ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 難病対策等について > 京都府が実施する難病に関する研修事業等

ここから本文です。

京都府が実施する難病に関する研修事業等

 京都府では、難病の患者及びその家族が社会に参加するとともに、保健・医療・福祉サービス等を提供する従事者が難病に関する正しい知識・技術を学ぶことができるよう各種研修に取り組んでいます。

難病指定医等養成研修

難病患者が特定医療費の支給申請に必要となる臨床調査個人票の作成を行う難病指定医を養成する事業です。

難病ピア・サポーター養成研修会

難病又は長期慢性疾患を持つ者やその家族が、自らの経験をふまえ、同じ当事者という立場で、情報提供や生活上の相談対応ができるピア・サポーターを養成する事業です。

難病患者等ホームヘルパー養成研修

難病患者の多様化するニーズに対応した適切なホームヘルプサービスを提供するため、必要な知識、技能を有するホームヘルパーの養成を図る事業です。

京都府では、社会福祉法人 京都府社会福祉協議会 京都府福祉人材・研修センターに委託実施しています。

神経・筋難病看護研修

京都府内に勤務する臨床や地域の看護職に対して、神経・筋難病への専門的な知識を深めると共に難病看護の質的向上を図ることを目的にした研修です。

本研修は、独立行政法人 国立病院機構 宇多野病院が政策医療(神経・筋難病)の基幹病院として、全国の国立病院機構を対象に実施する研修と同時実施となります。研修企画及び通知・広報は、府及び宇多野病院で実施し、その他研修運営については、宇多野病院に委託実施しています。

在宅難病患者訪問看護師・主任介護支援専門員養成研修

訪問看護師及び主任介護支援専門員が難病に関する行政施策や疾病に関する専門的知識・情報を得て、チーム支援における自らの専門性について認識を深める研修です。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4725/4736/4737

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?