん養機能、地球環境保全、良好な景観の形成、心身を癒す交流・教育活動等の場の提供等の多面的で公益的な恩恵をもたらす、府民にとってかけがえのない資源です。

  一方、担い手不足、農家の高齢化、鳥獣害による被害の増加により、耕作放棄地が増加し、優良な農地の減少しています。

  そうしたことから、農地の有する洪水の予防や地球環境の保全、美しい景観の形成、伝統文化の継承、食育や環境学習における活用などの多面的で公益的な機能について、農業者だけでなく、府民全体で協働して維持・保全を図る「京都モデルファーム運動」を展開するものです。

  この運動を展開するに当たり、地域と活用団体(企業やNPO等)との間で農地等の活用の適切な役割分担を定めた「京都モデルファーム活用協定」を締結し、協力体制を明文化することとしています。 

 

 

  なお、この活用協定に関係市町村、(一社)京都府農業会議、京都府が加わることにより、本運動の継続的・安定的な活動を支援していきます。

 京都モデルファーム運動概要.pdf(PDF:164KB) 

 

活動概要

 現在は、12の団体が府内11箇所で「京都モデルファーム運動」を展開しています。(平成28年9月30日時点)

府内地図

(活動場所位置図)

①精華町山田 ②京丹波町質美北久保 ③京都市西京区大原野小塩 ④京丹波町大倉 ⑤京丹波町実勢        ⑥京田辺市草内 ⑦南丹市美山町豊郷 ⑧京丹後市丹後町袖志 ⑨⑩福知山市大江町毛原 ⑪綾部市上原町

 京都モデルファーム運動の協定締結団体一覧(PDF:142KB)

 

 企業のCSR活動、社員の研修・福利厚生、生物多様性の保全、園芸療法や園芸福祉、障害者の就労支援、環境学習、農業体験、食育活動・・・etc

 農地や農業との関わり方は、目的も方法もさまざまです。

 具体事例は、下記事例集をご覧ください。

 京都モデルファーム運動取組事例集【第1号~第8号】(PDF:6,391KB)

 

府及び農業会議の役割

 府と農業会議は、農地の利用を希望される団体と農地や地元集落との架け橋となって皆さんの活動を支援します。

 農地利用の相談、地元集落との調整、協定の締結・・・

 農地の利用をご検討されている皆さん、まずは農林水産部経営支援・担い手育成課(農地担当)または京都府農業会議(外部リンク)までご相談ください。

 

よくある質問 

                                                       

「京都モデルファーム運動」のシンボルマーク及び標語

 シンボルマーク

 京都モデルファームシンボルマーク

  作者:平山 陽一 氏 (鹿児島県鹿児島市)

  京都の「京」をモチーフに、自然の恵みを表す豊かにふりそそぐ太陽の光と自然・風土をイメージし、中央には農業に取り組む人の笑顔とともに「農業の豊かさ」「実り」を表現したデザイン。

 標 語

  「つなぐ手で 耕せ京都 夢ファーム 」

  作者:原 理恵子 氏 (大阪府岸和田市)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部経営支援・担い手育成課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4902

ファックス:075-414-5039

ninaite@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?