保育園・認定子ども園・幼稚園などの違い

園選びにあたって

保育園・認定こども園・幼稚園・小規模保育園などは、すべて就学前の子どもを預かる施設ですが、その内容についてはいくつもの違いがあります。また、2015年度から子ども・子育て支援新制度が導入され、地域型保育事業が創設されました。園選びにあたり、常に新しい情報を頭に入れておく必要があるでしょう。

マザーズジョブカフェでは、各種保育制度やお住まいの地域の保育情報を提供しています。お気軽にお越しください。

保育園・認定こども園・幼稚園の違い

まず、大きな違いは、保育園は厚生労働省の管轄で「福祉施設」、幼稚園は文部科学省の管轄で「教育施設」・認定こども園は2006年に「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律」に基づいて発足した「幼保一体型施設」です。
保育園は親の就業や、介護、病気など、保護者が保育できないという「保育に欠ける」状態の場合に、保護者に代わって保育を行う場です。例えば、保育園では担当の先生の基準が幼稚園より多くなっていますが、それは排泄や食事の世話まで、親代りとしての役割を果たすからです。保育園の保育内容に関しては、「保育指針」というものが決められています。それにも教育に関する部分があり、幼稚園の「教育要領」と共通する内容があります。対して幼稚園は、教育の場としての役割を担い、母親など保護者が家にいるという前提のもと、しつけなどは親の役割ということになっています。 また、認定こども園は、保護者の就労の有無にかかわらず同じ施設に子どもを預けることができ、0歳児から保育、教育をうけることが可能です。

その他、小規模保育、家庭的保育などがある市町村もあります。小規模保育、家庭的保育は、市町村、施設によって、保育時間、保育料などに違いがありますので、市町村の窓口にお問い合わせください。

支給認定制度について(1号・2号・3号認定)

2015年度から利用にあたっては、各市町村で保育の必要性を認定する支給認定を受ける必要があります。幼稚園と認定子ども園のうち「幼稚園型」は1号認定、保育所及び認定子ども園のうち「幼保連携型」、「保育所型」は、2号、3号認定を受ける必要があります。
申請方法など詳細は、お住まいの市町村の窓口にお問い合わせください。

【保育園・幼稚園・認定こども園 ここが違う】

  保育園・小規模保育 幼稚園 認定こども園
標準的な保育時間 7時30分〜17時00分 
原則8時間
9時00分〜14時00分
 標準4時間
7時30分〜17時00分 
(4時間も可能)
入園可能年齢 0歳〜小学校就学前
※小規模保育園は0歳~2歳
3歳〜小学校就学前 0歳〜小学校就学前
時間延長 特例保育※1
延長保育※2
(預かり保育)
ある園とない園がある
特例保育※1
延長保育※2
給食 義務 任意 義務
入園申し込み 市町村の担当窓口・保育園 幼稚園に直接

幼保連携型、保育所型は

市町村の担当窓口・保育園

幼稚園型は直接園に。

管轄 厚生労働省 文部科学省 文部科学省・厚生労働省
種別 福祉施設(児童福祉法) 教育施設(学校教育法)

幼保一体型施設(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律)

教育・保育内容の基準 保育所保育指針 幼稚園教育要領

保育所保育指針
幼稚園教育要領

先生の資格・名称 保育士 幼稚園教諭 保育士
幼稚園教諭
保育料 市町村の徴収基準による 私立:園による 
公立:市町村による
市町村の徴収基準により、園が徴収
入れる条件 保育に欠ける状況 なし(誰でもOK) 保育所型、幼稚園型などタイプにより条件が異なる。

※1 通常保育の前後1時間
※2 実施園のみ:上記以上〜19時00分が多い

ページの先頭へ